お腹が鳴り過ぎるなら、ガスピタン?

会議中なのにお腹が鳴ってしまい、恥ずかしい思いをした、といった経験は無いですか?お腹が空いているわけでは無くても、突然お腹が鳴ってしまう時って、ありますよね。
そんな時には、ガスピタンのような市販薬は確かに効果的です。ガスピタンは、腸にガスが溜まらないようにする効果や、腹部膨満感を解消する効果があります。

でも、それが根本的な解決では無いということは、ご存知でしたか?

お腹を押さえる女性

なぜ、お腹が鳴るの?

お腹が鳴る理由で、まず考えられるのは空腹です。空腹の時にお腹が鳴るのは、空腹情報により脳が指令を出し、胃から腸に食べ物を送るからです。その際、胃の中の空気が、胃の出口の狭い所を通り、グーグーと鳴るのです。
空腹の時にお腹が鳴るのは、仕方がないことです。でも、どうしても鳴ってほしくない時は、空気をたくさん吸い込んでお腹を膨らませましょう。少し落ち着くはずです。

そうではなく「空腹では無いのにお腹が鳴る理由」は、空腹とは逆に、消化活動のためにお腹が鳴ります。腸の排便活動である「ぜんどう運動」で、腸が動いた時に、腸内に溜まったガスも動いてギュルギュルと鳴るのです。
もちろん誰でも鳴るのですが、音が大きい人や何度も鳴る方は、腸内にガスが溜まり過ぎているのかもしれません。

腸内にガスが溜まり過ぎている

腸内のガスは、大きく分けると下記の2つです。

  • 腸内で腸内細菌が発生させるガス
  • 空気や胃液が、膵液(すいえき)により中和される時に発生するガス

これらのガスが、下記の理由により腸内に溜まってしまいます。

腸内にガスが発生し過ぎる理由

  • 腸内環境が悪くなり、便やガスを排出する、腸の「ぜんどう運動」が弱くなっている
  • 長時間座ることが多い
  • おならを我慢することが多い
  • 睡眠不足
  • 炭酸飲料やビールの飲み過ぎ
  • 暴飲暴食

体外から入ってくるガス(空気)が多くなる理由

  • 食事の時によく噛まない
  • ストレスが原因で、空気を飲み込む癖がある
以上の事を改善すると、ガスが発生しにくくなりますので、お腹が鳴ることの原因の、根本的な改善に繋がります。

「お腹の鳴り過ぎ」解決策

出来れば、上記のように、お腹にガスが溜まる原因の全てを改善して頂きたいのですが、難しいものもありますよね。

そこで、すぐに始められる方法として、腸内環境を改善することをご提案させて頂きます。腸内環境を改善すると、腸内に善玉菌が増え、ガスの発生を抑える事が出来ます。
また、強い腸を作る事で、上記の「お腹にガスが溜まる原因」のほとんどに対応出来るのです。

特に、腸はストレスと密接な関係にありますから、腸内環境改善はストレスに強い腸を作ることに繋がります。
お腹の鳴る原因の1つに、ストレスで腸が敏感になる場合もあります。敏感になりすぎてガスが溜まっていないのに、ぜんどう運動を繰り返すのです。その場合も、腸内環境を良くすると改善されるでしょう。

腸内環境が悪くなった腸には、悪玉菌が増えています。悪玉菌を減らして善玉菌を増やすのに、おすすめは乳酸菌です。乳酸菌は、腸内環境を良くして善玉菌を増やします。試してみて下さいね。

腸内環境を良くする乳酸菌サプリ


乳酸菌サプリメント