腸をきれいにする薬はあるの?

あなたは、腸をきれいにしたいと考えたことはありますか?便秘やガスが溜まるといった症状が出ないようにするためには、常に腸をきれいに保っておくことが大切ですよね。

とにかく今すぐに、きれいにしたいということであれば、浣腸や下剤・便秘薬等が良いでしょう。下剤や便秘薬には、たくさんの種類があります。含有される成分も違います。習慣性がある薬や副作用の強い薬もありますから注意が必要です。

下剤や便秘薬に慣れてしまうと、薬が効かなくなり便秘が悪化させてしまうこともあります。浣腸も、慣れてしまうと効果が出にくくなることがあるのです。

また、センナやアロエ等が含有されている薬がありますが、一見すると自然由来で体に良さそうですね。しかし、たくさん服用したり長い期間服用すると、腸の中が真っ黒になる事もあります。ですから、下剤や便秘薬を使う際には、説明書きをしっかり読み、服用のルールを守りましょう。

これらの薬を一時的に利用されるのは良いと思いますが、長期間利用されるのはおすすめできません。
それよりも、根本的な対処方法として、腸をきれいにする食品を意識して食べるようにする事が大事です。

お腹と免疫力

腸をきれいにする食品を食べよう!

もちろん、いろいろな食べ物のバランスも大事です。バランスを意識した上で、腸をきれいにする乳酸菌食物繊維クロロフィル等を含む食品を食べましょう。

あなたも、乳酸菌はご存知かと思います。乳酸菌は善玉菌を増加させ、腸内をきれいに保ちます。善玉菌は、腸の排泄活動を活性化します。乳酸菌を含む食品を食べ続けると、さらに腸がきれいになるのです。

食物繊維も、身近な成分ですよね。食物繊維には、以下のような効果が得られます。

  • 便を柔らかくして排泄を促す
  • 腸内の老廃物や有害物質の排泄
  • 大腸内を弱酸性に保ち善玉菌を増やす
という働きがあります。ですから、腸を掃除する効果が高い成分です。
ただし、食物繊維は少し厄介者です。その理由は、細胞が固いので、基本的には吸収されません。

食物繊維を吸収出来るように分解するのは、善玉菌です。ですから、乳酸菌を含む食品と一緒に食べると良いでしょう。
また、食物繊維には不溶性水溶性があり、この2つをバランス良く摂ることが大事です。不溶性の方に偏ると、便秘になりやすくなってしまいます。
ですので、2つがバランス良く含まれる、海藻や納豆を意識して食べるのが良いでしょう。

クロロフィルは、聞いたことが無いという方もいらっしゃるかもしれません。クロロフィルはデトックス効果が高い成分です。特に小腸の有害物質を排出します。ピーマンやほうれん草が、多く含有しています。
これらの成分をうまく組み合わせて毎日食べると良いでしょう。例えば、乳酸菌を含むキムチと、食物繊維を含むワカメを混ぜたサラダはどうでしょうか?

私も良く食べますが、美味しいので是非食べてみて下さい。アイデア次第では、様々なレシピが思い浮かびますね。


乳酸菌サプリメント