お腹の左下だけが痛い!お腹全体が痛いけど、特に左下が痛い!

お腹の左下というのは特に病気の出やすいところなんです。
病院に行く前に、まずは自分に当てはまる症状を探してみようと思われたあなたに、お腹の左下に痛みが出やすい病気や症状をご紹介しましょう。
でも自己判断はキケンですよ。もし痛みがひどいようなら、すぐに病院に行ってくださいね。

画像:新谷食事療法でガン再発ゼロ!健康.com

お腹の左下が痛い!疑われる病気や症状は6つ

お腹の左下には、大腸の最後の方であるS状結腸がありますよね。「S」状にカーブしているのでこの名前が付きました。このS状結腸と、その少し上のカーブの辺りが痛みが出やすいところです。

ここに痛みが出やすい6つの病気や症状を見ていきましょう。

お腹の左下に痛みが出やすい病気・症状

  • 便秘
  • 潰瘍性大腸炎
  • 虚血性大腸炎
  • 大腸憩室症
  • 過敏性腸症候群
  • 大腸がん
どれも肉食中心の偏った食生活が原因の一つとして考えられますので、この機会に食生活を見直してみるといいかもしれませんよ。

1.便秘

便秘の症状に悩む人は多いですよね?最も便が溜まりやすいところが左下中央寄りのS状結腸なんです。
たかが便秘、されど便秘ですよ。便秘がひどくなると腹痛が強くなることもあるんです。

腸は「ぜん動運動」することで便を排泄しています。ところが、ぜん動運動が弱まったり、水分不足で便が硬かったりすると、カーブの所で便が動けなくなってしまい便秘になるんです。動物性脂肪の摂り過ぎや食物繊維不足も便秘の原因になるので要注意ですよ。
また、排便を我慢してばかりいると、便が溜まっても便意を感じなくなってしまって便秘になるんですよ。

詳しくは→便秘の根本的な解決

2.潰瘍性大腸炎

大腸粘膜が炎症を起こして、ただれや潰瘍を作る病気です。左側大腸炎型というタイプが左下を中心に炎症を起こすんです。
下痢・腹痛・血便・粘り気のある便が主な症状で、ひどくなると発熱や貧血、体重減少などの症状も見られます。

何らかの要因で免疫異常が起こって、大腸粘膜を攻撃してしまうことが原因と考えられていますが、はっきりとは解明されていません。肉食中心の食生活と腸内細菌のバランスが深く関係しているのかもしれません。

3.虚血性大腸炎

大腸への血流が悪くなって栄養分や酸素が供給されなくなり、炎症や潰瘍が生じる病気です。左下腹部に最も多く現れます。
激しい腹痛・下痢・下血が主な症状で、嘔吐や吐き気、発熱が起こることもあるんです。

動脈硬化で血流が悪くなっているところに、便秘のせいで腸内の圧力が上昇することが原因だと考えられています。

4.大腸憩室症

大腸粘膜が袋状になって、ところどころ腸の外側に突き出たものが多発する病気です。以前は、欧米人はお腹の左側、日本人はお腹の右側に発症することがほとんどでしたが、近年、食の欧米化やライフスタイルの変化などにより日本人でも左側の発症が増えているそうです。左側の場合は、ほとんどがS状結腸に発症するんですよ。

無症状が多く、まれに腹痛・下痢・便秘・腹部膨満感を起こします。ただし、進行すると強い痛みが出てきますので注意しましょう。

081473876cece8551e2c30b54a4a48a5_s

5.過敏性腸症候群

検査では異常がないのに、便秘・下痢・腹痛・腹部膨満感などが見られる病気です。便秘型・下痢型・混合型(便秘と下痢を繰り返す)の3つのタイプに分類されます。この病気でも腹痛は左下腹部に最も多く現れるんですよ。

腸のぜん動運動の異常や腸全体の知覚過敏が見られ、ストレスが原因と言われていますが、はっきりとは判っていません。

詳しくは→過敏性腸症候群の便秘型

6.大腸がん

S状結腸は大腸がんが発生しやすい箇所です。早期の大腸がんではほとんど自覚症状がありませんが、S状結腸に発生した大腸がんでは比較的早い段階で便に血が混ざることがあるんですよ。また、腹痛・便秘と下痢を繰り返す・残便感などの症状も見られます。

原因は特定できていませんが、肉食中心で食物繊維の少ない食生活が一因であることははっきりしているんです。
食生活の改善と、便のチェックや便の検査で早期発見を目指しましょう。

 

 

 


乳酸菌サプリメント