深いつながりがある「腸」と「心」

「最近、仕事が忙しく、食生活が乱れてしまっている。ずっと便秘気味で、気持ちもすっきりしない。」逆に、「心配事や不安な気持ちから、お腹の調子が悪くなる。」

皆さんも、普段の生活の中で、そんな経験をされたことがあると思います。日常を振り返ると、お腹の調子で感情(心)が左右されることが多くあると気がつくのではないでしょうか。

ヨガ

「善玉菌」の種類と、働き

私たちの腸内には、無数の菌が棲みついていて、常に盛んに活動しています。腸内細菌の種類は、約1000種類、その数100兆個と言われています。重さにすると約1.0~1.5㎏になると言われています。

これらの腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)の、3つに分類されています。この腸内細菌のなかで、私たちの体の健康を維持するために、よい働きをするのが善玉菌です。善玉菌の代表は、乳酸菌とビフィズス菌です。

この乳酸菌とビフィズス菌が、食べ物を分解することで腸の消化を助けてくれます。この食べ物の分解が「発酵」です。

「悪玉菌」が腸に及ぼす影響とは

この善玉菌に対して、悪玉菌は食べ物を分解することで有害な物質を生み出します。
善玉菌の「発酵」に対して、悪玉菌は「腐敗」です。悪玉菌の代表といえば、大腸菌やウェルシュ菌と言われています。この悪玉菌が食べ物を分解すると、有毒な物質、ガスが生まれ、腸内が腐敗した「残飯のゴミ捨て場」のようになってしまいます。

発酵と腐敗 – 生命力を高める工夫

食事をするうえで大切なことは「腸と食べ物の相性」です。ですので、食べ物の内容によって、腸の消化は左右され、発酵か腐敗か、そのどちらかの環境に傾いているのです。

「発酵」は健康維持や老化防止といったプラスの方向に導いてくれて、消化吸収が円滑に進みます。滞ることなくスムーズに、生命力が高まる・・そんなイメージでしょうか。
それは人間にとって、とてもよい状態です。逆に「腐敗」は、炎症を起こしたり、細菌毒素を生み出したり、代謝を滞らせたりすることで、様々な病気の引き金、原因となります。結果的には、老化促進や健康阻害に繋がるのです。

いつも腸内がこのように「腐敗した状態」だと、バイタリティ(生命力)そのものが低下してしまい、感情も不安定になるはずですよね。

腸を元気にすることで、心も元気に

現代人は、腸と相性の悪いものを多く食べていますから、腸に負担のかかるものを取り入れ、それがストレスとなり腸は悲鳴を上げ続けることになるわけです。つまりは、腸を酷使し続けているのです。
お腹が汚れていると感情も乱れますから、腸と相性がいい食べ物、腸を元気にするものを食べましょう。

相性がいい食べ物は、野菜、特に根菜類がいいです。ごはん、発酵食品、納豆や味噌など。相性の悪い食べ物は、肉類、パン、それとお菓子や清涼飲料水などです。
皆さんも、腸を元気にする食べ物を取り入れて、腸内環境を整え、そして、心も整えていきましょう。


乳酸菌サプリメント