お腹の違和感の対処方法

整腸剤で便秘は改善できる?整腸剤を勧める3つの理由


整腸剤は作用が弱くて、便秘には効果が期待できないと思っている方はいませんか?

便秘の時に飲む薬としては、大腸を刺激して排便を促す大腸刺激系の便秘薬が良く使われています。たしかに大腸刺激系の便秘薬は効き目が早く、便秘の状態によっては飲む必要がある場合もあります。

しかし、長期的に使っていると効きめが悪くなったり、下剤に依存してしまう可能性もあるのが怖いのです。
整腸剤には効き目が悪くなるという心配が無く、長期的に服用することもできます。もし、便秘を根本的に治したいならば整腸剤がおすすめです。

整腸剤の便秘に対する働き、整腸剤の種類や飲み方のポイントなどについてお話します。

整腸剤って本当に便秘に効くの?整腸剤の働きを理解しよう

整腸剤というと、下痢の時に飲む薬と思っている方もいるかもしれません。
しかし、整腸剤は便秘を改善する効果も期待できる薬です。なぜ整腸剤が便秘に対して効果を発揮するのか、作用の面から解説します。

そもそも整腸剤とは?

整腸剤と呼ばれる薬には、乳酸菌や酪酸菌(らくさんきん:乳酸菌と同様に整腸作用の期待できる善玉菌の一種)などに分類される菌が含まれます。

それぞれの整腸剤ごとに含まれている菌の種類が異なり、錠剤や粉薬タイプなどが販売されています。
市販薬としても自分で購入でき、昔から下痢や便秘などの腸の不調に対して使われている薬です。

乳酸菌を含むサプリメントもありますが、一般的には医薬品または医薬部外品に分類されるものを整腸剤と呼んでいます。

善玉菌を増やす効果がある

便秘になると、腸内に人間にとって悪い働きをする悪玉菌が増えてきます。悪玉菌が増えると腸の動きが悪くなり、ますます便秘が悪化するという悪循環に陥りがちです。

そこで、便通を良くする作用のある善玉菌を、腸内で増やす必要があります。整腸剤は腸内の善玉菌を増やす効果があるので、便秘を改善する効果が期待できるのです。

酸を発生して悪玉菌が生きにくい環境を作る

悪玉菌が増えると腸内に有害なガスが増えて、腸管の運動が抑えられるため、便秘が引き起こされます。そこで便秘を改善するためには、悪玉菌を抑えることも大切なポイントになります。

整腸剤に含まれる乳酸菌などの菌は、腸内に届くと善玉菌を増やすだけでなく、悪玉菌を減らしてくれる効果があります。
これは整腸剤に含まれる菌の働きによって、酸が腸内で発生して、pHを下げることで悪玉菌が増殖しにくい環境を作る作用があるからです。

参照:厚生労働省「医薬品のリスクの程度の評価と情報提供の内容等に関する専門委員会の第5回資料」

理想的な腸内細菌のバランスは「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」

大腸内の腸内細菌は400種類以上、100兆個もの数の常在菌が存在するといわれています。腸内細菌のバランスは善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7 が理想的です。
日和見菌というのは、状況によって善玉にも悪玉にも変わる菌のことをいいます。

一般的に善玉菌と呼ばれる菌の主役は、ビフィズス菌と乳酸菌です。整腸剤にはビフィズス菌や乳酸菌に分類される菌が含まれているため、整腸剤を取り入れることで腸内環境を理想的な善玉菌優勢の状態に近づけてくれます。
そして腸内環境を整えて、自然なお通じを取り戻すのを助けてくれるのが整腸剤の効果です。

整腸剤の種類は?市販薬と医療用の整腸剤

整腸剤といっても、種類が豊富でどれが良いか迷ってしまうと思います。そこで市販薬から病院で処方される医療用の整腸剤まで、代表的な薬とそれぞれの特徴について紹介していきます。

市販薬

新ビオフェルミンS(ビオフェルミン製薬)

新ビオフェルミンS

画像:ビオフェルミン製薬 ビオフェルミンVC

整腸剤の代表的な存在として知られている「新ビオフェルミンS」は、ヒト由来の3つの乳酸菌を含んでいる医薬部外品です。
フェーカリス菌は小腸に住み着いて善玉菌を増やす効果があり、アシドフィルス菌は悪玉菌を抑える効果、さらにビフィズス菌は大腸に住み着いて善玉菌を増やします。小腸から大腸まで広く働き、便通を改善してくれます。

参照:ビオフェルミン製薬

ザ・ガードコーワ(興和株式会社)

ザ・ガードコーワ整腸剤PC

画像:興和株式会社 ザ・ガードコーワ整腸錠PC

納豆菌を配合しているのが特徴の「ザ・ガードコーワ」は、乳酸菌と納豆菌を含んだ整腸剤であり、医薬品として認められています。
納豆菌は植物性乳酸菌の一つで、胃酸に強く生きたまま腸に届く菌として注目されています。さらに、乳酸菌のビフィズス菌が腸内で働くのを助ける作用があるパントテン酸も配合し、生きたまま腸にまで届く設計が工夫が施されているのが特徴です。

胃の働きを助ける生薬成分にガスを潰す成分を配合しているので、お腹の張りが気になる人にもおすすめです。

参照:興和株式会社

ミヤリサン(ミヤリサン製薬)

ミヤリサン

画像:Amazon.co.jp「ミヤリサン」

酪酸菌(らくさんきん)、宮入菌製剤を含む医薬部外品である整腸剤です。乳酸菌が胃酸に弱いのに対して、酪酸菌は胃酸に強く、失活(不活性化)しにくいのが特徴です。

参照:ミヤリサン製薬株式会社

ラッパ整腸薬BF(大幸薬品工業)


ラクトミン(フェリカス菌、アシドフィルス菌)と、ビフィズス菌の3つの乳酸菌が含まれていて、お腹の張りを改善するジメチルポリシロキサンを含んでいます。
小腸から大腸にかけて腸内環境を整えると共に、ガスを追い出す作用により腸の動きが活性化して便秘を改善する効果が期待できます。
ジメチルポリシロキサンが腸内の滑りも良くするので、便をスルッと出しやすくしてくれます。

参照:大幸薬品株式会社

医療用医薬品

ビオフェルミン(ビオフェルミン製薬)

市販薬でも知られるビオフェルミンシリーズですが、医療用と市販薬とは有効成分が異なります。
医療用ビオフェルミン錠剤には、1錠あたり、ビフィズス菌12mgが含まれていますが、市販薬のビオフェルミンはコンク・ビフィズス菌末、コンク・フェーカリス菌、コンク・アシドフィルス菌が各々2mg配合されています。

また粉末タイプについても、ビフィズス菌含有量は医療用ビオフェルミンの方が多くなっています。

参照:ビオフェルミン 添付文書

ミヤBM(ミヤリサン製薬)

ミヤBMは市販薬のミヤリサンと同じ菌である酪酸菌(宮入菌)を含んでいる医療用医薬品です。
市販薬のミヤリサンでは1錠あたり10mgの酪酸菌(宮入菌)を配合しているのに対して、医療用のミヤBMでは1錠あたりに20mgの酪酸菌を含んでいます。

ただし、最大1日量はいずれも180mgで同じ量になります。腸内細菌叢の異常による便秘や軟便、下痢などに効果のある薬です。

参照:ミヤBM 添付文書

ラックビー(興和株式会社)

ラックビーは、1錠あたりに10mgビフィズス菌を含んでいます。
臨床試験では便秘および下痢に対する効果が確認されています。ただし、ラックビーは医療用のみで販売されているブランドであり市販薬として買うことはできません。

もし似たような薬を探すのであれば市販薬である「新ビオフェルミンS」を利用するという方法もあります。

参照:ラックビー 添付文書

市販薬と医療用医薬品の整腸剤は何が違う?

市販の便秘薬

市販薬と医療用医薬品の整腸剤では、同じ菌を含むタイプの薬もあれば、市販薬では売られていないタイプの整腸剤もあります。

現在のところ、整腸剤の菌種による使い分けに関しては、厳密な決まりがありません。まずは、服用してみて自分に合った菌を含む整腸剤を見つけることが大切です。

市販薬には胃薬、生薬なども配合されている場合があるので、薬局やドラッグストアで薬剤師に相談して購入すると、自分の症状に合った整腸剤が見つけやすいでしょう

ただし、便秘の原因が腸内細菌の乱れではない場合は、整腸剤をいくら服用しても便秘が改善しない可能性があります。
便秘の原因は様々であり、整腸剤が効くとは限りません。まずは、整腸剤を使うべきかどうかも含めて、お医者さんに相談し、どの薬が自分に合っているか相談することをおすすめします。

お医者さんはどう使い分けてる?

整腸剤の使い分けについては、まだ明確なエビデンスが少ないため、お医者さんの経験と裁量で選択されるケースも少なくありません。
しかし、最近の研究では、菌の違いによって消化管の部位における親和性や付着しやすさが異なることが分かってきています。

例えば、ビフィズス菌は小腸下部から大腸にかけて、酪酸菌は大腸において増殖しやすいという違いがあります。どの整腸剤が適しているかお医者さんと相談して、自分にあった整腸剤を見つけることをおすすめします。

便秘薬と整腸薬の違いは?整腸剤がおすすめの理由

ドラッグストア

便秘になったら便秘薬にすぐに手を伸ばす前に、整腸剤を使ってみるという手段もあります。
整腸剤を使うとどんなメリットがあるのでしょうか?

便秘薬は長期服用により効かなくなる?!

便秘薬の中でも、大腸を刺激して排便を促すタイプの大腸刺激系下剤は、長期的に使うことで効果が出にくくなるという問題があります。

これは、腸が刺激に慣れてしまうために起こる「耐性」と呼ばれる現象で、特にアントラキノン系下剤と呼ばれるタイプの便秘薬で問題になります。
また、便秘薬に頼りすぎてしまい、「下剤依存症」と呼ばれる状態になる場合もあります。下剤を使うと排便がスッキリと出来るので、ついつい頼りがちになり、下剤が無いと排便出来ないのではないかと不安になってしまい依存してしまうのです。

特に、大腸刺激作用のある、センナ、アロエ、大黄などを長期に服用すると、腸内が黒くなって見える大腸メラノーシスを引き起こして、腸の運動が悪くなることがあり便秘を悪化させる原因にもなることが分かっています。
もし、便秘薬を長期間使用している人は、専門医に相談することをおすすめします。

便秘薬は飲むのを止めると再び便秘になる?!

大腸刺激系の便秘薬は大腸を刺激してぜん動運動を促すことにより効果を発揮します。
しかし、根本的に腸の機能を回復させる作用がある訳ではないため、飲むのを止めればまた便秘に戻ってしまう場合が多いのです。

便秘が再び起これば便秘薬にまた頼らざるを得なくなってしまい、便秘薬から抜け出せないスパイラルにはまってしまうので要注意です。

参考:「おなかの張り」をとれば腸は年をとらない! (松生恒夫著)

整腸剤は自分の力で排便できるよう助けてくれる

女性

整腸剤の場合、便秘薬とは異なり長期服用によって効きが悪くなる心配はいりません

整腸剤は腸内細菌のバランスを整えて根本的に便秘体質を改善するのを助けてくれるので、便秘薬のように止められなくなる不安もありません。

整腸剤によって腸内細菌のバランスが整えば、自然なお通じが来るようになってきます。
便秘薬が無いと排便が難しいという人は、腸内細菌のバランスを整えるために整腸剤を併用することもできます。

便秘薬だけで治療するよりも、併用によりお通じの調子が良くなる可能性があります。また、可能であれば徐々に便秘薬を減らすようにして、最終的には便秘薬を使わないでも排便できる状態を目指してみましょう。

服用時のポイント

整腸剤は服用すればすぐに便秘が改善する強い薬ではありません。
便秘薬のように即効性が無いので効果が無いと諦めてしまう人も多いのですが、整腸剤の服用には次の注意点があります。
よく理解して実践するようにしてみてください。

腸内細菌が入れ替るには長く続けること

整腸剤を1回、2回飲んだくらいでは効果はあまり期待できません。
腸内細菌のバランスが整うのには時間がかかるのです。外から入ってきた乳酸菌などの菌は、簡単には定着せずに外に出ていってしまうからです。

善玉菌が増え、悪玉菌が減り腸内細菌が入れ替わるには、継続して整腸剤を服用し続けることが必要です。
最低でも2週間程度は同じ菌を摂り続けて様子を見るようにしてみましょう

効果が無いからといってすぐに諦めてはいけません。

自分に合った菌を選ぶこと

私たちの腸には様々な種類の菌が住み着いており、人によって種類が異なります。
胎児の時には腸の中は無菌状態ですが、生まれてから様々な菌と出会って腸内細菌を育んでいきます。それぞれ生きた環境が違うように、腸内細菌も違うのです。

整腸剤には様々な菌の種類があり、人によって合う菌と合わない菌があります。一度試して効果が無かったからといって全ての整腸剤で効果が無いとは限りません。
市販薬でも色々なタイプの整腸剤が発売されているので、比べてみても良いでしょう。

また、日本人にはヨーグルト由来の動物性乳酸菌よりも、ぬか漬けや味噌などに含まれる植物性乳酸菌の方が合っているとも言われています。
例えば納豆菌は植物性乳酸菌の一つであり、整腸剤にも含まれているのでおすすめです。

ただし、便秘が改善しない場合には何らかの疾患が影に隠れている可能性もあります。自己判断で治療するのではなく、なるべく早めに専門医の診断を受けるようにしてください。

食後の服用がおすすめ

ビフィズス菌のような乳酸菌は一般的に胃酸に弱いため、空腹時を避けて服用した方が良いとされています。
効果を最大限に得るため、なるべく食後に服用するよう心がけましょう。

まとめ

整腸剤は腸内細菌のバランスを整えて、根本的に便秘を改善するのを助けてくれます。

下剤のような便秘薬と比べても安全に使用できるので長期的に服用を続けることができます。
整腸剤により便秘を改善するには、しばらく服用を続けて自分に合ったタイプの菌を見つけることが大切です。

ただし、便秘の原因や程度によっては整腸剤だけでは効果が得られない場合もあるため、便秘が改善しない場合には早めに医師に相談するようにしましょう。