腸内環境が悪いと毒素と活性酸素が発生

体を健康に維持するためには、腸内環境をいつも良い状態に保つことが不可欠です。そのためには、「善玉菌」を優位な状態にしておくことが大切です。「善玉菌」が増えると、免疫力の向上や病気にかかりにくくなるなど、たくさんのメリットがあります。

その逆に、「悪玉菌」が優位な状態になると、腸の老化は進行し、免疫力の低下、腸内腐敗の進行などを招き、毒素を発生させます。
毒素は、火山ガスの成分と等しく、とても危険なものです。この毒素が腸内に溜まると活性酸素が誘発されます。

腸内環境の悪化

活性酸素の何が悪い?

活性酸素は、そもそも毒素を防御するために作られるものですが、この活性酸素がたくさん増え過ぎると、細胞をサビつかせたり傷つけたりすることに繋がります。
もしも、活性酸素が増え過ぎて腸細胞の遺伝子を損傷してしまえば、細胞が変異を起こしてしまいます。
そして、ポリープやガン細胞に発展していく可能性があるのです。

腸内で発生した毒素の恐ろしさ

恐ろしいことに、腸内だけに留まらず、毒素は腸壁から外に出て全身に広がり、毒素をばらまきます。そして、活性酸素を発生させ、細胞を傷つけるということが繰り返されるのです。
毒素は、最終的に肝臓で解毒処理されますが、便秘が慢性化した時に免疫力が低下してしまえば、血液の汚染血流が悪くなる新陳代謝の低下を招きます。

悪玉菌を減らして善玉菌を増やそう

悪玉菌が優位な状態になることで、腸の老化免疫力の低下腸内腐敗活性酸素の発生など、たくさんのデメリットが作られます。
悪玉菌には、しかし、デメリットばかりでなく「外敵菌」から腸を守ってくれるという大切な役目もあるため、決して不要な存在というわけではありません。

悪玉菌は「増やさない」ということが大事なのです。増やさないということは、善玉菌を増やす努力が必要です。

実は、腸内には、日和見菌という菌がいます。この菌は、善玉菌が優勢なら善玉菌になり、悪玉菌が優勢なら悪玉菌になります。
そうです。少し厄介な菌です。しかも、善玉菌や悪玉菌よりも数が多いのです。

この日和見菌が、悪玉菌にならずに善玉菌になるようにしなければいけないのです。
そのためにできることと言えば

  • 過度の飲酒に気をつけること
  • 喫煙の本数を減らすこと
  • リラックスした時間をとること
  • しっかりと睡眠をとること
  • バランスのとれた食事をとること
  • 毎日の排泄を習慣づけること
  • ストレスを減らすことなどを心がけた生活を送る
などの、基本的な生活習慣を心がける必要があります。
腸内環境を良い状態に保ち、「善玉菌」と「悪玉菌」がバランスよくなるようにしていく。これが活性酸素を増やさないための基本的な考え方となるのです。

善玉菌優勢の腸内を作るには乳酸菌サプリ


乳酸菌サプリメント