消化酵素を多く含む食品は?

消化酵素とは、消化に使われる酵素です。体内でも分泌されていますが、食品からも摂るべきでしょう。消化酵素を多く含む食品は、主に果物と野菜です。キャベツ、大根、かいわれ大根などがあります。
強い消化酵素を含む食品には、パイナップル、キューイ、パパイヤ、イチゴなどがあります。また、納豆、味噌、漬物などの、発酵食品にも多く含まれています。

野菜

酵素の種類にはどんなものがある?

酵素には、体内で作られる潜在酵素と、食べ物に含まれる食物酵素があります。潜在酵素は、消化酵素と代謝酵素に分けられます。消化酵素は、食べ物の消化分解に働きます。
代謝酵素は、吸収された栄養を体の様々な細胞に運搬することや、毒素の排出、病気を治す作用、免疫力を高める効果などの働きをします。

消化酵素の種類

消化酵素は、わたしたちが食べたものを分解するのに必要です。分解される栄養素によって、炭水化物分解酵素タンパク質分解酵素脂肪分分解酵素などに分けられます。
体内で消化酵素が分泌されるのは、口と胃とすい臓と腸です。例えば、唾液には、アミラーゼという消化酵素が含まれています。胃液にはペプシンなどが含まれています。

体内の消化酵素には限りがあるので、食べ物に含まれた消化酵素で補う必要があるという説があります

消化酵素を摂取することのメリット

消化酵素に含まれる食品を摂取することによって、体内の消化酵素の働きを助けることができます。
消化・吸収がスムーズに出来るので、腸の負担が軽減されます。腸内を綺麗にする効果があるので、便秘解消にも繋がるでしょう。また、発酵食品に多く含まれる脂肪分解酵素は、ダイエットにも効果的です。

消化酵素の含まれる食品は生で食べましょう

消化酵素の含まれる食品は、生で食べると良いでしょう。消化酵素は熱に非常に弱いのです。加熱するとすぐに壊れてしまいます。
野菜やくだものをフレッシュジュースにして飲むことをおすすめします。

さらにおすすめしたいのが、皮ごとすりおろすことです。すりおろすことで、野菜やくだものの細胞が壊れ、消化・吸収しやすくなります。さらに、食物酵素も細胞の外に出て活発に働きます。
よく、野菜や果物の皮に栄養があると聞きますよね?同じように、消化酵素も皮付近に多く含まれます。

大根おろしは、食べる機会が多いかと思いますが、他の野菜やくだものも、是非すりおろして食べてみてください。すりおろすのが面倒な方や、時間のない方はスムージーにすると良いでしょう。皮ごと、粉々にしてくれるジューサーが販売されていますので、お試しください。


乳酸菌サプリメント