お腹の調子が悪くて、整腸剤を飲んだことのある人は多いでしょう。
でも、その整腸剤でお腹が張ってしまう...なんてことはありませんか?

その原因は食物アレルギーにあるかもしれませんよ。
サプリメント

整腸剤で食物アレルギー?!

食物アレルギーは、原因となる食品を食べてから2時間以内くらいに症状が出ると言われていますが、4~6時間以上過ぎてから症状が出ることもあります。この原因となる食品をアレルゲンと言います。

食物アレルギーの原因となりやすい食品

  • 乳製品
  • 小麦粉
  • 魚卵
  • そば
  • えび、かに など
  • 果物類
実は、アレルゲンは整腸剤などの医薬品にも含まれているんです。それが、乳製品に含まれる乳タンパク質の「カゼイン」。

カゼインはタンパク質で、牛乳に含まれているタンパク質の約80%を占めています。体がこのカゼインを異物と判断すると、牛乳やカゼイン入りの医薬品を飲んだ時にアレルギー反応が起こるのです。

牛乳アレルギーの症状とは?

乳酸菌

牛乳アレルギーでは、どんな症状が出るのでしょう?

  • 喘息発作のような症状
  • アトピー発症
  • 血圧低下
  • じんましん
これらはある程度、進行してから出る症状でしょう。最初のうちは判りにくい症状も考えられます。
  • 唇がかゆい
  • 軽いぶつぶつ
  • 下痢・便秘
  • お腹の張り
最悪の場合は、アナフィラキシーショックを起こすことがあります。

これらの症状が牛乳を飲んだ後に、度々現れるのであれば早めに治療すべきでしょう。また、牛乳アレルギーの人は、乳タンパク質の「カゼイン」が含まれる医薬品には気を付けましょう。

カゼインを含む医薬品は?

カゼインを含む代表的な医薬品は、タンニン酸アルプミン製剤と乳酸菌製剤。それぞれについて見てみましょう。

タンニン酸アルプミン製剤

タンニン酸アルプミンはタンニン酸とタンパク質の化合物。そのタンパク質には乳性カゼインが使われています。

ですから、牛乳アレルギーの人はタンニン酸アルプミン製剤は飲まないようにしましょう。

乳酸菌製剤

乳酸菌を育てるには「培地(ばいち)」と言う栄養素が含まれた足場が使われます。もし、この培地に脱脂粉乳が使われていると、牛乳由来のカゼインが含まれた中で乳酸菌が育つことになります。

ですから、脱脂粉乳を使っている乳酸菌製剤は牛乳アレルギーの人は飲んではいけません。

牛乳アレルギーの人が飲んでも良い整腸剤は?!

カゼインが含まれていなければ使用しても問題ないでしょう。一部挙げておきますね。

  • ビオフェルミンR
  • ビフィダー散
  • ヒオスミン散
薬局やドラッグストアで購入する際は、牛乳アレルギーでも飲める整腸剤かどうかを聞きましょう。整腸剤以外の薬やサプリでもカプセルにカゼインが含まれるものがありますから、成分を確かめましょう。

食物アレルギーを引き起こす医薬品をもう少し詳しく知りたい人はこちら


乳酸菌サプリメント