レンコンに含まれる栄養素は、糖質(デンプン)・ビタミンC・ビタミンB12・ミネラル(カリウム・鉄・銅・亜鉛)・食物繊維・ムチン・タンニン・レクチンなどです。
見ての通り、栄養はとても豊富な食品です。そのため、古くから薬用としても使われており、腸にとっても良い影響を与えてくれるのです。

レンコン

レンコンに期待できる、腸への効果

レンコンには食物繊維がたくさん含まれています。食物繊維は、大腸内を酸性に保ち、悪玉菌を減らして腸内環境を良くします。また、便のかさを増して便をだしやすくしたり、腸内の掃除をします。このことから、便秘を解消する効果が期待できます。

また、レンコンにはビタミンCも多く含まれています。レンコンのビタミンCは加熱にも強いという特徴を持っています。ビタミンCは、大腸の排便活動であるぜんどう運動を活発にしてくれます。そのため、ビタミンCも便秘の解消に効果が期待できます。
また、ビタミンCはストレスをやわらげるホルモンの材料になる優れものです。ストレスからくる腸の不調にも効果が期待できます。さらに、活性酸素による害を除去する働きもあるので、腸の病気に対する予防効果も期待できます。

レンコンに含まれる粘り成分の「ムチン」は、タンパク質の分解に作用します。そのため、腸の働きを助け、保護してくれるのです。
また、レンコンの「アク」は、タンニンというポリフェノールの一種です。タンニンには、消炎、止血作用がありますので、十二指腸潰瘍などの下血を止める効果があります。

レンコンの栄養素は、体のあちこちで活躍

レンコンの活躍は、腸だけではありません。体の様々なところで活躍してくれます。レンコンは、エネルギーの高い野菜です。主な栄養素は、糖質(デンプン)です。糖質は、体内でエネルギーとなって体を温めます。
このデンプンが多いことによって、熱に弱いはずのビタミンCが熱に強くなってくれます。

ビタミンCは、疲労回復、美肌効果、発ガン物質の抑制などの効果があります。また、野菜にはあまり含まれていない、ビタミンB12も含んでいます。ビタミンB12は、肝臓の働きを助けてくれます。他にも、花粉症や、ぜんそくに効果が期待されている成分も含まれています。

レンコンを食べて、健康な腸を

このように、腸にも体にも良いレンコンは、普段の生活になるべく取り入れることがおすすめです。アクを素早くとるには、酢水に漬けるとよいですよ。
腸に良い効果がある、オリーブオイルで焼くだけの「レンコンステーキ」もおすすめです。


乳酸菌サプリメント