善玉菌・悪玉菌、きっと1度は耳にした事があるとは思いますが、この2つの菌は具体的に私たちにどのように働きかけるのでしょうか。この2つの名称は、腸内細菌を説明するために、便宜上、付けられた名前にすぎません。
善玉菌というのは、私達の腸内環境を整えてくれる菌です。健康にとって良い影響を与えてくれる、まさにありがたい菌と言えます。主に、乳酸菌やビフィズス菌がこれに該当します。

一方、悪玉菌というのは、腸内環境に悪影響を及ぼす、困った菌を指しています。悪玉菌が作り出す、悪性の様々な物質は、腸内を腐敗させ、機能を鈍らせます。
悪玉菌が繁殖した状態では、善玉菌は少なくなっています。ということは、善玉菌の働きも期待できません。したがって、さまざまな病気になりやすくなるでしょう。

善玉菌と言えば、乳酸菌の事を差す場合がほとんどです。
乳酸菌というのは、乳酸を生成する細菌の事です。したがって、たくさんの種類が存在します。乳酸菌の菌それぞれに共通する働きは、整腸作用です。
また、乳酸は、腸の便を運ぶ運動である「蠕動(ぜんどう)運動」を活発にします。ですから、スムーズな排便が期待できます。

善玉菌(主に乳酸菌)が、どれほど私たちの健康にとって重要なのか、きっと理解して頂けたのではないでしょうか。
乳酸菌は、普段私たちが食べている「食事」に気をつけるだけでも、たくさん取り込むることができるものです。この機会に、食生活を見直してみては如何でしょうか。