ウエストサイズが変わるほどのぽっこりお腹。不快で苦しい原因は、お腹に溜まったガスです。
ガスが溜まったままではオナラも出やすくなりますし、ひどくなると食欲不振や吐き気、頭痛などの症状も出てきます。

お腹を押さえる女性

どうしてお腹にガスが溜まるのでしょう?そんなギモンにお答えしましょう。そして、今すぐお腹のガスを抜くための2つの方法も教えちゃいますよ!

お腹のガスはなぜ溜まる?効率よく抜く方法は?

不快なお腹のガス。どうして溜まってしまうのでしょうか?

お腹のガスが溜まるのは、

  • 空気やガスの飲み込み過ぎ
  • 腸の働きが弱い
  • 腸内の悪玉菌がガスを作る
から。

1.空気やガスを飲み込み過ぎている?!

急いで食事をすると、食べ物と一緒に自然に空気を飲み込み過ぎてしまいます。ですから、早食いせずゆっくり食べましょう。
また、炭酸飲料の飲み過ぎもガスを溜める原因になりますので、控えた方が良いですね。

実は、ストレスも原因となります。ストレスで自分でも気付かないうちに、自然に空気を飲み込み過ぎてしまう事もあるんです。ストレスを溜めないことが、ガスを溜めないことにもつながるんですね。

2.腸の働きが弱くガスを排出できない?!

私たちは、普段の生活の中で自然に空気やガスを飲み込んでいます。でも腸の働きが良ければ、蠕動(ぜんどう)運動と言う腸管の収縮運動によって、ガスは排出されるのです。

蠕動運動

出典:生命科学教育シェアリンググループ 蠕動運動

腸の働きが弱いと、蠕動運動が起こりにくくなるので、ガスが排出されにくくなって溜まってしまいます。

3.腸内の悪玉菌がガスを作り出している?!

私たちの腸内にいる悪玉菌は、腸の内容物を腐敗させて有害物質や有害ガスを作り出します。腸内が有害物質や有害ガスに満たされると、腸の蠕動運動が弱くなるんです。そうすると、ガスがどんどん溜まってしまいますね。

では、どうすれば、お腹のガスを抜くことができるのでしょう?

「2つの方法で」ガスを抜こう!

お腹のガスを抜くためには、内側と外側の両方を意識すると効果的です。
そこでおススメは、ヨガ良い食事

ヨガでお腹に溜まったガスを抜く?!

お腹のガス抜きにはヨガがおススメ。ヨガの基本は、「呼吸」と「心」と「体」を一体に捉える事から始まります。

腹式呼吸

深く腹式呼吸を行いましょう。

  1. 汚いものを吐き出すイメージで、口からゆっくりと息を吐きます。
    ポイントはお腹をへこませること。
  2. 次に、キレイなものを吸い込むイメージで、鼻から息を吸います。
    ポイントはお腹を膨らませること。
この腹式呼吸だけでも、ガス抜き効果がありますよ。

ヨガ

ヨガの基本ポーズ

ヨガの基本ポーズは、「リラックスしたポーズ」です。

  1. 仰向けに寝る
  2. 腰の横辺りに手を置き、手の平は上向き
  3. 両脇、両足は軽く開く
腹式呼吸をしながら、3分位行いましょう。

ヨガのポーズとポーズの合間や最後は、全身を緩ませましょう。この時、森林浴や海の中をイメージして、気分を「楽」にして下さいね。

ガス抜きポーズ

1番簡単な、ガスを抜くポーズをご紹介しますね。

  1. 仰向けに寝る
  2. 息を吐きながら、太ももをお腹に押しつける
  3. そのままのポーズで、何度か腹式呼吸をする
  4. 息を吸いながら、足をゆっくりと戻す
反対の足も同じように行ってみて下さい。無理をせずに、しっかりと呼吸に意識を集中して行いましょう。

ヨガを本格的に行うと、実はすごくハードです。まずは、基本から始めていきましょう。お腹にもストレスにも効果的ですので、実践してみて下さいね。

食事でお腹に溜まったガスを抜く?!

食事でも、内と外、つまり、ストレスとお腹の事を意識してみましょう。

野菜

ストレスを解消する食材

イライラを解消する成分、精神を安定させる成分を意識して食べましょう。
カルシウムビタミンB1アピインショウガオール等が良いですよ。

  • カルシウム・・・   干しえび・モロヘイヤ・わかさぎ・煮干し
  • ビタミンB1・・・   豚肉・大豆・うなぎ・玄米・ブリ
  • アピイン・・・    セロリ・パセリ
  • ショウガオール・・・ しょうが

お腹に良い食材

食物繊維乳酸菌を摂りましょう。

食物繊維には、水に溶ける「水溶性」と水に溶けない「不溶性」があります。
水溶性食物繊維は、糖の吸収を遅らせて、血糖値や血中コレステロールの上昇を抑えてくれます。

水溶性食物繊維が含まれる食材

  • 海藻類
  • こんにゃく
  • 果物

また、不溶性食物繊維は腸を刺激して蠕動運動を活発にしたり、便のかさを増して排便しやすくします。

不溶性食物繊維が含まれる食材

  • 根菜
  • 穀物の外皮(玄米等)
  • きのこ
食物繊維は、2つをバランスよく摂ることが大切。特に不溶性食物繊維を摂り過ぎると便秘の原因になるので、適量を摂るようにしましょう。

乳酸菌は、腸内の悪玉菌を排除してくれますので、悪玉菌が作る有害ガスが減るでしょう。また、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えるので、腸の働きが活発になります。そうすれば、ガスが排出されやすくなりますね。

乳酸菌が含まれる食材

  • 漬け物
  • 味噌
  • ヨーグルト
漬物や味噌は塩分の摂り過ぎ、ヨーグルトは動物性脂肪の摂り過ぎにならないよう、適量を摂るようにしましょう。

 

ヨガも食事も「こころ」と「からだ」に優しいガス抜き法ですね。早速今日から実践してみて下さい。


乳酸菌サプリメント