現代人は、日々生活する中で、常に様々なストレスにさらされています。日常の中で、ストレスを抱えていない生活を送っている人など、ほとんどいないのが今の社会の実情ではないでしょうか。

そんなストレス社会の中で、うつ病に悩まされる人が増えています。

特に、働きざかりの30~50代の方で、うつ病を発症する方がとても増えています。
うつ病とまではいかなくとも、その予備軍といわれる人。日常的に不安やイライラ、落ち着きがなかったり、憂うつな気分に陥る人も多いのではないでしょうか。

最近の研究では、腸内環境(腸内細菌)の悪化が、不安神経症やうつ病を促している可能性があると発表されました。つまり、腸の健康と脳の健康は、深く関係していることが分かったということです。
腸内細菌を活性化させることで、こうした病気や症状を改善できるのではないかとまでいわれています。

ストレス

セロトニンとドーパミン

人が幸せを感じるとき、脳内でセロトニンやドーパミンと呼ばれる、神経伝達物質が分泌されます。ドーパミンは、気持ちを奮い立たせ、やる気を起こす物質です。セロトニンは、喜びや快楽を伝える物質です。

このドーパミンやセロトニンが不足すると、気持ちが不安定になり、うつ病や不安神経症になりやすくなると考えられています。特に、うつ病と深い関係があるとされているのが、セロトニンです。
うつ病になると、薬でセロトニンの量を増やし、脳内の活動を活性化させます。また栄養指導が行われ、セロトニンやドーパミンを増やすようにします。

セロトニンやドーパミンは、たんぱく質の分解成分である必須アミノ酸を原料にして、腸内でビタミン類のちからを借り、合成されていきます。大豆や卵、肉や魚、乳製品などに多く含まれる必須アミノ酸は、人の体内で合成できないものです。
そのため、特に意識して取り入れなくてはならないものなのです。うつ病の患者さんは、これらの食品を意識して食べる必要があるとも言えるのです。

ですが、その前にやることがあります。

それは、腸内細菌を活性化させ、元気にすることです。なぜなら、腸内細菌がバランスよく、数も多く存在しないとセロトニンもドーパミンも十分には分泌できないのです。

自分の好きなものばかり食べていてはいけない

高カロリーな食事

腸内細菌を活性化し、その数を増やすにはどうすればよいのか。一番やってはいけないことは、自分の好きなものばかり食べるということです。イライラや不安が強くなると、好きなものばかりを食べてしまい、脳を満足させようとします。

ストレスを感じると、脳は甘いものや炭水化物を多く含むものを要求し、摂取したがります。

体内に糖が入ってくると、脳は喜びを覚え、少しの間ストレスを忘れます。しかし、これを続けてしまうと、腸内バランスが崩れてしまいます。野菜や果物などの、腸内細菌のエサとなるものを食べないと、腸内細菌を増やすことはできないのです。

ストレスに「効く」ものを食べよう

腸と心が、深く関係しているということが、お分かりいただけたでしょうか?
好きなものや、偏った食事をやめて、腸が喜ぶものを食べれば、心身共に健康になることができます。必須アミノ酸とビタミンで、心を元気にするとともに、野菜や果物で腸も元気にすれば、ストレスに打ち勝つことができます。

腸内細菌を増やすなら


乳酸菌サプリメント