誰でもいつまでも健康でいたいと思いますよね?

健康であり続けるためには腸をきれいにしておくことが大切なんです。
腸内環境

腸は、消化や吸収だけでなく排泄も行う働き者。

でも、腸が汚れると消化や吸収が上手く出来ません。また、その汚れによって腸の運動が弱まり、排泄も上手く出来なくなるんです。
そして、やがては全身に影響が及びます。

消化や吸収が上手く出来ないと..

いくら食べても栄養が吸収出来ず、体は必要な成分が足りない

体内の筋肉や細胞の成分を切り崩して使い始める

排泄が上手く出来ないと..

腸内に有害な物質が溜まり、やがて全身を汚染する

このような事になっては大変です!

そこで、毎日出来る、簡単な「腸をきれいにする6つの習慣」をご紹介しましょう。

6つの習慣で腸きれい!

6つはちょっと多いなぁと思われたかもしれませんね。
でも、簡単ですから大丈夫。順番にご紹介していきますね。

1.ネバネバ野菜を食べる

ネバネバの正体はムチンとペクチン。

ムチン

  • タンパク質の消化・吸収を助け、代謝を高める。
  • 胃腸の粘膜を守る。

ペクチン

  • 食物繊維の1種。
  • 整腸作用や腸内の善玉菌を増やす。
オクラ・モロヘイヤ・レンコン等を食べましょう。

2.果物を食べる

おやつはお菓子を食べるという人は多いでしょう。
毎日でなくても構いません。お菓子を果物に変えてみませんか?

お菓子が腸に良くないという理由もありますが、何よりも果物は腸をきれいにする成分が多く含まれているのです。

特に、リンゴやバナナは毎日でも食べたい果物です。

リンゴ

  • ペクチンが多く含まれている。

バナナ

  • 多く含まれるオリゴ糖は腸内の善玉菌の大好物。
バナナを1日1本食べるだけでも、便秘の予防になるでしょう。

3.漬け物を漬ける

次に毎日食べて頂きたいのが漬け物です。

漬け物には乳酸菌と食物繊維が含まれていますから、腸内の善玉菌を増やすのにうってつけなのです。

でも、市販の漬け物は殺菌されているので生きた乳酸菌が含まれません。そこで、ご自分で漬けてみませんか?
漬けてみたい人は→コチラ

漬けるのはちょっと...という人はサプリで補っても良いかもしれませんね。
おすすめ乳酸菌サプリ

4.朝起きてすぐ水を飲み、太陽の光を浴びる

えっ?と疑問に感じたかもしれませんね。

でも、朝起きてすぐ水を飲むと、腸を軽く刺激して排便を促すんです。朝、排便する習慣をつけると腸をきれいな状態に保てますよ。

また、腸の排泄運動をコントロールしているのは自律神経です。朝起きて、太陽の光を浴びる事で自律神経のリズムが整うので、腸の運動も活発になるんです。

女性

5.散歩と腹筋

きれいな腸を作るには運動は欠かせません。

「運動はしたくないなぁ...」という人も多いでしょう。
でも、食後に散歩をするだけならできそうじゃありませんか?公園や海など景色の良い所を歩くと気持ちが良くで、ストレス発散にもなりますね。

腹筋は、加齢や運動不足で衰えます。腹筋が衰えると排泄する力も衰えてしまいますので、少しだけでも腹筋をしてみましょう。

6.お風呂に浸かる

特に夏は、シャワーしか浴びないという人が多いかもしれません。でも、お風呂に浸かると腸が温められ、排便が促されますよ。

その時、お腹を揉んであげると、いっそう効果的です。少しだけでも毎日湯船に浸かりましょう。


乳酸菌サプリメント