お腹を整える働きがあるとして有名な乳酸菌。その乳酸菌には、乳由来の「動物性」と植物由来の「植物性」の2つがあることはご存知ですか?

知りたい女性

植物性乳酸菌の方が効果的?!その理由は?

乳酸菌は、糖を分解して乳酸を産生する微生物のことです。

動物性と植物性の乳酸菌、何が違うの?

動物性と植物性の乳酸菌の違い

生息場所とその環境 植物性乳酸菌植物性乳酸菌 動物性乳酸菌動物性乳酸菌
どこに? 植物に由来するすべて ミルク
どんな糖と関係している? ブドウ糖・果糖・ショ糖・麦芽糖など多糖類多様 乳糖のみ
糖の濃度は影響する? 濃淡はまちまちでも生息できる 一定
栄養状態は影響する? 栄養が豊富ではない所やバランスが悪い所でも生息できる 栄養が豊富で、バランスがよい所
ほかの微生物と共存できる? さまざまな微生物と共存できる おおむね単独
食塩も影響する? 高濃度でも生息できる 生息できない

出典:healthクリック 乳酸菌

植物性の乳酸菌は、栄養状態の悪い状況や、塩分が多い過酷な状況でも生きることができる強い菌なんですね。また、他の微生物と共存することができるので、相乗効果による良い効果も期待できます。

動物性と植物性の乳酸菌、何があるの?

動物性の乳酸菌と言えば、ヨーグルトが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。他にもチーズや乳酸菌飲料がありますね。

動物性乳酸菌が含まれる食品

  • ヨーグルト
  • チーズ
  • クリームチーズ
  • バター
  • 乳酸菌飲料
  • 生ハム
  • アンチョビ
  • ニシンの塩漬け
  • 塩辛
  • くさや
  • 鮒寿司
では、植物性の乳酸菌は?例えば、味噌や醤油、日本酒。穀物の発酵には、乳酸菌が使われていることが多いのです。

植物性の乳酸菌から作られる発酵食品があるのは、何も日本だけではありません。世界中にたくさんの種類があるんですよ。

世界の植物性乳酸菌発酵食品

出典:カゴメ株式会社 世界の植物性乳酸菌発酵食品

このように、世界中で食べられている植物性乳酸菌。その効果には、大きく分けて3つの期待できる理由があります。

「極限環境」で育った植物性乳酸菌はタフ!

極限環境と聞くと、どんな環境を思い浮かべるでしょうか?

細菌の中には100℃を超えるお湯の中など、人間では決して生き続けることができないような、まさに極限環境に棲息している種もいます。また、凍結状態でもかなり長期間生き延びることができる細菌もいるんです。
良い菌と悪い菌同じように、植物性乳酸菌は極限環境で育ちます。塩分濃度の高い漬け物、これって十分過ぎるほど極限環境ですよね。このような所で育った植物性乳酸菌は、非常に「タフ」なんです。

乳酸菌には、便秘の解消に対する効果や、免疫活性など多くの効果が期待できます。でも、生きて腸に届かなければ、全く意味をなしません。乳酸菌を摂取しても、そのほとんどが腸に行く前に胃酸で死んでしまうのです。

また、せっかく腸に行く事が出来ても、弱い乳酸菌ではすぐに排出されてしまいます。でも、タフな植物性乳酸菌は、より長く腸内に棲息する期待が持てますね。

乳酸菌の腸で生き抜く力
乳酸菌の腸で生き抜く力

出典:カゴメ株式会社 乳酸菌の腸で生き抜く力

植物性乳酸菌は日本人の腸と相性が良い!

日本人が動物性乳酸菌を食べるようになったのは明治の中頃で、一般的になったのは戦後。それよりももっと古くから発酵食品を食べてきた日本人には、動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌の方が相性が良いと考えられています。
握手

日本人の多くは乳糖不耐症?!

牛乳を飲んだら下痢になる人は多いでしょう。そのような人は乳糖不耐症かもしれません。

牛乳やヨーグルトに含まれている乳糖。この乳糖を分解する酵素(ラクターゼ)を持っていない日本人が多いという事をご存知でしょうか?

1972年に日本人の乳糖不耐症者の割合を86%と報告した研究と79%と報告した研究がある。2003年に私たちが74名の若年女子集団を対象として行った調査では、82.4%が乳糖不耐症者であると判定された。

出典:農畜産業振興機構 牛乳摂取習慣と乳糖不耐症

別の方法で調べたところ、1998年に51.6%、1992年に94.7%が乳糖不耐症者であるとの報告がありました。いずれにしても日本人には乳糖不耐症の人が多いようですね。

また、別の研究では人種による違いが調べられていて、

アメリカの白人は成人となっても十分な乳糖分解活性を持っているが、日本人やタイ人は成人となると80%以上の人が乳糖不耐を示します。アフリカの黒人は3-4歳から活性の低下がみられ、成人ではほとんど活性が失われてしまいます。

しかし、アメリカに住む黒人は成人となっても活性の低下は少ないことから、食習慣によって変化することが分かります。現在の日本人は昔の人に比べ牛乳・乳製品を多く摂取しており、乳糖不耐も少なくなっているかもしれません。

出典:農畜産業振興機構 乳糖不耐症について

醤油や味噌、漬物で下痢をする人というはいませんよね?やはり日本人である私たちには、植物性乳酸菌の方が合っているのかもしれませんね。

植物性乳酸菌の方が免疫力が強い!

大塚製薬株式会社で行われた研究をご紹介しましょう。

のど、鼻、腸管など粘膜面に存在し、細菌などの侵入を阻止する生体防御成分・IgAを増加させる乳酸菌(L.plantarum b0240)を発見し、この度ヒト試験によりIgA産生量が増加したことを確認いたしました。

乳酸菌のTgA産生量の違い

出典:大塚製薬株式会社 乳酸菌のIgA産生量の違い

※IgAとは...
免疫グロブリンと言って、外から侵入して来た細菌や病原体を認識してつくられる抗体のこと。体内で抗体が作られると、次に同じ細菌や病原体が体内に入ってきたときに、すぐに攻撃して私たちの体を守ってくれます。
IgAの産生量は、動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌方がずば抜けて多いですね。

腸で生き抜く力が強くて、免疫力も上げる植物性乳酸菌を、ぜひ毎日の食事に取り入れましょう。


乳酸菌サプリメント