整腸剤の効果的な飲み方 – おすすめの整腸剤をタイプ別に厳選


お腹が張っている女性

便秘、軟便、ガスによるお腹の張り。

こんな風に、最近どうもお腹の調子が良くないな、という時は、整腸剤がおすすめです。

でも、「整腸剤はたくさん種類があってどれを選べば良いか分からない..」という方のために、市販の整腸剤を成分とタイプ別に厳選してご紹介します。

整腸剤には生きた菌が入っている

ほとんどの整腸剤には、乳酸菌やビフィズス菌などの生きた菌(生菌)が入っています。

整腸剤に含まれる主な生菌

  • フェリカス菌(乳酸菌)
  • アシドフィルス菌(乳酸菌)
  • ガセリ菌(乳酸菌)
  • 有胞子性乳酸菌
  • ビフィズス菌
  • 酪酸菌
  • 糖化菌(納豆菌を含む)
最も多くの整腸剤に含まれるのが、乳酸菌である「フェリカス菌」や「アシドフィルス菌」と、「ビフィズス菌」です。

これらの乳酸菌やビフィズス菌は、お腹の中で悪さをする悪玉菌を減らし、逆に良い働きをする善玉菌を増やす働きがあります。

整腸剤に含まれる生菌の特徴

乳酸菌

整腸剤の大半は、「生菌」といって、生きた菌が含まれているタイプです。生菌としては、乳酸菌、ビフィズス菌がありますが、さらに細かい種類に分類されます。

これらの生菌にはそれぞれ特徴がありますので、簡単にご説明しましょう。

乳酸菌

乳酸菌は、糖を分解して乳酸を作り出します。この乳酸が腸内を弱酸性にして、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やします。これにより、腸内環境が整います。

【フェリカス菌(乳酸菌)】
フェリカス菌は、ヒトの腸内に元々棲んでいる菌です。小さい球状をしているため、一度にたくさん摂取することができます。

【アシドフィルス菌(乳酸菌)】
アシドフィルス菌も、ヒトの腸内に元々存在しています。胃酸に強いため、腸まで生きたまま届きやすいという特徴があります。

【ガセリ菌(乳酸菌)】
ガセリ菌は腸に定着しやすく、また長く定着することが分かっています。ある研究では、摂取後1ヵ月半でもまだ腸内にとどまっていました。

【有胞子性乳酸菌】
有胞子性乳酸菌は、胃酸に非常に強く、腸まで生きたまま届きやすいという特徴があります。

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、ヒトの腸内に多く存在し、腸に定着しやすい菌です。ビフィズス菌は糖を分解して乳酸と酢酸を作り出します。この酢酸は、殺菌作用が強くて悪玉菌を減らす効果が高い上、腸の粘膜を保護する作用もあります。

酪酸菌

酪酸(らくさん)菌は、善玉菌の働きを活性化して悪玉菌の働きを抑えます。糖、炭水化物を分解して酪酸を生成します。腸の蠕動運動を促し、便秘解消に役立ちます。

※蠕動運動(ぜんどう-うんどう):腸の内容物を移動させる運動

糖化菌(納豆菌を含む)

納豆菌や酵母菌、麹菌を総称して糖化菌と言います。糖化菌は、悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌の増殖を促します。

なお、整腸剤の説明書(添付文書)に、「ラクトミン」「コンクビオゼニン」と書かれていることがあります。実はこれらも乳酸菌が入っていることを意味しています。

ラクトミンやコンクビオゼニンは、生きた乳酸菌を乾燥させて製剤化した「乳酸菌製剤」のことです。ラクトミンにはフェカリス菌やアシドフィルス菌、コンクビオゼニンにはフェカリス菌が含まれています。

整腸剤、便秘薬、下痢止めは何が違う?

処方薬

整腸剤は便秘の解消を目的に使われることが多く、よく混同されるものに便秘薬があります。また、整腸剤は軟便にも効果がありますから、軽度の下痢なら下痢止めとしての役割も果たします。

では、整腸剤と便秘薬、下痢止めはどう違うのでしょうか?

便秘薬は、薬の分類上は「下剤」や「瀉下薬(しゃげやく)」、下痢止めは「止瀉薬(ししゃやく)」と呼ばれています。

【整腸剤】

  • お腹の調子を緩やかに整える薬
  • 便秘・下痢解消に対する即効性は期待できない

【下剤(瀉下薬)】

  • 腸に刺激を与えるタイプと便を柔らかくするタイプがある
  • どちらも便秘解消に対する強い効果が期待できる
  • ただし、腹痛や下痢などの副作用やクセになりやすいなどのリスクもある

【止瀉薬】

  • 蠕動運動を抑える薬、腸粘膜の保護、殺菌成分などを含む薬
  • 下痢(泥状便や水様便など)には高い効果をもつ
  • ただし、便秘や習慣性のリスクと、感染性の下痢では悪化する可能性がある
便秘薬も下痢止めも、整腸剤に比べると便秘や下痢への効果は高く、即効性もあります。しかし、いずれも副作用の危険性は否定できません。

ひどくなる前に、整腸剤を活用して常日頃からお腹の調子を整えておくことが大切です。

市販の整腸剤をタイプ別に見てみると..

注意を促す女性

現在市販されている薬の中で、「整腸薬」に分類されているものは全部で65製品あります。この他に、「整腸作用」「制酸作用」「健胃作用」「消化作用」の2つ以上を薬効として掲げているものが、297製品あります(いずれも2017年7月現在)。

参照:PMDAホームページ 一般用医薬品・要指導医薬品 情報検索

※制酸作用:胃酸の分泌を抑える作用
※健胃作用:弱った胃の働きを高める作用
※消化作用:胃腸での消化を助ける作用

65製品もある整腸剤ですが、含まれている成分でグループ分けしてみると以下の3つに大別できます。

整腸剤の3つのタイプ

  1. 腸内環境を整える(整腸作用)タイプ
  2. 整腸作用+他の効果を持つタイプ
  3. 上記に当てはまらないタイプ

1.腸内環境を整える(整腸作用)タイプ

このタイプの整腸剤は、さらに2つに分けることができます。

《生菌のみ》

生菌のみが配合されています。

・新ビオフェルミンS(ビオフェルミン製薬)

乳酸菌(フェリカス菌、アシドフィルス菌)、ビフィズス菌配合

 

・ミヤリサン(ミヤリサン製薬)

酪酸菌配合

 

《生菌 + α》

生菌と、腸内で善玉菌の増殖を促す効果のあるビタミンや乾燥酵母などが配合されています。

・新ラクトーンA

乳酸菌(フェリカス菌、アシドフィルス菌)、ビフィズス菌、ビタミン、乾燥酵母配合

 

・ポポンVL整腸薬

乳酸菌(アシドフィルス菌、ガセリ菌)、ビフィズス菌、ビタミン配合

 

・ビオフェルミンVC
200pix
乳酸菌(ラクトミン)、ビフィズス菌、ビタミン配合

2.整腸作用+他の効果を持つタイプ

このタイプの整腸剤は、さらに3つに分けることができます。

《胃酸の分泌抑制、胃腸の消化作用などをあわせ持つ》

生菌と、制酸剤や消化酵素などが配合されています。ビタミンや生薬(しょうやく)を含むものもあります。

・太田胃散整腸薬

乳酸菌(ガセリ菌)、ビフィズス菌、酪酸菌、消化酵素、生薬配合

 

・ファスコン整腸錠プラス

乳酸菌(フェリカス菌)、ビフィズス菌、納豆菌、ビタミン、制酸剤配合

 

・パンラクミンプラス

有胞子性乳酸菌、納豆菌末、制酸剤配合

 

《便を柔らかくする作用をあわせ持つ》

生菌と、便を柔らかくする作用のあるマグネシウム、便を押し出す生薬が配合されています。

・太田胃散整腸薬 デ・ルモア錠

乳酸菌(ガセリ菌)、ビフィズス菌、酪酸菌、水酸化マグネシウム、生薬配合

 

《ガスの解消効果をあわせ持つ》

生菌と、お腹のガスを破裂させて解消させる効果のある消泡剤が配合されています。消化酵素を含み胃腸の消化を助けるものもあります。

・ガスピタンa
ガスピタン
(乳酸菌(フェリカス菌、アシドフィルス菌)、ビフィズス菌、消化酵素、消泡剤)

 

・ラッパ整腸薬BF

乳酸菌(フェリカス菌、アシドフィルス菌)、ビフィズス菌、消泡剤

3.上記に当てはまらないタイプ

このタイプの整腸剤は、いずれも生菌を含んでいません。このタイプはさらに3つに分けることができます。

《主成分(プランタゴ・オバタ)が食物繊維》

食物繊維が水分を吸収して膨らみ、便のかさ(量)を増やして便を押し出します。

・ベストール

 

《主成分が薬用炭と生薬》

薬用炭が有害物質や有害ガスをからめとり、この薬用炭を生薬が便と一緒に押し出します。

・クレンジル

 

《生薬》

ケツメイシは便秘改善、ゲンノショウコは便秘や下痢の改善、健胃作用のある生薬です。

  • ケツメイシ
  • ゲンノショウコ

 

さらに詳しく、整腸剤の特徴や選び方について、具体的に知りたいという方は、次の記事も参考にしてください。

自分にあった菌を選ぶことが大事

医者に相談する女性

整腸剤を飲んでいても、あまりお腹の調子が良くならない.. という場合もあるでしょう。それは、整腸剤が効かないのではなく、菌のタイプが体に合っていないからかもしれません。

腸内細菌は、人それぞれ性格が違うように、個性があります。もともと母親のお腹の中にいた時には、腸内は無菌状態を保っています。出産を経て、母親からの授乳や、周りの環境などに触れることで、さまざまな菌と出会い、お腹の中に共生するようになります。

生まれ育った環境が違えば、それぞれに持っている菌のタイプや割合も違います。他の整腸剤に変えれば効果が得られる場合もあるため、自分に合った整腸剤を見つけることをおすすめします。

乳酸菌かビフィズス菌のどっちを選ぶ?

疑問を感じる女性

整腸剤を選ぶ時には、乳酸菌かビフィズス菌か、他のタイプを選ぶか、ということも大事なポイントです。

それぞれに特徴や作用が違うので、自分が求める特性を持った菌を選ぶようにしましょう。

また、大腸では乳酸菌よりもビフィズス菌の方が数が圧倒的に多いことがわかっています。乳酸菌ももちろん大事ですが、特に大腸の調子を整えたいならばビフィズス菌を増やすことが大切です。

なお、乳酸菌とビフィズス菌の違いについてもっと詳しく知りたいという方は、次の記事が参考になります。整腸剤を選ぶ時の参考にしてください。

 選択肢を広げるならサプリメントがおすすめ

サプリメント

整腸剤は相性が大事なため、飲んでみて調子が良いと思うものを選ぶことが大切です。整腸剤といっても医薬品にこだわる必要はありません。

例えば、医薬部外品やトクホ、サプリメントなどでも乳酸菌やビフィズス菌を摂取することはできます。あなたの体に合った商品を、幅広く探してみると良いでしょう。

サプリには整腸剤にはない生菌成分もある

サプリメントの場合には、整腸剤では配合成分として認められていないタイプの菌も選ぶことができます。

例えば、ラブレ菌、クレモリスFC菌、BB536株などです。いろいろなタイプの菌を試してみたい方は、サプリメントを選ぶというのもおすすめです。

機能性表示食品を活用する

例えば、サプリメントの中には、特定のはたらきを持った機能性の高い「機能性表示食品」という認可を受けた商品があります。

根拠となる、データに裏付けされた整腸作用を持っているので、腸の調子を整えたい方におすすめです。「腸内環境を良好にし、腸内環境を整える」という機能があるサプリメントです。

なお、実際に機能性表示食品の一つである「ビヒダスBB536」を、1ヶ月試した感想と結果を、次の体験談で紹介しています。整腸剤かサプリか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

ビヒダスBB536は、機能性表示食品の中でも優れたビフィズス菌のサプリメントです。お腹の悩みを抱えている方は、一度試してみることをおすすめします。

ビヒダスBB536の詳細は、公式ページで確認してください。

ここまで、整腸剤をタイプ別に分け、タイプごとにおすすめの整腸剤を挙げてみました。以上を参考に、ご自分のお悩みや状態に合わせて整腸剤を選んでください。

もし、どの整腸剤が良いか悩む場合は、薬局やドラッグストアで薬剤師さんや登録販売者の方に相談すると良いでしょう。

整腸剤には副作用はない?

疑問を感じる女性

整腸剤は、便秘薬や下痢止めに比べると副作用の危険はかなり低いと言えます。便秘薬のように使い続けることで、効きが悪くなるということも殆どありません。

しかし、薬である限り、まったく副作用が起こらないという保証はないので気をつけることが大切です。また、整腸剤では効果が得られない場合もあるので注意しましょう。

整腸剤で考えられる副作用

整腸剤の副作用には以下のようなものがあります。ただし、どの整腸剤にどの副作用の可能性があるかは、それぞれの整腸剤の添付文書をよく読んで確かめてください。

整腸剤の主な副作用

  • 発疹・発赤
  • 皮膚のかゆみ
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 便秘
  • 下痢
  • 腹痛
整腸剤に含まれている成分が体に合わない時には、上記のような副作用が起こることがあります。また過剰に摂取することで、効果が強く現れ過ぎて余計にお腹の調子が悪くなったり、別の症状が現れることもあります。

このような症状が現れたり、おかしいなと感じたら、すぐに整腸剤の服用を止めてお医者さんや薬剤師さんに相談しましょう。

こんな場合には整腸剤では効かない?!

また、整腸剤を1ヶ月以上飲んでいてもお腹の不調が改善されない場合は、何か別の病気が隠れているのかもしれません。

感染症や大腸ガン、過敏性腸症候群など、便秘や下痢の症状を引き起こす病気はさまざまです。自己判断せずに早めに病院で診察してもらいましょう。

整腸剤の効果を高める5つの心がけ

ほとんどの整腸剤に含まれる乳酸菌(ガセリ菌を除く)やビフィズス菌は、短いものでは3日、長くても1週間程度でその役目を終え、便と一緒に体の外に出てきます。そのため、整腸剤を毎日飲み続けないと腸の健康を保つことができません。

また、整腸剤は副作用が少なく、比較的安心して飲み続けられる薬ではありますが、整腸剤だけに頼っていたのでは、いつまでも整腸剤を飲み続けなくてはなりません。

そこで、整腸剤の効果を高めるために、以下のことにも気をつけましょう。

整腸剤の効果を高める5つのこと

  • 規則正しい生活を送りましょう
  • バランス良く栄養をとりましょう
  • 運動をしましょう
  • 十分な睡眠をとりましょう
  • ストレスをためないようにしましょう
以上の心がけはお腹の調子を整えるためだけでなく、全身の健康にも必要なことです。これらに気をつけるようにしていれば、いずれは整腸剤を使わなくても腸の調子を保てるようになるかもしれません。

参照:セルフメディケーションネット

参照:あなたの知らない乳酸菌力(後藤利夫 著)