「治らない肌荒れ」は腸内環境が悪いから?

なんとかしたい肌荒れや、ニキビ。
毎日洗顔やケアをしても治らないのだとしたら、もしかすると腸内環境が悪いせいかもしれません。
食生活や生活習慣が悪いと、腸内環境は悪くなってしまいます。あなたの腸内は善玉菌よりも、悪玉菌のほうが増えているのかもしれません。

便秘や下痢といったお腹の不調に、心当たりはありませんか?

お肌のケアと善玉菌

なぜ腸内環境が悪いと、肌が荒れるの?

腸内細菌には、有害物質や発ガン性物質の分解をして、排泄を助ける働きがあります。腸内に悪玉菌が増えると、その働きが滞り、腸壁から体内に有害物質が入ってしまいます。たちまち、有害物質が全身を周り、肌荒れやニキビ等のお肌のトラブルを引き起こすのです。
さらに、悪玉菌が増えると皮膚ガンを引き起こすフェノール類を合成します。

そのフェノール類が、皮膚の正常な働きを阻害するのです。また、腸内環境が悪化し、お腹の不調によって腸内の粘膜が作る腸管バリア機能が低下すると、有害物質だけではなく、悪玉菌自体が体内に入って行きます。悪玉菌が体の至る所で炎症を引き起こし、お肌のトラブルを招くのです。

善玉菌を増やして肌荒れを治そう!

良い腸内環境を作るには、善玉菌を増やすことが大切です。善玉菌を増やすためには、毎日の食事に乳酸菌オリゴ糖を取り入れると良いでしょう。
生きた乳酸菌を摂取すると、悪玉菌を減らして腸内環境を良くするだけではなく、一部が腸内に残ります。腸内に残った乳酸菌は、他の善玉菌と同じように、良い働きをします。

乳酸菌は、以下のような食品にも含まれています。

  • ヨーグルト
  • チーズ
  • 漬物
  • キムチ
  • 味噌
  • 醤油

しかし、食品の乳酸菌は生きたまま腸に残るものは少ないかもしれません。生きたまま腸に残る乳酸菌を多く含んだ、乳酸菌飲料サプリがありますから、それらを利用するのも良いでしょう。

また、オリゴ糖は善玉菌のエサとなり、善玉菌を活性化させます。オリゴ糖は以下の食品に含まれています。

  • 大豆
  • はちみつ
  • ビート
  • 玉ねぎ

また、市販されているオリゴ糖を、砂糖の代わりに使うのも良いですね。

腸内環境を良好に保つためには

腸内環境

腸内に善玉菌が増えて、肌荒れが改善してもすぐに腸内環境が悪化しては、意味が無いですよね。生活習慣や食事のバランスにも十分気をつけましょう。

実は、腸内環境を良くする栄養成分は、もう一つあります。それは、食物繊維です。しかし、食物繊維は腸だけの力では分解出来ません。
食物繊維の分解は、腸内細菌の力を借りる必要があるのです。ですから、腸内環境が悪い状態で食物繊維を摂り過ぎると、逆効果となるかもしれません。

腸内環境が良くなり、腸内細菌のバランスが取れた状態になれば、積極的に摂るべきでしょう。したがって、腸内環境を良好に保ち、肌荒れが起きにくいようにするためには、以下の習慣を継続するようにしましょう。

  • 生活習慣に気をつける(早寝早起き・運動をする等)
  • 食事のバランス
  • 腸内環境を良好に保つ栄養成分を摂る(乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維)
  • スキンケア

これらを、毎日の習慣として継続させましょう。

でも、継続できないという人もいますよね。そんな人におすすめなのが乳酸菌サプリです。善玉菌自体である乳酸菌を腸に届けやすいのはサプリです。
なんにも継続できなかった私もこれは続けられました。


乳酸菌サプリメント