お腹のトラブルには「乳酸菌」

あなたは、便秘や下痢等の「お腹のトラブル」を抱えていませんか?
お腹のトラブルを放置すると、病気や体の不調の原因となります。そんなお腹のトラブルに良い効果があるとされる菌が、乳酸菌です。

実は乳酸菌には数多くの菌があります。

ヨーグルト

乳酸菌とは、何でしょう?

乳酸菌とは、糖(オリゴ糖等)を使って、酸(乳酸等)を作る細菌の総称です。乳酸菌は腸内にも存在し、腸に良い効果をもたらすので、善玉菌とも呼ばれています。

また、乳酸菌を摂取すると、同じように腸に良い効果があります。

乳酸菌の効果

  • 腸内を弱酸性にして、腸内環境のバランスを整え善玉菌を増やし悪玉菌を減らす働き
  • 免疫細胞を活性化させ免疫力を向上する働き

乳酸菌の種類は多い?

乳酸菌は、自然界に多く存在しており、その数は数千種にも及ぶのです。まず、大きく以下の2つに分けられます。

  • 動物性乳酸菌
    ヨーグルトや乳酸菌飲料に多く含まれています。
  • 植物性乳酸菌
    漬物や味噌等に多く含まれています。

お腹に良い乳酸菌はどれ?

上記のように、乳酸菌の種類はとても多く、全てはとても書ききれません。ですから、3つのお腹に良い菌とその特徴をご紹介しますね。

ビフィズス菌

  • 腸内に最も多く棲む、最も有名な乳酸菌
  • 広い意味では乳酸菌とされるが、分類学的には違う種類
  • 乳酸だけではなく、酢酸やビタミンB群、葉酸を作る
  • 強い殺菌作用、善玉菌を増やす効果

ラクトバチルス属

  • 腸内に棲む
  • 一般的に乳酸菌と言えばラクトバチルス属のことを指すことが多い
  • 整腸作用、細菌の増殖抑制
  • 乳製品や漬物を作る際に使われている
  • ラクトバチルス属だけで70種類程もある
  • 有名なヨーグルトのLG21、ラブレ菌はラクトバチルス属の菌

エンテロッカッス属

  • 大腸の下降結腸に多く棲む
  • 免疫に働く

乳酸菌の効果的な摂取方法

乳酸菌の中で、お腹に良い効果のある菌はたくさんあります。しかし、どれでも良いかと言うとそうではありません。乳酸菌の摂取をする上では、以下の事に注意しましょう。

  • 生きて腸まで辿り着く
    乳酸菌の99%が、腸に辿り着けずに死滅してしまいます。死滅した乳酸菌も善玉菌のエサになるので無駄ではありません。しかし、辿り着く数は重要です。
  • 腸に棲み着く
    辿り着いても、すぐに腸から居なくなってしまっては意味がありません。
  • 良い働きをする
    効果の大小や、さまざまな働きがありますので、自分の症状を改善出来そうなものを選びましょう。
  • 自分の体に合う
    相性の良い菌を探しましょう。
量をたくさん摂るだけでは、あまり効果がありません。
上記の事を踏まえて、私のおすすめの菌はラブレ菌P.ペントサセウスです。

ラブレ菌はヨーグルトに、 P.ペントサセウスは漬物に含まれています。ラブレ菌入りのヨーグルトやP.ペントサセウスの入った漬物を食べてみて下さいね。

また、サプリも有効に使いましょう。サプリに含まれる菌も高い効果が期待できる菌が多くあります。

高い効果が期待できる乳酸菌入りサプリ


乳酸菌サプリメント