ストレス解消に努めてみても、なかなか効果が出ないと、疲れてしまいますね。でも、なんとかしたいストレスに、サプリメントを考えてみるのは自然な事でしょう。

サプリメントでストレス解消は難しいかもしれませんが、ストレスの「緩和」は期待出来ます。そこで、私がおすすめしたいのが乳酸菌サプリです。そう聞くと、「乳酸菌はお腹でしょ?」と思うかもしれませんね。

実は、乳酸菌の効果には、意外と知られていない事実があるのです。

乳酸菌サプリでストレス緩和?!

乳酸菌の効果

では、その事実についてご紹介しましょう。
2009年にカルピス社が行った実験により、乳酸菌による「唾液中に含まれるストレスホルモン」抑制効果が確認されているのです。

【背景・目的】
近年ストレスが消化管機能に著しい影響を与え、腹痛、下痢や便秘を繰り返す過敏性大腸症候群に代表されるような機能障害を引き起こすことや、逆に、腸内環境の変化がストレス応答の発達・成熟に深く関与していることが近年わかってきており、ストレスと腸内環境は密接に相互関連していると考えられています。
そこで、ヒト常在乳酸菌株の一つとして分離されたL. gasseri CP2305株を用いて、腸内環境を整えることでストレスが緩和されるかどうかをヒト試験で検証しました。

【結論】
独自開発の乳酸菌L. gasseri CP2305株発酵乳の摂取は、ストレスを緩和し、おなかの調子の維持に有用であることをヒト試験において確認しました。
以上のことより、L. gasseri CP2305株はストレスを緩和する乳酸菌として有用であると考えられます。

引用:カルピス

カルピスの保有するガゼリ菌以外でも、ストレス緩和作用は報告されています。

健康な腸内細菌がストレスを減らす?!

以前より腸は脳からの指令が無くとも機能する事が出来るため「第2の脳」と呼ばれていました。腸の神経細胞は単独で臓器に指令を送り、動かす事が出来るのです。
さらにその腸に棲む腸内細菌が思考に影響を及ぼすという研究がされています。

特定の腸内細菌が、不安障害を引き起こす遺伝子の発現に影響を与えている可能性が高いのです。無菌マウスとバランスの取れた腸内細菌を持つマウスを用いた実験では、無菌マウスの方にストレス反応が強く出ました。
バランスの取れた腸内細菌を持つマウスの方は反応が緩やかだったのです。

善玉菌がストレス緩和?

乳酸菌は腸内細菌の善玉菌を増やす効果が有名ですね。この善玉菌が増える事がストレス緩和に繋がります。
善玉菌が産生する「GABA」というアミノ酸には、抗ストレス作用があるのです。

ストレス緩和にGABAのサプリが販売されていますね。GABAには興奮系の神経伝達物質ドーパミンを抑制する効果があるのです。
ドーパミンは、適度に分泌されると幸せを感じさせる物質ですが、ストレスにより過剰に分泌される時は抑制する必要があります。ストレスが多いと、GABAが多く必要になります。
ですから、乳酸菌サプリで善玉菌を増やすとストレス緩和に繋がるでしょう。

乳酸菌サプリが善玉菌を増やす

腸内環境

生きた乳酸菌は、善玉菌を活性化してその数を増加させます。また、乳酸を発生させ、腸内を弱酸性にして悪玉菌を減少させるのです。死んだ乳酸菌も善玉菌のエサになるので、無駄というわけではありません。

しかし、生きた乳酸菌はそのまま腸内に善玉菌として棲息する事も期待できるでしょう。多くの乳酸菌は、腸にたどり着けませんが、サプリの多くは腸まで生きてたどり着くように作られています。
乳酸菌サプリを選ぶ時は、生きて腸にたどり着くものを選ぶと良いでしょう。


乳酸菌サプリメント