腸内環境が悪いというは、どのような状態でしょう?

それは、腸内に悪玉菌が繁殖した状態=善玉菌の少ない状態です。
このような状態では、善玉菌の「良い働き」の効果を得ることができず、悪玉菌の「悪い働き」の影響を受けてしまいます。

腸内環境の悪化

善玉菌が少ないと病気になる?!

腸内環境が悪いと、腸内に悪玉菌が繁殖し、善玉菌は少なくなってしまいます。

悪玉菌という呼び名が付いた理由は、私達にとって「悪い働き」をするから。
では、悪玉菌はどんな悪い働きをするのでしょうか?

悪玉菌の「悪い働き」が病気になりやすくする?!

悪玉菌の発生する酵素によって、有害物質が腸内で産生されます。

これによって、腸内の腐敗が進んで腸の働きが弱ってしまいます。そうすると排泄する力が弱くなり、結果的に便秘になりやすくなってしまうのです。

便秘によって腸内に溜まった有害物質、これを放っておくと...なんと、これらは毒素に変わり、腸から吸収されてしまうのです。
その後、血液を通って全身へと広がり、毒素が毛穴から汗と一緒に排泄されると肌荒れを招きます。

有害物質の解毒(げどく)や分解は肝臓が行うので、有害物質が増え過ぎると肝臓の負担になります。さらに、この有害物質が、神経の伝達を阻害するという研究報告もあるんです。

でも、なんといっても悪玉菌の繁殖で、善玉菌が少なくなる事が一番の問題。なぜなら、善玉菌が少ないと、腸にとって「良い働き」をしてもらえないのです。

善玉菌が多いと加勢してくれる菌がいる?!

驚く女性
通常、腸内の細菌の7割位は、日和見(ひよりみ)という菌です。

日和見菌は、善玉菌が多い腸内では善玉菌として働き、悪玉菌が多い腸内では悪玉菌として働きます。その時々で優勢な方につくので、日和見菌という名前が付きました。

腸内細菌の7割を占めていますから、日和見菌に善玉菌の味方になってもらい、一緒に「良い働き」をしてもらわないと困りますよね。そのためには、腸内環境を良好な状態に保たなくてはいけません。
特に、病中、病後は、腸内環境が悪化している事が多いですから、そんな時は、いつもより腸内環境を良くするように努めましょう。

では、腸内環境が良くなると、善玉菌がどのような「良い働き」をしてくれるのでしょう。

腸内の善玉菌が行う7つの良い働き

腸内環境が悪い人は得る事のできない、善玉菌の行う「良い働き」は7つ。1つずつ見ていきましょう。

  1. 栄養素の合成
  2. 整腸効果
  3. 免疫作用
  4. アレルギー予防
  5. 食中毒予防
  6. 生活習慣病予防
  7. ストレス軽減

1.栄養素の合成

善玉菌や日和見菌が作る酵素によって、短鎖脂肪酸・ビタミン類・葉酸などが作られます。

2.整腸効果

善玉菌が作る酵素によって作られた「酸」が腸壁を刺激するので、排泄運動が活発になります。そのため、腸内がクリーンな状態に保たれるのです、

3.免疫作用

善玉菌や日和見菌が、酵素によって免疫細胞を刺激する物質を作ります。免疫細胞が活発化するため、病気の予防になるんです。

4.アレルギー予防

アレルギーの原因は、免疫バランスの乱れ。善玉菌や日和見菌は、免疫バランスを整えてくれるんです。

5.食中毒予防

善玉菌が作る酵素によって作られた酸で、腸内が弱酸性に保たれます。食中毒を引き起こす菌は弱酸性が苦手なので、食中毒を防げます。
また、善玉菌や日和見菌が腸内の免疫細胞を刺激して、抗菌物質が生産されます。

6.生活習慣病予防

善玉菌は、コレステロールを吸着して体外へ排出してくれます。
また、善玉菌が作る酵素が、毒素を減少させるんです。

7.ストレス軽減

善玉菌や日和見菌が作る酵素によって、セロトニンや、GABAなどのいわゆる「幸せ物質」が作られます。

腸

腸内環境が悪いままだと、これらの「良い働き」を期待できません。もったいないですよね。

善玉菌と日和見菌が効果的に働くには?!

善玉菌や日和見菌に効率的に働いてもらうには、食事で栄養源を送ってあげるのが良いでしょう。
食物繊維やオリゴ糖が好物ですから、野菜や果物をたくさん食べましょう。

また、乳酸菌は善玉菌の一種です。ですから、乳酸菌が含まれた食事で善玉菌が増える事もありますよ。

善玉菌を増やす方法はこちら


乳酸菌サプリメント