腸の役割というのは、口から入った飲食物を消化、吸収して残った老廃物を排泄することです。この役割、凄く大切ですよね。腸が栄養を摂取してくれなかったら、生きていられないということですよね。

ところで腸の役割の中でも、「老廃物の排泄」は重要な役割を占めています。この「老廃物」が少しずつ腸に残ってしまうと、だんだん老廃物が腐敗していきます。
そうなると、悪玉菌が増え、

  • 下痢や便秘になりやすくなる
  • 免疫力が低下する
  • 大腸がんになりやすくなる
といった症状が出てくるのです。そう考えると、悪玉菌って、とても怖いものなんですね。それにしても、悪玉菌が増えると、どうして病気になるのでしょう?
不思議に思っている方のために、簡単にまとめてみました。

乳酸菌

悪玉菌と善玉菌が「腸管免疫力」の決め手

口・喉・食道・胃・小腸・大腸・肛門は、空洞でちくわのように外部とつながっています。このため、これらの消化器官をまとめて「内なる外」とも呼ばれているのです。
外に面しているなら、病原菌や有害な化学物質から体を守るために、免疫機能が必要なのは、当然です。

実は腸には、なんと全身の免疫機能の60%が集中しているのです。びっくりですよね。これらの消化器官は、人の体の中でも最大の免疫系なのです。
これを、「腸管免疫」と言い、腸内に棲息する善玉菌が多いと、腸管免疫力が高まり、悪玉菌が多いと腸管免疫力が下がるそうです。

  • 善玉菌が多い.. 腸管免疫力が高まる。
  • 悪玉菌が多い.. 腸管免疫力が下がる。

免疫力が下がると、体を守れなくなる...

なるほど、とにかく悪玉菌を減らして、善玉菌を増やしていくと強い腸、即ち強い体が出来るということなのですね。
その他にも、悪玉菌が増えると肌が荒れる生活習慣病の原因になる、ウツな気分になるなど、ろくなことがありません。

「悪玉菌」にも役割がある?

ただし、悪玉菌にも役割があるようで、「悪玉菌ゼロ」はよくないようです。
善玉菌が良く活動するためにも、適度な量は必要です。病原菌に攻撃するのも悪玉菌だそうですから、場合によっては必要悪とも言えるのです。

「善玉菌」を増やすには..

腸の中の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすためには、腸が喜ぶ食材を食べることが大切です。まず、ヨーグルトです。これは誰もが知っていることでしょう。
ヨーグルトには、乳酸菌が多く含まれていますよね。この乳酸菌が、腸の中にたくさんの有機酸を生成してくれます

この有機酸が、悪玉菌の増殖を抑制したり、病原菌やウィルスが発生しにくい環境作りをしてくれるのです。次に、納豆等の発酵食品です。
納豆菌には、腸の中の乳酸菌を増やして安定させる力があります。他には、善玉菌にとってエサとなる、オリゴ糖や食物繊維なども、なるべく摂り入れるようにしたいものです。

それから、食事をする時に、胃や腸の負担を減らすためにもよく噛むことも大事です。
水分をたくさん摂ることは、スムーズな排便につながるので、これも腸の負担軽減になります。
あとは、お腹のマッサージと運動は、腸の動きを活発にしてくれますので、なるべく毎日取り組みたいものですね。

本気で免疫力向上を考えるなら


乳酸菌サプリメント
Tagged on: