便秘におすすめの整腸剤とは?

便秘に効くといっても、整腸剤の多くは便秘薬と違って「すぐに効く」という物ではないはずです。
整腸剤にはたくさんの種類がありますが、基本的には腸を健康にする事が第一の働きです。もちろん、便秘に対しても効果は見込めるでしょう。

しかし、あなたが「今すぐ効く」物をお探しならば、便秘薬の方が良いかもしれませんね。

整腸剤の中で、私のおすすめは乳酸菌製剤です。乳酸菌は腸を健康にする効果があり、また排泄を促す効果もありますので便秘解消が期待出来るでしょう。

薬

整腸剤には種類があるの!?

整腸剤には直接的に腸の働きを助ける消化酵素剤と、間接的に胃液や腸液の分泌を促進・胃腸の運動を活発にする調整剤の大きく2つに分けられます。消化酵素剤は、消化酵素の不足を補う事を目的とした薬剤です。過食時や食欲不振の時に効果的でしょう。

一方、調整剤は利胆剤・アミノ酸製剤・自律神経遮断剤・乳酸菌製剤等があります。

利胆剤というのは排泄を促す成分のマグネシウムが含まれる薬剤等です。マグネシウムが腸内の食べ物のカスを柔らかくする事で排泄を促します。また、腸の粘膜を過剰な刺激から保護する効果もあるでしょう。

アミノ酸製剤というのは、栄養の不足を補う事を1番の目的とした薬剤です。どちらかというと体の健康のための物なのです。便秘の理由の一つに自律神経のバランスの乱れが挙げられます。そのような便秘に効果的なのが自律神経遮断剤です。

しかし、これらの薬に言えることは共通していて、便秘にその時(一時的に)効果はあるでしょうが、根本的な解決ではないということです。

整腸剤を使うなら、乳酸菌製剤?

乳酸菌というのは、乳酸を産出する菌の総称です。その乳酸で腸を刺激して、排泄を促すのです。また、乳酸で腸内を弱酸性にして悪玉菌を減らします。したがって、善玉菌が増え良い腸内環境になります。
良い腸内環境になると、便秘自体になりにくくなりますので、根本的な解決が出来ると言えます。

腸内環境が良ければ便秘になりにくい!

腸内環境

乳酸菌自体にも良い効果がありますが、乳酸菌によって町内の善玉菌が増える事が、腸にとっては1番の効果です。
善玉菌は、腸内で

  • 食物繊維やミネラルの分解・吸収の補助
  • 腸の排泄活動を活性化
  • ビタミン類を合成
  • 有害物質を分解・排泄補助
といった働きを、毎日しています。ですから、善玉菌が増えるとこれらの働きの効果がさらに期待出来るのです。
私が乳酸菌製剤をおすすめする理由が、きっとお分かりいただけたのではないでしょうか?


乳酸菌サプリメント