「塩麹(こうじ)」を使ったことはありますか?

塩麹はとっても簡単お手軽な調味料なんですよ。でも、それだけではありません。乳酸菌もたっぷり摂れる優れモノなんです。だからこそ、ぜひ使ってほしいのです。

近頃は、塩麹を手作りする人も多いようですね。塩麹を詳しく知れば、あなたも作りたくなるかもしれませんよ。
15081401_01

麹(こうじ)菌が腸内環境を整える?!

ここ最近特に、発酵食品の栄養価の高さや健康作用が注目されるようになっていますね。

日本古来の麹菌を使った発酵食品

  • 味噌
  • しょう油
  • みりん
  • 塩麹
  • しょう油麹
  • 日本酒
  • 焼酎
これら日本の代表的な発酵食品を作るためには「麹菌」が不可欠です。麹菌には、腸内の善玉菌を増やす働きがあるんですよ。

また、麹菌の働きでできる発酵食品には、乳酸菌、酵母、麹の作り出す酵素なども含まれているんです。

  • 乳酸菌 ⇒ 腸内環境を改善する
  • 酵母  ⇒ 糖を分解し発酵させる
  • 酵素  ⇒ 消化を助ける
発酵食品は生活習慣病の予防や改善、その他にも様々な効果があるので、ぜひ日々の食事に取り入れましょう。

塩麹が健康の秘訣?!

塩麹には麹菌と乳酸菌がたくさん含まれています。

麹菌の効果

麹菌は東アジアだけに存在していて、でんぷんアミノ酸をよく分解します。また、脂肪を分解吸収する力が強いのが特徴です。

麹の働き

麹には、でんぷん質を消化して糖分に分解するアミラーゼ、タンパク質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼの3大消化酵素が豊富に含まれています。

酵素は体内の栄養素の分解、運搬、合成、排出を行う上で、とても大切な働きをしています。

ビタミン、ミネラル、タンパク質など、必要な栄養がきちんと補給されていても、この栄養を分解して、必要なエネルギーに代えていくための酵素が不足していると、代謝機能がうまく働かず、高血圧、高脂肪、糖尿などの生活習慣病を呼び込んでしまうのです。

出典:株式会社源麹研究所 麹の働き

麹には、私たちが健康を保つために必要な働きをする3大消化酵素が含まれているんですね。

この3大消化酵素は、麹菌と呼ばれる微生物が増殖するときに、でんぷんなどを分解することで作られます。この分解のことを「発酵」と言います。だから麹菌でできるものを発酵食品と言うんですね。

麹菌によって発酵した結果、本来の食品にはなかった独特の香りやうまみ、コクが作り出されます。

乳酸菌の効果

乳酸菌には多くの種類があって、それぞれ働きが違っていて、期待できる効果も違います。

乳酸菌に期待できる効果

  • 整腸作用
  • アレルギー症状緩和
  • 免疫力強化
  • 肌荒れ改善
  • ダイエット効果
もっと詳しく知りたい人はこちら

健康のためにも、毎日の食事に麹菌と乳酸菌が豊富な「塩麹」を活用したいですね。

塩麹は万能発酵調味料!

塩麹は、様々な料理に使える万能調味料。常備しておくと便利ですよ。
和食のイメージがあるでしょうが、中華やイタリアン、エスニック料理など、どんな料理にもオールマイティに使える調味料なんです。

しかも、食材自体のうまみやコクを、より引き出す効果があるので、余分な調味料を加えなくてもいいんです。いつもの料理に塩麹を加えるだけで、独特の風味が生まれて料理の味がグンとアップしますよ。

日々のお料理にさっそく取り入れてみましょう。いつもと違う味の変化に、きっと嬉しい驚きがあるはずですよ。

市販品よりも断然手作り!

最近は、スーパーなどで簡単に塩麹が手に入るようになりました。
でも、そのほとんどは熱殺菌されているんです。雑菌の繁殖や、発酵で容器が破裂したりしないようにするためなので仕方ありませんね。

だったら、自分で手作りして、天然の生きた麹菌や乳酸菌などをカラダに取り入れると言うのはどうでしょう?

手作りなら、安いコストでたくさん作れます。一度にまとめて作っておいて、冷蔵庫に入れておくと半年ほど保存できるのも嬉しいですね。

では、「手作り塩麹」と塩麹を使った「お手軽簡単レシピ」をご紹介しましょう。

<塩麹の作り方>

【材料】       作りやすい分量

  • 麹(乾燥または生)・・・・・・100g
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30g
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・120ml

※塩は麹の30%、水は麹の1.2倍の比率が目安です。

【作り方】

  1. 麹を手でもむようにしてバラバラにほぐす。
  2. 容器に麹と塩を入れてよく混ぜ合わせる。
  3. 水を加えてよく混ぜる。
  4. 常温で7~10日ほどかけて熟成させる。熟成するまで1日1回、全体をよく混ぜ合わせる。(容器は密閉せずにフタを少し開けておきます)
  5. 麹がふっくらとしたら完成。冷蔵庫に入れて保存します。
※冷蔵庫に入れて保存しておく場合、1日1回かき混ぜましょう。
※保存する容器は、鉄やステンレス以外の容器を使いましょう。鉄やステンレスは塩分で腐食してしまいます。

出来上がった塩麹は、おかゆのようなとろみがあって、ほんのりと麹の甘い香りがしますよ。

どうですか?簡単でしょう?

塩麹ビギナーのお手軽簡単レシピ

塩麹を作ったら、まずは手始めに生野菜で塩麹和(あ)えを作ってみましょう。塩麹だけなのに、野菜のうまみが増してとっても美味しくなるんです。

旬の野菜がたくさん手に入った時など、保存場所に困ったりすることがありますよね?そんな時は、新鮮なうちに塩麹で和えましょう。お手軽簡単で、野菜をたくさん食べられるのでおすすめです。

15081401_02

<野菜の塩麹あえ>

【材料】

  • 生野菜(きゅうり、トマト、なす等)適量
  • 塩麹 野菜の10%程の量

【作り方】

  1. 野菜はそれぞれ食べやすい大きさに切ります。
  2. 野菜に塩麹を加えてもみ混ぜ、30分ほどおく。
冷蔵庫で1時間~1日程おいても美味しくいただけます。

魚やお肉も、塩麹に漬け込んでおいて焼くだけで、やわらかく、美味しさが倍増します。ぜひ試してみて下さいね。


乳酸菌サプリメント