便秘やお腹の張りで苦しい時。
こんな時は、便秘薬に頼って早く治したいですよね。

でも、本当に効くのか不安ではないですか?
また、副作用も気がかりでしょう。

この2点を踏まえて、便秘薬スルーラックを検証していきましょう。

スルーラック徹底解剖!

スルーラックは現在4種類販売されています。1つずつ徹底解剖していきます。

  • スルーラックS
  • スルーラックプラス
  • スルーラックデトファイバー
  • スルーラックデルジェンヌ

<スルーラックS>

product

画像:エスエス製薬

有効成分はビサコジルとセンナ由来のセンノサイドカルシウム。
まずは、ビサコジルから見てみましょう。

ビサコジルの働き

  • 腸の排便運動をコントロールする自律神経に作用して腸の動きを高める
  • 腸粘膜に直接作用して排便を促す
  • 便の水分が減らないように働く
ビサコジルは刺激系の下剤ですが、その中では、体に優しい代わりに効き目もやや弱いのが特徴です。
でも、やはりそこは下剤。副作用も人によっては思ってもみない症状につながるかもしれません。
主な副作用

  • 下腹部の痛み
  • 血圧低下
  • チアノーゼ
  • 直腸炎
これらの症状が出たら、説明書を持ってすぐに病院へ行きましょう。

次に、もう一つの有効成分、センノサイドカルシウムはどうでしょう。

センノサイドカルシウムの働き

  • 大腸の神経を刺激して排便運動を促す
主な副作用

  • 下痢
  • 腹痛
  • 腎臓障害
  • 発疹
このセンノサイドカルシウムの過剰摂取や長期連用は、「大腸メラノーシス」の原因となるので危険です。
大腸メラノーシスは大腸が色素沈着によって黒くなる症状。大腸機能の低下、大腸の神経鈍化を招きますので、注意しましょう。

<スルーラックプラス>

product-1

画像:エスエス製薬

有効成分はビサコジルとセンノサイドカルシウムにDSS(ジオクチルソジウムスルホサクシネート)をプラス。

各成分の働き

  • ビサコジル・・・スルーラックSをご参照ください
  • センノサイドカルシウム・・スルーラックSをご参照ください
  • DSS・・・表面張力を低下させる
プラスされたDSSは、耳あか除去剤としても使われるお薬です。

副作用は

  • 口の乾き
  • 悪疹
  • 腹痛
  • 腹部不快感
ビサコジルとセンノサイドカルシウムの効果にDSSの効果がプラスされたのですから、便はスルッと出そうですが、おかしいなと思ったら服用を続けないようにしましょう。

<スルーラックデトファィバー>

product-2

画像:エスエス製薬

有効成分はプランタゴ・オバタ種皮末、アロエ、センノサイドカルシウム、ドクダミ。

各成分の働き

  • プランタゴ・オバタ種皮末・・・水分を吸収して便を軟らかくするように働く
  • アロエ・・・腸粘膜を刺激して排便を促す
  • ドクダミ・・・肌荒れに効く
アロエの長期連用・過剰摂取は、センノサイドカルシウムと同じく「大腸メラノーシス」の原因となりますので、注意しましょう。

副作用は

  • 発疹
  • 皮膚のかゆみ
  • 激しい腹痛
  • 吐き気・嘔吐

<スルーラックデルジェンヌ>

product-3

画像:エスエス製薬

有効成分はマグネシウム。

マグネシウムの働き

  • 便を軟らかくするように働く
マグネシウムはオリーブオイルに多く含まれる自然な成分で、クセになる事も少ないです。

スルーラックS・スルーラックプラス・スルーラックデトファィバーの3つは、連用すると「クセ」になりかねません。便秘薬ナシでは出なくなってしまうのです。服用するのであれば、どうしても辛い時だけにしましょう。

薬に頼らない方法は?!

でも、出来れば薬に頼りたくないですよね?

そのためには、毎日の生活や食事に気を付けましょう。

気を付けたい事

  • 脂っこい食事、肉類中心の食事を減らしましょう
  • 野菜や海藻などを食べましょう
  • 軽い運動をしましょう
  • 規則正しい生活をしましょう
  • 睡眠をしっかり取りましょう
  • お酒は控えめにしましょう
これらにプラスして、腸の健康に気を付けるといいでしょう。

それには乳酸菌が良いでしょう。乳酸菌は、便秘への効果が実証されていますし、副作用が無いのも嬉しいですね。
毎日の食事に発酵食品やヨーグルトをプラスするのも良いでしょう。

簡単に続けやすいサプリもおすすめですよ。
善玉菌のチカラ


乳酸菌サプリメント