生きた乳酸菌には、

  • 腸内の善玉菌を活性化
  • 腸内粘膜のバリアを強くする
  • 排便を促す
  • 体の抵抗力を高める
  • アレルギー軽減
  • ストレス緩和
などの効果が期待できます。

もし、乳酸菌が生きたまま腸に届いて腸内粘膜に張り付けば、そのまま善玉菌として生きて行くでしょうし、そうすれば乳酸菌の効果が長く得られます。

でも、乳酸菌はほとんどが胃酸に弱く、腸に届くまでに死んでしまうのです。

ですから、胃酸に負けず、腸内で生きていく可能性の高い乳酸菌を選びましょう。

サプリメント

腸まで届くおすすめの乳酸菌は?

クレモリス菌FC株がおすすめです。

この菌の最大の特徴は「EPS」と呼ばれる粘り成分。クレモリス菌FC株は、EPSがあるおかげで、胃酸に強くて、分解・吸収されずに腸まで届くのです。

また、他にも...

クレモリス菌FC株の粘り成分で免疫力をアップ?!

EPSは、免疫細胞を活性化する力が強いんです。

フジッコ株式会社が行った研究をご紹介しましょう。

カスピ海ヨーグルトから精製した粘り成分(EPS)を用いて、免疫細胞を活性化する作用があるかどうかを評価しました。

粘り成分(EPS)は免疫細胞を活性化して、サイトカインとよばれる生理活性物質の生成を誘導する作用があることがわかりました。

出典:カスピ海ヨーグルト研究会

サイトカインというのは、免疫細胞と免疫細胞の間で情報をやりとりする上で、欠かせない物質です。サイトカインが増えたという事は、免疫細胞も活性化していると考えられるのです。

クレモリス菌FC株に整腸作用?!

私たちの腸内にいる善玉菌は加齢とともに減少してしまいます。また、年を取ると、食生活が変わったり、運動不足になりますよね?そうすると便秘になりやすくなるんです。

ここで、またフジッコ株式会社の研究をご紹介します。

健康な高齢者70名を対象にクレモリス菌FC株を含むカスピ海ヨーグルトを一日150gずつ1ヶ月間摂取していただき、ビフィズス菌の菌数や排便回数や排便量、排便後の感覚などの排便状況が改善されるかどうか調べました。

カスピ海ヨーグルトを摂取すると、排便量、排便回数、排便日数が増え、便の形状や色、排便後のスッキリ感が改善されました(図1)。また、糞便中のビフィズス菌の割合が増え、アンモニア量が減ることがわかりました(図2)。

出典:カスピ海ヨーグルト研究会

便中のアンモニア量が減ったというのは、腸内にビフィズス菌が増えて悪玉菌が排除されたので、腸内が弱酸性になったと言う事を示しています。

クレモリス菌FC株の効果は他にも?!

クレモリス菌FC株には、免疫力アップや、整腸作用のほかにも、アレルギー症状を緩和させる効果もあります。

また、マウスを使った実験ですが、食後の血糖値の上昇をゆるやかにしたり、中性脂肪を減らして善玉コレステロールを増加させることも分かっています。

さらに、これもマウスでの実験ですが、アトピー性皮膚炎の症状を緩和したり、ストレスによって低下した肌機能(水分保持など)を改善することも分かっているのです。

最後の肌機能を見た実験では、他の乳酸菌に比べてダントツで効果がありますので、私たち人間にも効果が期待できるでしょう。

クレモリス菌FC株が含まれるサプリは?!

粘り成分EPSの、独特のとろり感を楽しむならカスピ海ヨーグルトも良いですね。

でも、おすすめは、フジッコの善玉菌のチカラです。

粘り成分EPSが乳酸菌を腸まで生きたまま届けてくれますが、サプリだとさらにカプセルなどで乳酸菌を守っているので、生きたまま腸に届く確率がグンと上がりますよ。また、1粒でたくさんの乳酸菌を摂る事ができるのも魅力の一つですね。


乳酸菌サプリメント