しっかり洗顔しているのに、頻繁にニキビや吹き出物ができるという事はありませんか?
そんなあなたは、もしかすると便秘でも悩んでいませんか?

もしかすると、そのニキビや吹き出物の原因は、腸が汚れているせいかもしれません。腸と、ニキビや吹き出物。全く関係がなさそうに思えますよね。
しかし、よく調べてみると腸と肌の状態は、とっても関係が深いのです。

考える女性

肌の質と腸内環境。一見、全く関係なさそうに見えるが、実は深い関係性がある。

腸が汚れるとニキビが出来る?

実は、腸は汚れやすい内臓と考えられます。腸が汚れてしまうと、その影響はお肌にも及ぶのです。

便秘とは、便が腸に詰まった状態のことです。便秘が続いている状態では、便が腐敗し、有害物質が発生します。この有害物質は、悪玉菌(悪い働きをする菌)が、腸内で食べ物のカスを腐敗させることで産生しているのです。

この有害物質が血液に侵入して、全身を巡り、毛穴から排出されると肌が荒れてしまうのです。

便秘が続く。

yajirusi_sita_S2

腸の中に有害物質が発生する。

yajirusi_sita_S2

有害物質が血液に侵入し、肌に悪影響を与える。

汚れた腸の中では悪玉菌が繁殖していきます。
便秘が長引くほど、悪玉菌はどんどん繁殖し、さらに有害物質は増えていきます。腸はますます汚れていき、まさに悪循環です。

このような状態では、ニキビや吹き出物の悪化も深刻になっていきます。肌の質を根本から改善したいのなら、直接肌に働きかけるだけではなく、日頃から腸内環境を改善するためのケアが必要です。

お腹

肌質が綺麗な人ほど、体質や腸内環境にまで気を遣っている。 

腸を綺麗にしてニキビを治そう!

腸を綺麗にするためには、悪玉菌を排除して善玉菌(良い働きをする菌)を増やす必要があります。
便秘の原因の多くは、腸内環境に問題があります。善玉菌が増えることによって、便秘の予防や改善にも効果的です。

善玉菌を増やすためにできることは、いくつか考えられます。

  • 悪玉菌の好物である、高脂肪・高タンパクの食事は控えましょう。
  • なるべく毎日、1日30分でも良いので運動をしましょう。
さらに効果的に腸を綺麗にするためには、

  • 良質な善玉菌を、継続的に摂取し続ける。
善玉菌を「生きたまま」腸まで届ければ、腸内の善玉菌が増え、悪玉菌を排除してくれます。

善玉菌を生きたまま腸に届けるには?

善玉菌というのは、具体的にはビフィズス菌などを含む乳酸菌です。ですから、日頃から乳酸菌を摂取するように心がけるのが良いでしょう。
ただし、乳酸菌ならなんでもいいという訳ではありません。最近では一般的にも知られるようになってきましたが、ほとんどの乳酸菌は胃酸で死んでしまい、生きたまま腸まで届かないのです。

ですから、腸まで生きたまま届く確率の高い善玉菌を選ぶことが大切です。最近では、高い確率で良質な乳酸菌を腸まで届ける「サプリメント」も発売されています。

乳酸菌でニキビが改善した例

実際に、乳酸菌を摂取し続けたことで肌質が改善したという例を掲載しておきます。

もし、自分の肌の状態があまり良くないと感じる方は、継続的に乳酸菌を摂るようにしてみてください。


乳酸菌サプリメント