お腹

食べ過ぎたわけでもないのに、食後にお腹がぽっこり。。こんな経験はありませんか?

食後にお腹が出てしまう。どうにかしたいと思っている方って多いのではないでしょうか。

それにしても、なぜ食後にお腹が出るのでしょうか。
それには、2つの理由が考えられます。

食後にお腹が出てしまう、2つの理由

食後のぽっこりの状態を思い出してみてください。

お腹が張った感じや苦しい感じがしますか?その場合、原因として考えられるのは、「ガス」です。そうでない場合は、「内臓下垂」かもしれません。

食後にお腹が出るのはガスのせい?

お腹を押さえる女性

食事をすれば、誰だってガスが出ます。通常、正常な状態だと自然に排出されてしまうのですが、そうでない場合があるのです。
ガスが溜まり過ぎた状態が、ぽっこりお腹の正体です。

その理由は、大きく分けて3つあります。

ガスが溜まる理由

  1. 空気の飲み込み過ぎ
  2. オナラの我慢
  3. 食生活
でも、だからと言って心配はいりません。それぞれに合った対策をご紹介しましょう。

空気を飲み込み過ぎてしまう原因と対策

私たちは、呼吸以外にも食事や飲み物を飲む時に、無意識に空気を吸い込んでいます。
特に、早食いの人は要注意!

食べ物と一緒に飲み込む空気の量が増えてしまうのです。
また、早食いするということは、よく噛まずに飲み込んでいるということですよね。そうすると、消化に時間がかかってしまい、腸内で食べカスが発酵してガスが発生してしまいます。

また、ストレスが原因で、無意識に空気を飲み込み過ぎてしまう人がいます。緊張して生唾をゴクリ。これって、生唾と一緒に空気を飲み込んでいるんです。
自分はそうではない..という人も、要注意です。

対策

  • 食事はゆっくり、よく噛んで食べましょう。
    よく噛まないとお腹のガスは解消されませんよ。
  • ストレスを感じた時は、深呼吸をしましょう。
    この時、空気を出すイメージでやるのが効果的ですよ。

「オナラの我慢」の対策方法

お腹が痛い

仕事中や外出先などでは、オナラを我慢してしまいますよね。

でも、オナラを我慢し続けると、腸内に溜まったガスが腸の働きを弱めてしまうんです。そうすると、ますますガスが排出されにくくなってしまうんですよ。

対策

  • 家にいる時に、お腹をマッサージしてガスを排出しましょう。
    朝・晩にお腹を温めながら行うとより効果的ですよ。

食生活でガスが溜まる原因と対策

食事

脂っこい食事やお菓子って、ついつい手が伸びてしまいますよね。
でも、これも危険なのです。

悪玉菌(悪い働きをする菌)という言葉を聞いたことがあると思います。
脂っこい食事やお菓子などの高たんぱく・高脂肪な食事は、悪玉菌も大好物なのです。ですので、このような食事を多く摂っていると、悪玉菌はものすごく繁殖してしまうのです。

また、腸の中にいる悪玉菌は、食べカスを腐敗させ、有害物質や有害ガスを作ります。そうすると、腸の働きが弱まって、有害物質や有害ガスを腸の外に排出することができなくなってしまいます。

対策

  • 悪玉菌の好物はなるべく減らして、善玉菌(良い働きをする菌)の好物である食物繊維を摂るようにしましょう。
    食物繊維が多い野菜や海藻、果物を多く摂れば、善玉菌が腸内環境を整えてくれて、ガスが溜まりにくくなります。
    ただし、食べ過ぎると食物繊維が腸内に溜まりますので、ほどほどに。
  • 乳酸菌を摂取しましょう。
    腸内の善玉菌はほとんどがビフィズス菌やラクトバチルス属の乳酸菌ですから、乳酸菌を摂れば効果的に善玉菌が増えます。
  • 乳酸菌を生きたまま腸に届けましょう。
    生きた乳酸菌でないと効果的に働いてくれません。ヨーグルトなどの乳製品もいいですが、乳酸菌がカプセル等で保護されているサプリメントがおすすめです。
    サプリメントなら、胃酸などにも負けず、乳酸菌が生きたまま腸に届くでしょう。

食後にお腹が出るのは内臓下垂?原因と対策

内臓下垂という言葉は聞き慣れない方が多いのではないでしょうか。胃下垂なら聞いた事があるんだけど.. という人は多いと思います。
実は、胃下垂も内蔵下垂の1つです。胃や腸など、内臓が全体的に下がることを内臓下垂と言います。

しかし、なぜ内臓が下がるのでしょうか?

内臓下垂の原因

  • 骨盤の歪み
  • 筋肉量の低下
上記のように、筋肉や骨盤に原因があると考えられています。
ですから、内臓下垂は腹筋や腰回りの筋トレと、骨盤矯正を継続して続けることで改善されます。

心当たりがあるという方は、骨盤矯正などのトレーニングについて調べてみると良いでしょう。


乳酸菌サプリメント