ヨーグルト

いつも私たちが口にしている、ヨーグルト。

ヨーグルトと言えば、なんとなく「腸に良さそう」というイメージがあります。お腹の調子が悪いなら、ヨーグルトなどで乳酸菌を摂取し、腸内環境を整える。そうした話はよく聞きます。

予防医学の重要性が高まる中、特にここ数年「腸内美化」「腸活」と言った言葉に注目が集まっています。
このような中、これまでのヨーグルトに含まれていた「乳酸菌」ではなく、「植物性乳酸菌」が含まれるヨーグルトが、さらに人気を集めているようです。

本来、牛乳から作られるヨーグルトには、動物の「乳」が材料となる、動物性乳酸菌が含まれているのが普通です。

植物性の乳酸菌ってなんのこと?

ところで、通常の乳酸菌と植物性の乳酸菌は、何が違うのでしょうか。
その前に、乳酸菌はあくまでも「腸内細菌」であり、医学的に「動物性」や「植物性」と分別されている訳ではありません。

「植物性乳酸菌」という言葉は、あくまでも「植物」が原料の乳酸菌である、という呼び方に過ぎないのです。例えば、キムチなどの発酵食品や、味噌などに含まれる乳酸菌は、植物が原料の乳酸菌です。

植物が原料の乳酸菌が、便宜的に植物性乳酸菌と呼ばれている。
※乳酸菌自体はあくまでも腸内細菌の一種であり、医学的に動物性・植物性の分類はない。

それでも、確かに植物性乳酸菌には魅力があります。

植物性乳酸菌が人気の理由

水を飲む女性

「植物性乳酸菌」ならではのメリットが多くある。

これまでにも、このブログの中で説明しているように、植物性乳酸菌動物性乳酸菌よりも、生存能力が高いのが特徴です。

実は、動物性乳酸菌は、腸に届くまでの間にほとんどが死滅してしまいます。
これは、胃酸や腸液などが乳酸菌を殺してしまうことに原因があります。これに対して、植物性乳酸菌は胃酸や温度の変化で死滅することなく、腸内にまで届くことができるのです。

また、もう一つの理由として植物性乳酸菌は、日本人の体質・腸内環境と相性が良いという説もあります。
たとえば、漬物や味噌、醤油、納豆。私たち日本人が普段口にしているこうした発酵食品には、植物性乳酸菌が含まれています。昔から、これらの植物性乳酸菌が、私たちの腸内環境にしっかり根付き、腸を健康に保ってくれていたということです。

植物性乳酸菌のメリット

  • 生存能力が高く、生きて腸まで届きやすい。
  • 日本人の体質や腸内環境に合っている。

こうしたことから、植物性乳酸菌が、より私たちの腸内環境で繁殖しやすいということは理解できると思います。

生きた乳酸菌は必要か?

腸内環境

ところで、インターネットなどで調べてみると、そもそも生きたまま腸に届かなくても、乳酸菌は機能するのでは?という意見もあります。
確かに、死菌(死滅した菌)は、腸内に生息する乳酸菌のエサになります。それだけでも、腸内の善玉菌(乳酸菌などの良い菌)を活性化させる力があります。

しかし、そもそも生きた乳酸菌と死菌は、役割が異なります。生きた乳酸菌が生きたまま腸に定着してくれれば、善玉菌の数が相対的に増え、様々な良い効果が得られます。

このことについて、詳しくは以前の記事でも説明しています。

乳酸菌人気の背景で、とにかく「植物性乳酸菌が含まれた..」「生きたまま..」と書かれた商品が多く、消費者が混乱しやすいのも事実です。

植物性乳酸菌は、前述した発酵食品などでも十分に摂取することができるものです。
あなたに合った方法で摂り入れることができれば、無理にヨーグルトではなくても大丈夫です。

 


乳酸菌サプリメント