私たち現代人は、常にストレスにさらされています。
そのせいか、うつ病やパニック障害などの心の病気に悩む人が増えていますね。

ストレス

でも、もし、その背景に腸内環境の悪化があるとしたら...
驚かれる人も多いのではないでしょうか?

腸内細菌がうつ病と関係する?!

うつ病と関係が深いとされているのが、神経伝達物質セロトニンです。

ですから、うつ病の治療では、セロトニンを増やす薬が処方されます。
セロトニンは、幸せ物質を作ると言われているんです。

腸で幸せホルモンがつくられる?

私たちが「幸せだなあ~♪」と感じるのは、喜びや快楽を伝える脳内伝達物質「セロトニン」が大きく関与しています。別名「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンは、体内にスプーン1杯分(約10ミリグラム)ほどしかありませんが、その90%が腸内にあり、脳にはわずか2%しかありません。
セロトニンは、魚や卵、乳製品に含まれている必須アミノ酸「トリプトファン」を原料に、ビタミン類のサポートで腸内でつくられますが、腸内細菌のバランスが悪いとセロトニンが合成できなくなり、キレやすくなったり、うつ状態になったりします。

出典:養命酒 腸の雑学

セロトニンは、腸内細菌の数が多くてバランスが良い状態でないと十分に分泌されないんですね。

と言う事は、うつ病の治療では、腸内細菌の事を意識した食事が有効かもしれません。

実際、気分障害を食事で治療しようというサイコバイオティクスに注目が集まっています。

善玉菌を含んだ食べ物が悲しい気分を軽減する?!

悲しい気分になった時に、小さな刺激に過剰に反応してしまう。このような状態はうつ病になりやすい状態と言えるでしょう。

オランダのライデン大学で、善玉菌のビフィズス菌や乳酸菌を摂取していると、このような時に過剰な反応を抑えられるか?という研究が行われました。

使われた菌は

  • ビフィドバクテリウム・ビフィズムW23
  • ビフィドバクテリウム・ラクティスW63
  • ラクトバチルス・アシドフィルスW37
  • ラクトバチルス・ブレビスW63
  • ラクトバチルス・カセイW56
  • ラクトバチルス・サリバリウスW24
  • ラクトコーカス・ラクティスW19・W58
研究の方法は、4週間の間、精神的な疾患を持たない20人にこれらの菌を含んだ食べ物を食べてもらい、別の20人には菌を含まない食べ物を食べてもらうというものです。
乳酸菌

その結果、ビフィズス菌や乳酸菌を含んだ食べ物を食べていた人は、悲しい気分になっても過剰な反応を抑えられるという事が判明したのです。

善玉菌が悲しい気分を軽減したんですね。

最悪なのは好きな物ばかり食べる事?!

イライラしたり、不安な気持ちになると好きな物ばかり食べてしまう、しかも大量に食べてしまう...

これは、ストレスを感じた脳が、好物である甘い物や炭水化物を要求するためなんです。ストレスから逃れるための逃避行動ですね。

でも、これを続けると腸内細菌のバランスが悪くなってしまいます。私たちの健康を守ってくれる腸内細菌は、野菜や海藻、果物などが好きなのです。
野菜

つまり、好きな物ばかり食べている人はうつ病になりやすく、逆に、腸内細菌の喜ぶ物を食べる人はうつ病になりにくいと言えるかもしれませんね。

ですから、好き嫌いせず、バランスの良い食事を心がけましょう。善玉菌を増やせば、もっと効果が得られますよ。

善玉菌を増やすには


乳酸菌サプリメント