便秘にはラブレ菌が良い?

長いあいだ便秘が続くと、気分もすっきりせず、不快な気持ちにさえなってしまいます。そんな「つらい便秘を早く治したい..」と考えているあなたに、植物性乳酸菌をおすすめします。

ヨーグルト

乳酸菌には、2つの種類があります。ヨーグルトやチーズに含まれる乳酸菌は、動物性乳酸菌と呼ばれています。後程、詳しくご説明しますが、動物性乳酸菌には弱点があります。その弱点を克服できる、植物性乳酸菌がおすすめなのです。

さらに植物性乳酸菌の中でも、特におすすめしたいのがラブレ菌です。なぜラブレ菌が良いのか、詳しくご説明していきますね。

乳酸菌の効果とは

乳酸菌は、腸内で以下のような働きをしてくれます。

  • 乳酸を放出し、腸内を悪玉菌の苦手な弱酸性の状態に保ち、悪玉菌を減らして善玉菌を増やす。
  • リンパ球を刺激して活性化させる働きをするため免疫力が高まる。
このような働きにより、便秘の根本的な改善が出来るのです。それだけでは無く、善玉菌の多い、良い腸内環境になると以下のような良い効果も期待出来ます。
  • 便秘・お腹の張り等のお腹のトラブルの解消
  • 肌荒れの改善
    腸内環境が悪く、便秘等が続くと腸に老廃物が溜まり血液から全身に広がるため肌荒れが起きる
  • アレルギーの緩和
    腸には全身の免疫機能の60%が集中しており、乳酸菌は免疫力を向上させるので緩和に繋がる
  • 病気の予防
    上記のように免疫力が向上すると、病気に対して抵抗力がつくので、「予防」となる
  • ストレスの緩和
    腸と脳は相関関係にあるので、腸内環境を良くするとストレスが緩和される

乳酸菌にもいろいろある

乳酸菌の種類は非常に多く、その数は数千種にも及びます。その中でも、大きく「動物性乳酸菌」「植物性乳酸菌」に分けられます。
動物性乳酸菌は、ヨーグルトやチーズに含まれていますね。一方、植物性乳酸菌は、漬け物や味噌、日本酒等に含まれています。一般的に有名な「ビフィズス菌」は、ヨーグルトに含まれるので動物性乳酸菌です。

動物性乳酸菌の弱点とは!?

動物性乳酸菌には、以下のような弱点があります。

  • 胃液や腸液に弱いため、生きたまま腸に辿り着けない
  • 酸素に触れて育った乳酸菌は、無酸素状態の腸内では生き延びられない
だからといって、食べても無駄というわけではありません。腸に辿り着けなかった乳酸菌も、善玉菌のエサとなります。最近のヨーグルトは、生きて腸に辿り着く乳酸菌が含まれているものも販売されていますよね。
しかし、腸に辿り着いたとしても、数日中に居なくなってしまうのです。ですから、動物性乳酸菌は毎日多く食べる必要があります。

ラブレ菌をおすすめする理由

ラブレ菌を始め、多くの植物性乳酸菌は、以下のような特徴を持っています。

  • 胃液や腸液に強く、生きたまま腸に辿り着く
  • しっかりと腸の中に棲み着く

その中でも、ラブレ菌は、腸に棲み着き、生きていく力がトップクラスです。ですから、腸内環境が改善され、便秘の根本的な解決になるのです。また、免疫力を高める力もが強いのも特徴です。
私がラブレ菌をおすすめする理由が、お分かり頂けましたか?

あなたもラブレ菌で「強い腸」を作りましょう。


乳酸菌サプリメント