本当に腸内環境を良くしたいなら

腸内環境が悪ければ、便秘や下痢になりやすくなります。また、あまり知られていないかもしれませんが、免疫力が下がってしまい、あらゆる病気に対して免疫機能が働かず、病気にかかりやすくなってしまいます。
それから、お肌も荒れやすくなっちゃいますよね。。

運動や睡眠、ストレス、水分の摂取量なども腸に影響をあたえますが、まずは食べ物を改善するということから始めてみることをお勧めします。
腸内環境を良くする食べ物と言えば、ヨーグルトを思い浮かべる方が多いかもしれません。でも、ヨーグルトには、いくつかの問題点がありますそこで、今日はヨーグルト以外で腸内環境を良くしてくれる食べ物をご紹介します。

ヨーグルト

腸内環境を改善してくれるのは「植物性」の発酵食品

植物性の発酵食品とは、漬物納豆味噌などです。ヨーグルトは動物性乳酸菌が、多く含まれています。一方、植物性の発酵食品には、植物性乳酸菌が多く含まれています。
よく、「乳酸菌が腸に届く」と耳にしますよね。乳酸菌は、生きて腸までたどり着かないと意味がありません。そのたどり着く数が、圧倒的に食物性乳酸菌のほうが多いのです。

食物性乳酸菌は、善玉菌を増やします。また、免疫力も高めてくれます。また、食物性の発酵食品には、消化を助ける酵素も豊富に含まれています。このような事を考えると、食物性の乳酸菌をとらない手はありませんよね。

「発芽大麦」が、おすすめな理由

発芽大麦は、ビールや麦茶、麦味噌に使われるイネ科の大麦の種を、水に浸して発芽させたものです。この発芽大麦は、薬用にもなるほどの高い栄養価を持っています。発芽大麦には、腸の粘膜のエネルギー源となる、グルタミンを多く含みます。そのため、発芽大麦を食べると、腸が元気になります。

さらに、食物繊維やビタミン、ミネラルも豊富です。便秘解消や良い腸内環境を維持する効果があるのです。それだけではなく、わたしが、発芽大麦をおすすめする理由は他にもあります。
食物繊維には、水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けない「不溶性食物繊維」があります。腸の健康のためには、この二つの食物繊維をバランス良く摂る必要があります。発芽大麦の食物繊維は、この2つのバランスが非常に良いのです。

ややこしいことに、不溶性食物繊維だけを摂り過ぎると、便秘になってしまいます。しかし、発芽大麦なら気にしなくて良いので、たくさん食べましょう。

「海藻類」は水溶性食物繊維が豊富

海藻類には、水溶性食物繊維が多く含まれます。ヌルヌルした食感がしますよね?その食感は、アルギン酸という水溶性食物繊維です。
また、マグネシウムも豊富です。アルギン酸とマグネシウムは、便をやわらかくするように働きかけます。なので、排便が、スムーズになり、便秘や腹部膨満感の解消となります。

バランス良く食べよう

今回、ご紹介した3つの食べ物は、毎日の食事に取り入れやすいものです。
腸内環境を良くするためには、これらの食べ物と他の食べ物のバランスが大切です。運動や睡眠、ストレス、こまめな水分補給に気をつけながら、ご紹介した食べ物を食事に取り入れましょう。


乳酸菌サプリメント