免疫力を上げるためには、乳酸菌を増やすこと

腸には、全身の免疫機能の約60%が集中しています。腸は人体最大の免疫系です。腸の免疫機能が高くないと、侵入してくる異物や病原菌に負けてしまい、簡単に病気にかかってしまいます。
そこで重要なのが、乳酸菌です。乳酸菌は、腸内環境を良くして、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やしてくれます。
さらに、リンパ球を活性化して、免疫機能を高める働きまでしてくれます。乳酸菌は、腸の免疫力を上げる重要な要素なのです。

ヨーグルト

ヨーグルトや乳酸菌飲料の「3つの弱点」とは?

乳酸菌といえば、乳酸菌飲料やヨーグルトを思い浮かべると思います。
これらは、乳酸菌を増やす手軽な方法に感じますよね。でも、ヨーグルトは、毎日食べないと効果が出にくいので、実は簡単なものではありません。

効果が出にくい原因は、ヨーグルトや乳酸菌飲料に弱点があるからです。

  • 弱点の1つ目は、酸素に触れて育った乳酸菌は、無酸素状態の腸内では生き延びられないということ。
  • 2つ目は、乳酸菌は胃酸、胆汁酸に殺されてしまうということ。
  • 3つ目は、腸内に棲む乳酸菌には相性があり、個々の体に適した菌しか棲みつくことができないということです。
最近のヨーグルトは、生きたまま腸に届くように作られているので、しっかりと腸まで届けることができます。しかし、そうした乳酸菌は、時期が来ると腸からいなくなってしまうのです。

なぜ乳酸菌はいなくなるの? -「常在菌」と「外来菌」

腸の中には、たくさんの菌が棲んでいます。生まれてすぐの頃から腸に棲みついている菌のことを、「常在菌」といいます。また、一定の期間を過ぎると、便と一緒に排出されて腸内から出ていってしまう菌を「外来菌」といいます。

腸内に乳酸菌を増やすためには、「外来菌」を取り入れてもダメなのです。なぜなら、「外来菌」は一定期間を過ぎると、腸内から出ていってしまうからです。
では、乳酸菌を増やすためにはどうすればいいのでしょうか?

元気な乳酸菌を腸内に増やす物質は..

古くから腸内に定住している「常在菌」を増やすことが大切です。
この「常在菌」を増やす効果を持つのは、乳酸菌そのものではなく、乳酸菌の分泌物菌体物質にあると考えられています。乳酸菌の分泌物とは、自分以外の菌を増やさないナワバリ物質のことをいい、納豆菌や酢酸菌の分泌物と同じ関係です。

菌体物質は、菌を構成している物質を指します。乳酸菌を増やし、乳酸菌の分泌物や菌体物質の効果を得るために、分泌物と菌体物質を集めて作られた「乳酸菌生成エキス」があります。乳酸生成エキスは、乳酸菌を増やす助けをしてくれます。

ヨーグルトは、動物性食品に分類され、毎日食べることにより動物性たんぱく質の摂り過ぎになってしまいます。
乳酸菌生成エキスは、豆乳を使用した植物性なので、動物性たんぱく質の摂り過ぎの心配がありません。

しかし、腸内に善玉菌があまりいない人がいます。そのような人は、生きた乳酸菌を摂った方がいいかもしれません。

生きた乳酸菌


乳酸菌サプリメント