腸を元気にする腸内細菌との付き合い方

「腸内を制するものは、健康を制する」そのように言っても過言ではないほど、腸は私たちの体にとってとても大事な器官です。
腸が荒れるとお肌が荒れたり、血流が悪くなったり、表面的な部分にも、様々な病的変化を引き起こします。もはや、腸は全身の健康と繋がっている器官と考えて間違いはないはずです。

胃腸

そんな私たちの腸には、無数の菌が棲みついています。種類は100種類以上、その数は約100兆個とも言われています。
そんな腸内の菌たちと、あなたはどのように付き合っていますか?どうすれば腸内環境が快適な状態になると考えますか?

腸内の場所を整える

腸内細菌の中には、善玉菌と悪玉菌が存在しています。人にとっての快適な腸内環境を作り、発酵をうながす善玉菌。逆に、人にとって不快な腸内環境を作り、腐敗をうながす悪玉菌。私たちは、菌たちの力を借りて心身のコンディションを整えているのです。

その重要な鍵を握っているのが「善玉菌」です。

善玉菌と言えば、納豆菌や酵母菌、それから麹菌などがあります。しかし、善玉菌の代表といえば、やはり乳酸菌とビフィズス菌です。
ビフィズス菌は、私たち人間の腸内に存在する中では、とても優秀な善玉菌なのです。

腸内環境を快適なものに整える、変えていくのに必要なこと、それは「ビフィズス菌といかに仲良くなるか?」ということです。それは、腸内の場を整える=善玉菌(ビフィズス菌)のエサを増やすということなのです。

日本の食文化が腸内細菌を育てる

善玉菌(ビフィズス菌)のエサとなるものは、果物や野菜にふくまれる「糖」です。
オリゴ糖グルコン酸食物繊維などがこれに該当します。バナナはオリゴ糖が含まれていますし、食物繊維もとれますので、ぴったりの食品と言えますね。

発酵食品は外せない食べ物

それから、中でも発酵食品は外せない食べ物です。お味噌や納豆、あとは漬け物も欠かせません。こうしてみると、野菜中心の日本の和食が、健康に良いと言われている理由がよく分かります。

ごはんも、玄米や雑穀米が良いと言われるのも、食物繊維を多く含んでいるからなのです。この機会に、日本の食文化の和食を、あらためて見直してみるのも良いかもしれませんね。

バランスの良い食事を

野菜の不足、油分の多いものを摂り過ぎてしまうなど、食事に偏りがあると、腸内は善玉菌よりも悪玉菌のほうが多い状態になってしまいます。
善玉菌を増やし、健康的な腸を作り出すためには、食生活には特に特に気をつけなければいけません。善玉菌(ビフィズス菌)が好んで食べるものを取り入れ、腸内に善玉菌(ビフィズス菌)が働きやすい「場」を作ってあげましょう。


乳酸菌サプリメント