旅行に行くと、必ず便秘になるという人は多いのではないでしょうか?
これでは現地の美味しいグルメも十分楽しめませんよね。

女性そんなあなたに、とっておきの対処法を教えちゃいます。

旅先で便秘になる2つの理由と対処法

旅先で便秘になってしまう理由は2つ考えられます。

  • 環境の変化が自律神経を緊張させる
  • 水分が不足している
詳しく見ていきましょう。

旅先で便秘になるのは自律神経の緊張?!

日常を忘れられるのも旅行の魅力の1つですよね。でも、楽しい反面、気付いていないところで疲れているかもしれません。

例えば、

  • 寝る場所
  • トイレ
  • 食事内容
食事内容なんかは、楽しみの1つでもあるでしょうし、疲れるなんてウソでしょ?!と思われることでしょう。

でも、意外と関係あるんです。環境の変化は、自分では気付いていなくても、自律神経を緊張させます。自律神経が緊張すると腸も緊張して、排便運動が起きづらくなるんです。そうすると便秘になりやすくなるでしょう。

自律神経と腸の関係を詳しく知りたい人はこちら

寝る場所の変化

ふとんや枕が変わるとあまり眠れないと言う人もたくさんいますよね?
それは、睡眠のリズムが自律神経と大きく関わっているからなんです。自律神経が緊張すると、質の良い睡眠を十分取ることができません。

腸は、夜の10時から夜中の2時くらいに一番よく働いていて、その時に排便のための準備をしています。でも、よく眠れていないと、朝起きるはずの便意が起きなくなってしまうでしょう。

旅先にMy枕を持っていくという人も増えていますね。Myパジャマを持っていくなど、普段寝る時の環境と近づけると良いかもしれませんよ。

suimin

トイレの変化

家のトイレじゃないと...と言う人も多いでしょう。また旅先では、観光や遊びに夢中で、なかなかトイレに行かないと言う事もあるかもしれませんね。

でも、便意があるのに我慢するのはよくありません。我慢を続けていると、だんだん便意を感じにくくなって便秘を招くのです。

便意が無くても、朝トイレに行くようにしましょう。また、トイレがある場所を把握しておくのも良いですね。

食事内容の変化

旅先での食事は、当然すべて外食ですね。1日3食以外に、途中でカフェに入ったり、お土産物屋さんで試食したり、ついつい食べ過ぎてしまうものです。

でも、日頃と違う量・内容の食事に、腸は戸惑っているんです。腸に負担がかかると、腸の働きが弱まって便秘を引き起こしやすくなるでしょう。

そうは言っても、旅先での食事は楽しみの1つ。気を付けるというのは難しいですよね。

食事

だったらサプリはどうでしょう。乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維等が入ったサプリなら腸に良く働きますし、旅先にも持って行きやすいですよ。

おすすめのサプリはこちら

旅先で便秘になるのは水分不足?!

日頃は気を付けていても、旅先ではつい水分補給を忘れてしまうかもしれません。特に、海外には自動販売機があまりありませんし、お店が開いている時間が日本と違っていたり、ワインより水の方が高かったり...。気軽に水が飲めないことも多いですね。ましてや乾燥した地域を旅するとビックリするくらいノドが乾きます。

飲みたい時にいつでも飲めるように、事前にミネラルウォーターを買ってバッグの中に入れておくと良いでしょう。バッグが重たくなるのが難点ですが...


乳酸菌サプリメント