お腹の調子が悪い

お腹が張る原因は便秘だけじゃない!考えられる3つの病気と症状


最近よくお腹が張る、違和感がある。そういえば最近便秘気味かも?こんなふうに悩んでいたりしませんか?

女性はとくに便秘になりやすいといわれていますが、お腹が張る原因もいろいろなケースが考えられます。実は便秘だと思いこんでいた症状が重大な病気だったということもあります。

お腹が張っているから便秘だと決めつけずに、もう一度自分の症状を確認してみましょう。

お腹が張るってどんな感じ?

便秘の女性

よく、お腹が張ってつらい…という言葉を聞きますが、具体的にはどのような症状のことをいうのでしょうか?
お腹が張るといっても症状には個人差がありますが、簡単にいうとこんな状態のことをいいます。

  • いつも着ている洋服のウエスト部分がきつくなった
  • いつもと比べてお腹がぽっこりしている
  • げっぷが頻繁にでる
  • お腹の張りのせいで食欲がなくなる

参考書籍:「おなかの張り」をとれば腸は年をとらない!

お腹が張る原因ってなに?

お腹が張るというのは医学用語で腹部膨満感(ふくぶぼうまんかん)といいます。この腹部膨満感の原因には、大きく分けて5つあげられます。

  • お腹の中にガスがたまっている
  • 便秘になっている
  • お腹の中に腫瘍ができている
  • がんなどの病気で腹水がたまっている
  • 脂肪がついている

参照:メディカルアイタウン

お腹のガス溜まり・便秘の原因は

上の5つのなかでも、特に悩んでいる方の多い原因、「ガスがたまっている」「便秘になっている」という2つについて考えてみましょう。

現代の食生活は和食中心の生活とは違い、肉や乳製品などの食事が増えています。
これらの食事は腸に負担のかかる大きな原因のひとつで、腸内環境も乱れてしまいます。その上朝食を食べることが少ない、食事時間がバラバラなども原因のひとつと考えられるでしょう。

このような食生活に心当たりのある方は、具体的にどのような項目が当てはまるのか考えてみましょう。特に、下の3つの項目について当てはまる方はいませんか?

  • 肉やインスタント食品をよく食べる
  • みそ汁やヨーグルトなどの発酵食品をあまり食べない
  • 野菜を積極的に食べない

もうひとつは、仕事などのストレスも大きな原因です。自律神経は腸の働きを左右することがあり、強いストレスを感じるとバランスが乱れ、便秘になってしまうことがあります。
不規則な生活もストレスの原因となり、腸内環境を乱すことにもなりますので注意しましょう。

これらの原因は、先ほど紹介した大腸がんなどのお腹の中に腫瘍ができる原因にもなりますので、気を付けておきたい原因です。

参考書籍:老けない体は「腸」で決まる!おとなの快腸生活

女性が便秘になりやすい理由

食生活やストレス以外にも、便秘になりやすい原因があります。特に女性は、男性に比べると圧倒的に便秘になりやすいといわれています。
2010年に施行された国民生活基礎調査の結果では、自分が便秘であるという人は1,000人当たり女性が約50人男性は約24人という結果でした。

この割合から考えると、あきらかに女性の方が便秘の人が多いということがわかります。ではなぜ女性の方が便秘になりやすいのでしょうか?

女性は特に20~40代にかけて女性ホルモンが活発になります。排卵から月経までの時期に分泌される黄体ホルモンは、大腸の動きを抑えるため、便が硬くなります。このような理由から女性は便秘になりやすくなるといわれています。

参照:書籍「おなかの張り」をとれば腸は年をとらない!

お腹が張ったときの考えられる病気とは

医師の説明

それでは、お腹が張る原因にはガスや便秘以外にどんな理由が考えられるのでしょうか?代表的な3つの病気について紹介します。

呑気症

食事のときに食べ物と一緒に空気を大量に飲み込んでしまう、呑気症。精神的なことが原因で起こりやすくなるといわれています。お腹の張りやげっぷなどの症状が頻繁に起こります。

呑気症は原因がわかっておらず、これといった治療法もありません。食事をゆっくり食べるなどの食生活の改善や、精神的な不安をやわらげることが大切です。対症療法として消泡薬などの薬を使う場合や、症状が重いときは向精神薬を使うこともあります。

参照:メディカルアイタウン

過敏性腸症候群

ストレスが大きくかかわっている、過敏性腸症候群。最近特に患者さんが多いこの病気の特徴は、便秘または下痢などが起こり、便を排出することによって症状が楽になるというものです。
同時に腹痛やお腹が張るという症状も起こりやすく、ストレスがかかわっているため、大切な場面で症状が強くなるということもある、とても辛い状態です。

「下痢型」と「便秘型」、そして「混合型」の3つの型があります。下痢型は食事により誘発されることが多いのが特徴です。便秘型は逆に食事をしても誘発されないため、腸の動きがにぶくなり便秘になります。混合型は下痢と便秘を繰り返して起こります。
治療法は漢方薬などを含む薬による治療と、食事療法になります。ストレスが大きくかかわっている場合は心理療法もおこなうこともあります。

参考文献:「おなかの張り」をとれば腸は年をとらない!
参考文献:オレンジページ健康寿命は自分でのばす おとなの健康

腸閉塞

まれに重度の便秘から起きることもある腸閉塞。お腹の張りや突然起こる強い腹痛、吐き気、嘔吐などを起こすことがあります。
女性特有の病気や腸の病気などで手術した場合に起こりやすく、治療法はほとんどの場合は絶食し、胃腸を休め、点滴などで栄養を補給します。

参考文献:オレンジページ健康寿命は自分でのばす おとなの健康
参照:メディカルアイタウン

お腹が張ったときに注意しておきたい病気の可能性がある症状

お腹の張りと同時に起こすと注意しておきたい症状がいくつかあります。
一刻を争う症状もありますので、心配な症状がある場合はできるだけ病院へ行って医師に相談しておきましょう。

  • 吐き気や嘔吐がある
  • 便やガスが出にくく、お腹が痛い
  • お腹をさわるとしこりが触れる
  • 尿が出にくい

参照:メディカルアイタウン

便秘だからとそのままにしないで!お腹が張る状態を放置すると…

悩む女性

ここまで読んでお腹が張る原因は便秘だけではなく、病気の可能性もあるということがわかりました。病院で検査してもらったら特に病気もみつからず、便秘が原因とわかったからといって安心してはいけません。

腸の運動が低下してくると便秘になりやすくなり、その状態を放置すると腸に老廃物がたまり、そこから血管を伝って全身にまわっていくといわれています。そのため頭痛、肩こり、だるさなど体にさまざまな悪影響を引き起こすきっかけになるのです。
便秘になるとニキビや肌荒れを起こすというのを聞いたことがある方もいるかもしれませんが、これもその原因のひとつともいえるでしょう。

お腹の中に便がたまっていなければ、おならとしてガスが排出されますが、老廃物がたまっている状態を放置するとガスも同時にたまります。そのため、お腹の張りを感じ、お腹が痛い、苦しいという状態になるのです。

最後に

お腹が張る原因や症状を紹介しましたが、不安な症状は自己判断せずできるだけ医師に相談しましょう。
「まだ大丈夫だろう」というその判断が病気を進行させるひとつの要因となることもあります。

しかし、原因が便秘であれば食生活や生活習慣で治る可能性のある病気です。医師に相談して何も病気がなければ、もういちど生活習慣を見直していきましょう。

参考文献:「おなかの張り」をとれば腸は年をとらない!