食物繊維入りサプリメントは便秘に効果的?

あなたが食物繊維サプリに期待するのは、便秘への効果でしょうか?確かに食物繊維は便秘改善効果高血圧予防といった効果があるでしょう。しかし食物繊維には少し厄介な特徴があり、サプリメントを選ぶ時は気をつけるべき事があります。

実は、食物繊維ならばどれでも良いというわけではないのです。

野菜

食物繊維を選ぶ時に気をつけるべき2つの事

1つ目は、食物繊維の種類によって効果が違うという事です。食物繊維の大きな特徴の1つですが、それぞれ違う効果があるのです。2つ目は、食物繊維は私達の腸では分解出来ないという事です。食物繊維は腸内の有用菌が分解しています。

ですから、便秘で腸内細菌のバランスが乱れていると分解が上手く出来ないのです。この2つについて詳細に説明していきますね。

食物繊維は、種類によって効果が違う!

食物繊維というのは「人の消化酵素では分解されない、難消化性成分の総称」の事です。そして、その中には多くの種類があります。種類と効果について、一部ご紹介しますね。

まず、食物繊維には、大きく分けて不溶性水溶性に分かれています。水に溶けるか溶けないか?という違いです。

[不溶性食物繊維]

  • リグニン
    大根やごぼうといった根菜に含まれます。ほとんど吸収されず、食後の血糖値の上昇を緩やかにするでしょう。また、腹持ちが良いのでダイエットに効果的です。
  • セルロース
    玄米やライ麦といった穀類の外皮に含まれます。消化・吸収されないまま腸内を移動し、有害物質を吸着します。また、便の量を増加、腸を刺激する等の効果で、排便を促します。
  • β−グルカン
    きのこ類に含まれます。免疫力向上やガン予防が期待出来ます。

 

[水溶性食物繊維]

  • ペクチン
    りんごや桃といった果物に含まれます。腸内の乳酸菌を増やし有害物質を排出する作用があります。
  • グルコマンナン
    こんにゃくに含まれます。食べた物を胃で包み込み消化・吸収を穏やかにしたり、有害物質を取り込んで排出します。
  • アルギン酸
    わかめや昆布といった海藻類に含まれます。余分なコレステロールを排出します。

このように、種類によって効果は違うのです。ですから、あなたが求める効果を持つ食物繊維サプリを選ぶようにしましょう。

食物繊維は、私達の腸では分解出来ない

便秘等で、腸内細菌のバランスが乱れている状態では、有害菌が増えている可能性が高く、食物繊維の量を増やすと逆に便秘が悪化する可能性もあります。
上述しましたが、食物繊維を分解するのは腸内細菌です。有用菌は食物繊維を発酵させ、消化・吸収をしやすくしてくれます。

有害菌も発酵を行いますが、同時に悪いガスや毒素を産生します。これらのガスや毒素が、腸の働きを弱める事によって便秘が悪化する可能性があります。ですから、便秘で食物繊維サプリを考えているならば、まずは腸内細菌のバランスを整えてからにしましょう。

まず、腸内細菌のバランスを整える


乳酸菌サプリメント