お腹を押さえる女性

食後にお腹がゴロゴロ鳴る時ってありますよね?
あまりに音が大きくて、恥ずかしかったという経験がある人も多いでしょう。

ゴロゴロの正体は、消化された食べ物の残りかすや便を運ぶための「蠕動(ぜんどう)運動」です。
この運動が起きている時に、消化された食べ物の残りかすに、ガスや空気が混入すると音が鳴るのです。

音が大きい人は、このガスが多いのかもしれません。

お腹の中にガスが多いのはどうして?

そもそも、どうしてお腹にガスが溜まるのでしょう?

お腹のガスの原因

  • ストレス
  • 空気を飲み込み過ぎる食事、食べ方
  • おならの我慢
原因の一つはストレスです。ストレスで、空気を飲み込み過ぎているのです。でも、意外と自分では気付いていなかったりします。
また、炭酸飲料の飲み過ぎや、早食いなどもガスが溜まる原因になります。それから、おならの我慢も、もちろんよくありません。

実は、お腹にガスが溜まっている人には同じような傾向が見られます。それは、腸の汚れです。

お腹のガスは腸の汚れが原因?

腸内環境の悪化

便秘や下痢気味の人の腸は、悪玉菌(悪い働きをする菌)がはびこっています。

悪玉菌は、消化された食べ物の残りかすを腐敗させて、有害物質と有害ガスを発生させます。このような悪玉菌の多い腸では、有害物質有害ガスも増えてしまいます。
この有害物質や有害ガスが、腸内を汚すのです。

このまま放置し続けると病気に繋がってしまいますから、早いうちに腸を綺麗にしましょう。

腸を綺麗にして悪玉菌を追い払おう!

腸内環境

腸を綺麗にするのにおすすめな、3つの物があります。
それは、食物繊維・オリゴ糖・乳酸菌です。

食物繊維

腸を綺麗にするには食物繊維が欠かせません。腸内の有害物質を吸着して便と一緒に排出してくれます。
また、腸内の善玉菌(良い働きをする菌)の栄養源となり、数を増やします。

食物繊維が多く含まれている食品は、

  • 野菜
  • 海藻
  • 果物
  • 穀物
  • 納豆
  • 豆類
  • いも類
ただし、食物繊維の摂り過ぎはいけません。
私たちの体では食物繊維を分解できず、腸内細菌しか分解できないうえ、水分を吸収しながら腸内をゆっくり移動するので、摂り過ぎると便秘の原因になってしまうんです。

オリゴ糖

オリゴ糖は、善玉菌の大好物。ですから、善玉菌が増加します。
最近では、オリゴ糖はスーパーなどでも売られています。砂糖の代わりに使うと良いでしょう。

  • 大豆
  • 蜂蜜
  • バナナ
  • たまねぎ
  • ごぼう
これらの食材にもオリゴ糖が多く含まれています。

ただし、オリゴ糖を摂り過ぎると下痢や腹痛の原因にもなりますから、注意しましょう。
厚生労働省では、1日当たり2g~10gが適量とされています。

乳酸菌

腸内の善玉菌は、ビフィズス菌やラクトバチルス属などの乳酸菌です。ですから、生きた乳酸菌を摂取すると、そのまま腸内に生息する事があるんです。
また、乳酸菌の作り出す乳酸によって、悪玉菌が逃げ出します。

乳酸菌が含まれている食品は、

  • ヨーグルト
  • 乳酸菌飲料
  • 漬物
  • ぬか漬け
  • キムチ
  • 味噌
  • 醤油
  • 日本酒
  • ワイン
ただし、ヨーグルトは脂肪分、乳酸菌飲料は糖分、漬物などの発酵食品は塩分、酒類はアルコールが含まれています。どれも摂り過ぎは良くありません。

3つを同時に摂取すると、より効果的!

3つを同時に摂取すると、腸内の善玉菌を増やしつつ、新たに善玉菌を送り込む事ができます。さらに、送り込まれた乳酸菌も、食物繊維とオリゴ糖を食べて元気になります。

3つを同時に食事で補うのは大変ですが、サプリメントなどをうまく活用すると便利です。これら3つが配合されたサプリメントも販売されています。

 


乳酸菌サプリメント