便秘の女性

これまで便秘に悩んだ事がないという方でも、便秘はいつ発症するか分からない病気です。一度便秘にかかってしまうと、この病気はなかなか完治する事がありません。

病院で検査を繰り返し、下剤で一時的に排便をする事ができても、完治させるとなると、それなりに難しいのが実情です。

便秘に「整腸剤」は効果がある?

整腸剤とは、そもそもが腸の働きを整えるためのお薬です。そうした意味で、便秘薬とは異なる目的の薬と考えた方が良いでしょう。つまり、排便を促すためのお薬ではないということになります。

では、便秘には効果がないのかと言うと、そうではありません。

整腸剤に含まれている主な成分は、乳酸菌ビフィズス菌といった、生きた細菌、「生菌(せいきん)」です。一般的には「善玉菌」と呼ばれるものがほとんどです。
これらの菌は、腸内に生息することで、腸内環境を正常な状態へと整えてくれる効果が期待できるものです。つまり、根本的な便秘の改善には、整腸剤は適しているということです。

他にも、「生薬(しょうやく)」と呼ばれる、植物から取り出した有効成分を配合したものもあります。生薬の効能は、胃腸の働きを高めるもの。または、反対に胃腸の動きを抑制するタイプのものもあります。

便秘薬(主に下剤)は整腸剤とは異なり、比較的短期間(早ければ1〜2時間程度)で、排便の効果が現れる薬も販売されています。
そもそも、下剤は主に腸に刺激を与え、排便を促すための薬です。根本的な成分や効能が異なっているため、整腸剤とは全く別の薬なのです。

  • 整腸剤
    根本的な改善には適しているが、時間がかかる。
  • 便秘薬(下剤)
    短期間で効果が得られるが、一時的に排便を促すことがほとんど。

便秘に整腸剤を使う場合は

では、整腸剤はどのように使えば、便秘の改善に有効に活用出来るのでしょうか。

始めにも書いたように、整腸剤は根本的に腸内環境を良くする目的の薬です。便秘のそもそもの根本原因は、ほとんどの場合が腸内環境にあります
生菌や生薬で腸内環境を正常に整え、根本的に腸を良くしていくのが整腸剤です。そのため、あまりひどい便秘ではないという場合は、いきなり下剤に頼ることはおすすめできません。

そんな時は、まずは整腸剤から試してみる方が良いでしょう。

初めての便秘症状や、ひどい便秘ではない場合などは、まずは整腸剤から試してみるのがおすすめ

逆に、長く続いているような、慢性的な便秘の時に整腸剤を使用しても、あまり効果は期待できないかもしれません。整腸剤には、即効性はあまり期待できません。
また、腸内に便が溜まった状態で整腸剤を服用しても、溜まった便から発生する悪性のガスや有害物質によって、あまり生菌の効果は得られないでしょう。

このような場合は、一時的に下剤で排便をした後に、整腸剤で腸内環境を整えるようにすると効果的です。

長く続く便秘症状の場合

下剤で排便し、腸を綺麗にする。

yajirusi_sita_S

その後、整腸剤で腸内環境を改善する。

下剤は、胃腸に刺激を与える薬です。使用方法や種類によっては、刺激が強すぎて腹痛の原因となったり、癖になってしまうという場合があります。
使用に際しては、なるべく医師とよく相談の上、服用するようにしましょう。

 


乳酸菌サプリメント