善玉菌悪玉菌という名前が有名な腸内細菌。そして、もう一つの日和見菌という菌も、健康には欠かせない腸内細菌のひとつです。

本来、腸に最も繁殖しているのは、この日和見菌です。善玉菌だけではなく、日和見菌も免疫や肥満に関わっている事が判ってきました。そして、嫌われがちな悪玉菌も、実は免疫のためには欠かせません。
ですから、健康のためには、「善玉菌・日和見菌が大多数、悪玉菌少々」という腸内環境を目指しましょう。

そして、善玉菌の中にも乳酸菌やビフィズス菌といった種類があるように、日和見菌や悪玉菌の中にもたくさんの種類があります。腸内細菌を増やすというのは、この種類を増やす事も大切なのです。

腸内環境

腸内細菌を増やす2つの方法

肥満やアレルギーの人は、腸内細菌のバランスが悪い事が判明しています。潔癖な家庭で育った人は、腸内細菌の種類が少なく、アレルギーになりやすいという研究結果も出ています。
また、便秘や下痢の人は悪玉菌が増えている事が多いでしょう。腸内細菌は、消化・吸収、排泄、栄養素・ホルモンの合成、免疫等に関わる、まさに健康には欠かせない存在なのです。

ですから、なんとしても腸内細菌を増やすべきでしょう。そこで、善玉菌や日和見菌を増やす方法をご紹介しますね。

腸内細菌が増える食事

まず、腸内細菌を増やすには、腸内細菌が喜ぶ食事を取るべきです。腸内細菌の好物は食物繊維・発酵菌・オリゴ糖です。

食物繊維で腸内細菌が増える?

食物繊維は、腸内細菌の餌となるものです。さらに、腸内細菌は食物繊維を使ってビタミンを作るのです。
食物繊維には、水溶性不溶性の2種類があります。一般的に、不溶性の食物繊維に偏ってしまう人が多いというのが実際のところでしょう。
バランスに注意しないと、腸に負担がかかる事もあります。下記のサイトに、詳しく分類してありますので、参考にしてみて下さい。

参考:アサヒ フード アンド ヘルスケア 株式会社

発酵菌が腸内細菌を増やす?

発酵菌と言えば、納豆菌乳酸菌です。発酵菌は腸内細菌を活性化して、善玉菌を増やします。
さらに、生きた乳酸菌ならば、そのまま腸に居着き、善玉菌として腸内細菌になる事もあります。日本古来の発酵食品には、乳酸菌を始め多くの菌が含まれているのです。

例えば、味噌には乳酸菌・麹菌・酵母菌などが含まれています。ただし、市販の漬物や味噌は殺菌されている物が多いでしょう。しっかりと発酵菌が生きている物を選んで下さいね。

オリゴ糖は腸内細菌の好物?

玉ねぎや大豆、はちみつ等に含まれるオリゴ糖は善玉菌の大好物です。特に、腸内の乳酸菌を増やします。毎日使う砂糖を、オリゴ糖に代えてみるのも良いのではないでしょうか?

腸内細菌を増やすために「土をいじる」

土

2つ目は、ガーデニングや家庭菜園等の、いわゆる「土いじり」です。土いじりは、腸内細菌を増やすのに関係無いように感じるかもしれません。しかし、土の中には、たくさんの菌が居ますよね。この土の中に居る菌の多くは、腸内細菌の日和見菌の仲間です。

土いじりをしていると、気づかないうちに菌を吸い込みます。土の中の菌なんて!と心配かもしれませんね。そんなに怖い菌は居ませんし、土を食べる訳ではないですから、大丈夫です。
ベランダや庭で、プランターから始めてみては如何でしょうか?


乳酸菌サプリメント