薬をつけてもなかなか治らないニキビや肌荒れ。日頃からスキンケアに気をつけても改善しないニキビなら、もしかすると原因はあなたの腸内環境かもしれません。
実は、「美肌を目指したいなら、腸をきれいに!」と言えるほど、腸内環境とお肌にはとても深い繋がりがあります。

驚き

腸内環境と「お肌」の関係とは

腸内環境が悪く、便秘や下痢などが慢性化すると、体内には老廃物が溜まっていきます。その一部の毒素が、全身の血液循環に入っていってしまうのです。その結果として、ニキビができたり、肌が荒れたりしてしまいます。
このような不健全な状態の腸内には、腸内細菌の「悪玉菌」が増えていることが多くあります。悪玉菌が更なる腸内環境の悪化を招き、毒素を増やすので、早めの対処が必要です。

町の毒素は火山ガスと同じ?!

実は、この腸内で発生する毒素は、火山ガスの成分に等しい成分なのです。このガスが溜まると、ガンなどの原因にもなってしまいます。さらに、血液の汚染や血行不良、体にとっては良くないことばかりを引き起こします。

腸内環境を良くしてニキビを改善する方法

ニキビなどの肌荒れを防ぐには、スキンケアに力を入れるだけでなく、食習慣を見直しましょう。気が付かないうちに腸に悪い食習慣をしていませんか?
腸に良い食習慣というのは、例えば以下のような習慣です。

  • 腸に良い食べ物を組み合わせて食べること
    腸に良い食べ物というのは、具体的には以下のような食べ物です。
  • 海藻
  • 雑穀類
  • きのこ
  • 大豆製品
  • 果物
  • 野菜
  • オリーブオイル
  • ナッツ類
  • しょうが
  • 毎日3食、決まった時間に食べること
    不規則な食生活は、腸に負担をかけます。規則正しい食習慣を心がけるようにしましょう。
  • よく噛むこと
    しっかりと咀嚼(噛む)することで、食物を分解し、消化器に負担をかけないようにすることができます。腸を守るという意味でも、咀嚼は大切な活動なのです。
  • 外食を控え、自炊すること
    特に胃腸への負担が大きい、ファーストフードや、味の濃いもの、油が多い食べ物は控えるようにしましょう。外食はほとんどがこうした加工された食べ物ですから、なるべく控えるようにしましょう。
  • 食事を楽しむこと
    難しく考えず、楽しく食事をすることは、胃腸の活動を活発にさせ、食欲も湧き、良い影響を与えてくれます。
  • デザートは果物にすること
    甘いものを食べたいという気持ちはわかりますが、添加物が多く含まれた甘い加工食品は、腸への負担が大きいのが真実です。なるべく加工されていない、新鮮な果物などを食べるようにしましょう。
  • こまめな水分補給をとること
    水分は意外と足りていないことが多いものです。1日に1ℓ〜1.5ℓを摂りましょう。こまめに水分を摂取することで、腸が潤いを保ち、スムーズな排便を促してくれます。
  • 寝る前に食べないこと
    寝る3時間前には食事を済ませましょう。そして、生活習慣を見直しましょう。具体的には、以下のようなことに注意するようにしましょう。
  • 睡眠をとる
    しっかりと睡眠をとることは腸にも、お肌にも大切です。夜更かしもやめましょう。
  • ストレスを溜めない
    お肌の天敵のストレス。ストレスは、腸の活動にも悪影響を与えます。
  • 運動をする
    運動不足ではないですか?ウォーキングなどの軽い運動を心がけましょう。
    そして、忘れてはいけないのが、腸のマッサージ休息です。腸も疲れます。腸を癒してあげましょう。
  • 腸のマッサージ
    いろいろな方法がありますが、おすすめはお風呂で温めながら軽く擦って下さい。簡単ですが、意外と効果があります。
  • 腸の休息
    肝臓のお休みの日を休肝日と言いますね。同じように腸にも休息があると良いです。断食などありますが、おすすめは朝食を果物と野菜だけのジュースやスムージーにするものです。これだと気軽にできますよね。

できることから少しずつでも良いので、始めてみましょう。


乳酸菌サプリメント