お腹の調子が悪い

便秘で腹痛?お腹が痛い原因とその対処法


「お腹が張って苦しい。」
「キリキリと痛んで動けない。」

このような状態では、仕事や家事もままなりません。お腹が張って苦しい、不快な感覚や痛みを感じる。このような状態では、仕事や家事にも支障を来たしてしまいます。

こんな時、原因のひとつとして考えられるのが「便秘」です。

便秘になると、便が出ないだけでなく、「お腹が張る」「ガスが出る」という症状や、「お腹が痛い」「お腹が苦しい」といった不快感が現れることもあります。

ただし、腹痛が便秘のせいとは限りません。例えば、「強い痛みがある」「吐き気を伴う」「出血がある」などの症状を伴う場合には別の病気という可能性もあるため、早めに医師に相談することをおすすめします。

今回は、便秘によって腹痛が起きている場合の対処法と、そもそもの原因である便秘の解消法をご紹介します。

ひどい便秘は腹痛の原因にも

便秘であっても、腹痛の症状を伴う場合もあれば伴わない場合もあります。痛みを感じる場合とは、どんな状況なのでしょうか?

便が溜まってくると、お腹が苦しいだけでなく痛みを感じることもあります。はっきりとした痛みのこともあれば、なんとなく重苦しくてお腹の張りとして感じることもあるでしょう。

また、他にも便秘の場合にはさまざまな症状が現れることがあります。痛み以外にも、排便が少なくなり、次のような症状があれば便秘が原因の可能性があります。

便秘の時に現れやすい症状

  • お腹が張る(お腹が出る)
  • ガスが出る(おなら)、ガスが溜まる
  • 気持ち悪い(むかつき、吐き気)
  • 便が硬い(排便の時に痛む)

腹痛の原因は腸に溜まった便とガス

便秘で便が腸内に長い間留まると、腸の内容物が腐敗します。そのせいで、悪いガスが発生して腸が膨張します。そうすると、お腹が張ったような症状や、膨らんだ腸により周辺の臓器が圧迫されて、お腹が痛くなったり気持ち悪くなることもあります。

fukutuu

便秘と腹痛で考えられる病気

もし、腹痛の原因が便秘だとしたら、便秘そのものが解消されれば腹痛からも解放されると思われます。しかし、腹痛が長く続いたり痛みがひどい場合には、別の病気が隠れている可能性があるため、注意が必要です。

便秘が解消しても腹痛が治まらない場合は、次のような病気ということも考えられるため、早めに病院に行くようにしましょう。

便秘と腹痛が起こる病気

  • 過敏性腸症候群
  • 腸捻転、腸閉塞
  • 大腸がん など

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群の原因は、まだ全てが解明されたわけではありません。しかし、ストレスや緊張が原因で起こることが多いと言われています。「下痢型」「便秘型」「混合型(下痢と便秘を繰り返す)」の3つのタイプがあり、便秘型では便秘の他に腹痛や吐き気・嘔吐などが起こることがあります。

腸捻転、腸閉塞

腸の一部がねじれてしまう腸捻転(ねんてん)や、腸の内容物が動けなくなって腸がふさがってしまう腸閉塞(へいそく)が起こると、便やガスが腸内に留まり、便秘や激しい腹痛が起こります。吐き気や嘔吐、めまいなどが起こることもあります。緊急で手術が必要な場合もあるため、早めの受診が大切です。

大腸がん

大腸がんになると、腫瘍により大腸が狭くなって便秘を引き起こしやすくなります。便に血が混じる(血便)症状により発見される場合もあります。若いからといって、油断は禁物です。年代に関係なく、定期検診などで検査しておくことが大切です。

いずれも重大な病気ですから、便秘と腹痛の症状が強い場合や、長く続く場合には、早めにお医者さんに診てもらいましょう。

他にも、腹痛の時に考えられる病気については次の記事でも紹介していますので、よろしければ参考にしてください。

お腹の痛みに対処するには

腹痛の原因が便秘の場合でも、キリキリとお腹が痛んでしまうと日常生活にも支障が出てしまいます。そんな時の対処法として、お腹を温めると楽になることもあります。

冷えて動きが悪くなった腸を、外部から温めてあげることで動きを良くしてあげるのです。ただし、自己判断での処置は危険ですので、少しでも違和感がある時は医師の診断を受けるようにしてください。

温め方にはいくつかの方法がありますが、次の方法が簡単でおすすめです。

お腹を外から温める

ブランケット、毛布

ブランケットや毛布を巻いたり、お腹まで隠れるキャミソール、腹巻きなど活用して、腰周り、お腹周りを冷やさないようにしましょう。
この時、お腹を締め付けすぎると血流が悪くなるので逆効果になってしまいます。きつめの下着やスキニーパンツなどの洋服は避けて、ゆったりとした服を選びましょう。

マッサージ

おへそから下腹の辺りを、「の」の字を書くように反時計回りに優しくマッサージしましょう。1~2分でお腹が温まってきます。この時、手が冷たいと逆効果になってしまうため、手をこすり合わせたり、お湯などで温めてから行いましょう。

また、痛みが強い場合には、マッサージにより痛みが悪化してしまうこともあるため、様子を見ながら行い、痛みが強い場合には中止するようにしてください。

nonoji

お腹を中から温める

温かい飲み物

温かい飲み物を飲むと、血流が良くなり、お腹を中から温められるだけでなく全身も温まります。ホットミルクやホットココア、ハーブティー、しょうが湯などがおすすめです。

便秘がひどい時には、食欲が落ちてしまうこともありますが、食事の時間が来たからと無理に食べない方が良い場合もあります。もし食べるならば、お腹に優しいうどんやスープなどを少し口にするくらいにしておきましょう。

お腹の痛みを和らげるツボ

手の親指と人差し指の間にある、合谷(ごうこく)と言われるツボを、反対の手の親指で押しましょう。このツボは、便秘とお腹の痛みの緩和に効果があるとされています。

この時、ギューっと力任せに押すのではなく、少し痛みを感じるくらいの強さで押しましょう。

goukoku

以上のように、お腹を温めたり、ツボ押しすることで、便秘による腹痛は一時的に落ち着くかもしれません。

しかし、再び便秘になってしまっては意味がありません。便秘を根本的に解消することを目指しましょう。

便秘による腹痛に悩まされないために

便秘による腹痛を根本的に解消するには、日頃から生活習慣や食事に気をつけることが大切です。

便秘の主な原因

  • 運動不足
  • お腹の筋力不足
  • 水分不足
  • 食物繊維不足
  • 不規則な食生活
  • 不規則な生活リズム
  • ストレスや環境の変化(引っ越しや旅行など)
  • トイレの我慢
  • 年齢

マッサージで便秘を解消する

運動不足が原因で便秘になっている人も少なくありません。でも、運動を習慣にしようと思っても、途中で挫折してしまうこともあるでしょう。また、忙しくて時間が取れないという人も多いはずです。

そんな場合は、お腹のマッサージを習慣化してみましょう。マッサージならテレビを見ながらでもできるので、続けやすいと思います。

他にも、左手首のしわの小指側にある、神門(しんもん)と言うツボも効果的です。神門は腸の動きを活発にするので、便秘に効果があります。

sinmon

水分をしっかりと摂る

便秘になって便がカチカチに硬くなってしまうと、お腹が張って、ますます排便が難しくなってしまいます。

カチカチ便の原因の一つとして考えられるのは水分不足です。忙しくて水分を摂る暇がない人は要注意です。また、夏場になって便秘になる人は、汗をかいて水分を失いがちになることも関係します。

1日あたりの水分量としては1.5Lから2.0Lは摂りたいところです。一度に一気飲みしても吸収が追いつかないので、少しずつ飲むようにすることがポイントです。お腹が痛い時には冷たい飲み物は避けて、常温にして飲むようにすると良いでしょう。

食べ物で便秘を解消する

便秘を解消するには、腸内細菌の中でも善玉菌を増やすことが大切です。

善玉菌を増やす効果がある成分としてはとしては、食物繊維乳酸菌が有名ですが、他にもオリゴ糖グルコン酸も効果があります。

ただし、食物繊維の摂り方は気をつけなければいけません。お腹が痛い時に、腸に刺激を与える不溶性食物繊維(玄米、豆類などに豊富に含まれる)を食べ過ぎると逆にガスが溜まってお腹が痛くなってしまう場合もあります。お腹が痛い時には消化に負担をかけない食べ物を選ぶようにしましょう。

以下の記事では、これらを含む食べ物を具体的に紹介しています。ぜひ参考にしてください。

ただし、食べ物で腸内環境を整えるのには、時間も知識も必要です。忙しくて自炊する暇があまりない人、善玉菌を増やしてくれる発酵食品を食べる機会が少ない人には、整腸剤で乳酸菌やビフィズス菌を効率よく摂取するという方法もあります。

こちらの記事では整腸剤の選び方や違いについて説明しています。お腹のトラブルに悩んでいる方は参考にしてみてください。

さいごに

便秘になってお腹が痛い時、まずは便秘を解消することを目指しましょう。日頃から根本的に便秘を防ぐための対策をすることも必要です。

ただし、腹痛をおこすほどに悪化してしまった場合には、なんらかの病気の疑いもあり自己判断で対処することは危険です。便秘が原因と決めつけてしまって大事な病気のサインを見過ごさないように注意深く判断しなければいけません。少しでも不安があれば、ためらわずにお医者さんに相談することをおすすめします。