乳酸菌といえば、ヨーグルトとチーズを思い浮かべますよね。
でも、実はそれ以外にも乳酸菌を使った発酵食品はたくさん存在します。ブドウ糖等を分解して乳酸を作り出す、微生物の総称が乳酸菌と呼ばれているのです。

口から摂った微生物が腸内を整え、より健康的にしてくれる。そうした微生物や、その微生物を含む食品を、プロバイオティクスと言います。
聞いたことがあるという方もいるでしょう。確か、市販のヨーグルトなどにも書いていたような気がします。乳酸菌はプロバイオティクスの主役なんですね。

ヨーグルト

乳酸菌の種類と、健康にもたらす効果

乳酸菌は、動物性乳酸菌植物性乳酸菌に分けられます。動物性乳酸菌は、胃液や腸液に弱いので、口から摂取しても胃や腸でほとんどが死滅してしまいます。
植物性乳酸菌は、酸度や塩分が高くても、温度変化が激しくても増え続ける、たくましさがあります。「生きて腸に届く」のが、この植物性乳酸菌です。「生きて腸に届く」。聞いたことのあるフレーズですね。

植物性乳酸菌は、腸にたどり着くと、腸内を弱酸性にしてくれるます。おかげで、弱アルカリ性が好きな悪玉菌が減って、善玉菌が増えるのです。
小腸のリンパ球の活性化を促すため、免疫機能の向上にも効果的に良い働きをしてくれます。

最近では、腸内環境の改善で便秘が解消されると、心にも良い影響があると言われています。

漬物に、乳酸菌?

漬物

植物性乳酸菌は、野菜の漬け物、味噌、醤油などに多く含まれています。漬け物に乳酸菌が含まれているとは、あまり知られていませんよね。
本来の日本食には、乳酸菌を増やす食べ物がたくさんあるということです。これには驚きますね。

難しい名前の乳酸菌

ところで、乳酸菌には300種類以上あると言われています。その一部をご紹介しましょう。

ラクトバチルス・ブレビス

略称が「ラブレ菌」ラクトバチルス・ブレビス菌。これは、実は京都の「すぐき漬け」という漬け物から発見された乳酸菌です。
生きて腸に届く率が高いので、腸内環境の整備や、免疫力向上に効果があります。また、がんの予防効果も期待されているのです。

ペデイオコツカス・ペントサセウス

ペデイオコツカス・ペントサセウスは、塩や酸、乾燥に強い乳酸菌です。キムチやピクルスに多く含まれていて、善玉菌を増やしてくれます。

テトラジェノコツカス・ハロフイルス

テトラジェノコツカス・ハロフイルスは、塩にとても強い菌です。
味噌に多く含まれていて、味噌の発酵途中で生成される脂肪酸エチルが、ガンを予防すると考えられています。
味噌の発酵が進行している程、効果が高いようです。

ラクトバチルス・プランタルム

ラクトバチルス・プランタルムは、酸味のある乳酸菌で、漬け物、ピクルス、キムチに用いられ、ぬか漬けにも存在しているようです。
ラクトバシラス・プランタラムANP7-1株は、もともとは能登のアジの「なれずし(魚を塩と米飯で乳酸発酵させた食品)」から抽出されたものです。
乳酸菌の中で、もっとも免疫力を高める効果が高いと考えられています。高血圧やアレルギーなどを予防する効果を期待されています。

乳酸菌の名前って難しいですよね。


乳酸菌サプリメント