よく「腸内環境を改善して免疫力を高めましょう!といった広告コピーを見ますが、さて、なぜ腸内環境が改善されると免疫力が高まるのでしょうか?

免疫力を高めるということは、イコール自己治癒力を高めるということです。これは本来人間がもともと持っている、病気などから身を守るためのものです。
インフルエンザが流行る時期、感染した人と同じ環境にいても、インフルエンザにかからない人がいたりします。それは、その人が持っている免疫力が高いということですね。そして、その免疫細胞の7割は、意外にも腸内で作られているのです。

腸とお腹

腸は外部とのつながりが密接で、外から入ってきた食物などの栄養素や、ウィルスや細菌・カビなどの有害物質などを含め、腸内へ取り込まれて、消化・吸収・排泄されます。

また、それだけではなく、免疫器官としての重要な役割も担っています。乳酸菌などの善玉菌が腸内に増えることで酵素を作り出し、それによって免疫が活性化されるのです。
では、善玉菌が減って悪玉菌が増えるとどうなるのか?発がん性物質などの有害物質を作り出し、腸から吸収されて血液で全身に運ばれます。腸ガンになると、転移が早いのもそのためです。

便秘になると顔に吹出物ができたり、疲労感や肩コリなどの症状が出たりしますが、これも腸が外部と密接に関係しているからですね。便秘は腸内で古い便(宿便)がたまっている状態ですが、そこはまさに悪玉菌の巣となっているのです。
そこで、善玉菌の働きが重要になってくるのです。善玉菌を増やして腸内環境を良くすることで、免疫細胞が活性化されて、免疫力が高まるというわけです。

免疫力が下がる要因は?

免疫力が下がる主な要因としては、以下のようなことが考えられます。

  • 過労やストレス、精神的ショックによるフリーラジカル(悪玉活性酸素)の発生
  • 体の冷え、栄養摂取の偏りによる細胞内解毒力の低下
  • 加齢による免疫力の低下

では、こうした免疫力の低下を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?ここで登場するのが、近年注目されている「予防医学」というわけですね。
そもそも予防医学とは、免疫力を高めることで病気にかからない体質を作ることにあります。そのためには、体に必要なものを取り入れることが重要なんです。

この予防医学という観点から考えても、腸内環境を改善して免疫力を高めるということは、非常に重要で意味のあることになってきます。

生きた乳酸菌で毒素を排出!デトックス効果

私がなぜ手作りにこだわるのか?それは、市販品には大量の添加物が含まれているからです。
スーパーなどで売られている乳酸菌飲料などを買えば、確かに手軽で手っ取り早いですよね。しかし、裏に表示されている内容を見ると、大半が砂糖と添加物だらけ…
しかも、日本は食品表示の規制が緩いので、表示されていない添加物も入っている可能性も大いにありますね。
現在では、あらゆる場所で添加物まみれの食品が売られていますが、なぜ添加物がそんなに悪いのかというと、添加物は毒素を生み出す原因になるからです。

添加物ばかり入った食品を取り過ぎると、消化するのに時間がかかるため、消化酵素を使いすぎ、酵素不足になってしまいます。添加物に、よく保存剤と書いてありますが、これが人の内蔵の中に入ることで、その殺菌力で善玉菌をどんどん殺してしまい、結果的に悪玉菌が大量に発生することになってしまいます。
なんだか怖い話ですね…

逆に、昔から家でおばあちゃんが手作りで作ってきた自家製の味噌や梅干しなどには、生きた乳酸菌がたっぷり入っています。
そういう菌の生態系がしっかりとできている発酵食品は、きちんと手入れをすれば、延々と腐敗しないものなんです。自家製の味噌や梅干しに、保存剤を入れるなんて聞いたことないですよね?

その点、市販品のものは保存剤でいったん無菌状態になって、薬品の効力が消えたとたんに、腐敗菌に侵され、あっという間に腐り始めます。だから、「消費期限」が必要なんですね。

善玉菌を増やす方法

腸内の善玉菌を増やすためには、食べ物から乳酸菌の多いものを摂ることと、善玉菌の栄養となるものを摂り込むことです。

食べ物では発酵食品、乳酸菌食品。ヨーグルトやキムチ、チーズ、納豆、味噌、漬け物などがあります。善玉菌の栄養となるのは、オリゴ糖や食物繊維です。
昔から日本で食べられていた、玄米にお味噌汁、漬け物、納豆などは、まさに善玉菌を増やす食べ物ばかりですね。日本の伝統食には、暮らしの知恵が生きているんですね。

生きた乳酸菌たっぷりの漬け物で毒素を排出!

乳酸菌などの善玉菌は、生きて腸まで届いても、そこで定着はしません。ですから、毎日の食事で取り入れるのが理想的です。そこで、常備菜として、あると便利な漬け物を作っておくのがおすすめです。

野菜の漬け物には、糠漬け、キムチ、白菜の漬け物など色々ありますね。せっかくなので、ここでは豆乳ヨーグルトを使って簡単にできる漬け物をご紹介したいと思います。
豆乳ヨーグルトは、前回の記事で詳しく説明したように、おうちで簡単に、手間もかからずに作ることができます。しかも、植物性乳酸菌がたっぷり含まれているので、まさに理想的な食べ物です。

自宅で簡単!豆乳ヨーグルトの作り方

この豆乳ヨーグルトを使って、即席の味噌漬けが、手軽に作れます。

豆乳ヨーグルトで味噌漬け

豆乳ヨーグルト 即席味噌漬け(材料)

  • 野菜(キュウリ、人参、大根など旬のものがおすすめ)
  • 豆乳ヨーグルト
  • 味噌
  1. 野菜を一口大に切る
  2. 味噌と豆乳ヨーグルトを同量で混ぜる
  3. 容器に野菜を入れて、2を野菜が隠れるくらい上からかけて入れる
  4. 冷蔵庫で一晩置く

野菜を取り出して、洗って食べてもいいですし、味噌がついたままでも美味しいです。

豆乳ヨーグルトで味噌漬け

豆乳ヨーグルトで味噌漬け

翌日から食べれますが、そのまま何日か置いておくと、しっかり漬かった味になります。
漬け終わった味噌は、ドレッシングに混ぜたり、野菜スティックなどのディップとしても使えます。

野菜の漬け物には、細胞内の老廃物を除去する働きがあるので、デトックス効果も期待できる優れものです。
植物性の発酵食品は免疫力を高める効果があるので、毎日の食事に取り入れたいですね。


乳酸菌サプリメント