腸を健康にするには、腸内細菌の善玉菌と悪玉菌のバランスが大切とよく言われています。理想のバランスというのもよく言われていますが、「お腹の中に善玉菌がどれ位いるのか」なんて、きっと誰も分からないでしょう。

ですから、とにかく日頃から善玉菌が多めになるように努める事が大切です。

ヨーグルト

腸内細菌のバランスがなぜ大切?

名前でも分かるように、腸内で良い働きをするのが善玉菌で、悪い働きをするのが悪玉菌です。そしてもう1つ、日和見菌という菌が居ます。日和見菌は、善玉菌が多いと大人しく、悪玉菌が増えると一緒に悪さをするという、少し困った菌なのです。
しかも、この日和見菌が腸内細菌の大多数ですから、善玉菌を多くしておかないと一気に悪玉菌が増えてしまいます。

善玉菌の役割とは

善玉菌の役割は、腸の働きを整えるだけではありません。

  • 免疫力を高めて病気を予防する
    腸の粘膜に有害な菌が着かないようにして、病気を予防します。さらに免疫細胞を活性化する事も判ってきました。
  • 食べ物の消化吸収を促進する
    食物繊維やミネラルを分解して、腸の負担を減らします。
  • ビタミンの産生
    ビタミンBやKを始め多くのビタミンを産生します。

このように善玉菌は腸だけではなく、体全体に良い効果をもたらすのです。

悪玉菌の役割とは

悪玉菌は、腸内の腐敗を進め、下痢や便秘を起こします。さらに、有害物質や発がん性物質を作るのです。ここまで聞いていて、全く良い所が無いから、悪玉菌はゼロにしたいと思いませんでしたか?
しかし、悪玉菌も少々必要な理由があります。

悪玉菌は、より悪性の強い菌が体外から入って来た時に、腸の粘膜を守るという立派な役割を持っています。腸内細菌の多様性が免疫力を高めるのです。

日和見菌の役割とは

日和見菌は、免疫力が低下した時などに、他の臓器に侵入して感染症を起こす事があります。非常に困った菌ですが、善玉菌が増えた腸内では、ビタミンの産生等、良い働きをするのです。
さらに、この日和見菌が免疫力向上の鍵を握るという研究結果までもが出ています。免疫細胞を活性化する働きが、善玉菌よりも優れている可能性が指摘されているのです。

腸内細菌のバランスを整える方法

野菜

腸の健康は、基本的には「体の健康を維持すること」と同じように考えてみて下さい。まずは、規則正しい生活を送る事がなにより大切です。それから、毎日の食生活は特に意識するべきです。肉食に偏らず、食物繊維乳酸菌といった、腸に良い物を摂りましょう。

また、スナック菓子やコンビニ弁当といった、食品添加物の保存料や、防腐剤が多い物は腸内細菌の繁殖を阻害する可能性が指摘されています。出来るだけ手作りの物を食べましょう。


乳酸菌サプリメント