私達の大腸には、善玉菌や悪玉菌といった腸内細菌が棲息しています。この腸内細菌のバランスは、各自違っています。例えば、アレルギーを持つ人や肥満の人の腸内細菌は偏っている可能性が高いのです。

腸内細菌にはたくさんの種類があり、良いバランスを保たないと、体に悪い影響を及ぼす事が判ってきました。そこで活躍が期待されるのが、乳酸菌です。腸内細菌バランスを整えるには、善玉菌VS悪玉菌の戦いを善玉菌優勢にしなければなりません。

この時、善玉菌の後押しをするのが乳酸菌なのです。乳酸菌は善玉菌に力を与え、繁殖を促します。

お腹

乳酸菌が善玉菌に力を与える

乳酸菌は腸内に生きたまま達すると、腸内のpH値を低下させて酸性化を目指します。pH値というのは、酸性やアルカリ性の度合いを示す数値の事です。善玉菌は酸性を好み、悪玉菌はアルカリ性を好みます

さらに、悪玉菌の食料や棲家を奪い悪玉菌を追い出します。生きた乳酸菌は善玉菌として戦いに参加するという事にお気づきですか?
ですから、生きた乳酸菌を生きたまま腸に届ける事は大切なのです。
ヨーグルトや乳酸菌飲料に「生きて腸に」と書かれているのは、このためです。腸に着く前に死んでしまった乳酸菌も、善玉菌の食料となる事で繁殖を促します。

こうして乳酸菌は善玉菌の後押しをするのです。

善玉菌ばかりにしたらダメなの?

それでは、善玉菌ばかりの腸内にすればいいのでは? 、、その答えは「ダメ」です!

もちろん善玉菌VS悪玉菌は、あくまでも善玉菌優勢でなければなりません。悪玉菌が優勢だと悪さを始めてしまい、腸内を腐敗させるからです。しかし、悪玉菌も少し必要なのです。悪玉菌も、通常は食物繊維の分解や、免疫機能のために働いている事が判っています。
特に、過剰な免疫を抑える「制御性T細胞」の産生を誘導するのです。これはアレルギーの対策に期待出来るのです。

ただし、善玉菌と悪玉菌は、あくまでも腸内細菌の少数派です。

健康の鍵を握るのは日和見菌!

腸内には、善玉菌と悪玉菌とは別に日和見菌という菌がいます。日和見菌は、善玉菌VS悪玉菌の戦いで優勢な方の味方をするという不思議な性質を持っているのです。各自でバランスは違いますが、腸内細菌のほとんどがこの日和見菌です。
その割合は、4分の3以上と言われます。

したがって、日和見菌が悪玉菌の味方になってしまっては、大変な事になるでしょう。ですから、なんとしても善玉菌優勢を守らなければなりません。

腸内細菌はどんな良い働きをするの?

先程、少しだけ触れましたが、腸内細菌は免疫や食べ物の分解に関わっています。さらに、人体に有益なビタミン短鎖脂肪酸の合成もしているのです。短鎖脂肪酸というのは、脂肪酸の一種です。腸内細菌は多くの短鎖脂肪酸を作ります。

その中でも重要な、ポリアミンをご紹介します。ポリアミンは腸粘膜のバリア強化・抗炎症作用・DNA安定という幅の広い活躍をします。そして、最近では腸内細菌が不安な気持ちを低下させる働きをするという研究もされています。

腸内細菌の重要性がお分かり頂けたでしょうか。このような働きも、悪玉菌が優勢になってしまっては期待出来ません。あなたも善玉菌を優勢にしましょう。
そのためにも、まずはしっかりと乳酸菌を摂取するようにしましょう。


乳酸菌サプリメント