睡眠障害

寝つきが悪い。寝てもすぐに目が覚める。反対に眠り過ぎてしまう。
睡眠障害にも色々ありますが、どれにしても1日の疲れをとるはずの睡眠の時間が快適でないと、本当にツラいものです。

睡眠障害の中でも多い「不眠」。

日本では、一般成人のうち約21%が不眠に悩んでおり、約15%が日中の眠気を自覚しているとの調査結果があります。こうしてみると、成人の5人に1人、つまり1500万~2000万人の人が不眠に悩んでいると推計されます。

出典:厚生労働省 メンタルヘルス 睡眠障害

不眠の原因の一つはストレスと言われていますが、実は最近、ストレス性の不眠に対する乳酸菌の効果が分かってきたんです。

ストレス性の不眠に乳酸菌が効果アリ?!

睡眠障害と言えば「不眠」が一番はじめに思いつきますよね。

他にはどんな睡眠障害があるのでしょう。まずは、睡眠障害についてご説明しましょう。

不眠症

寝つきが悪い、寝てもすぐ目が覚める、朝早く目が覚めてしまう、眠った感じがしないなどの症状が続きます。よく眠れないので、日中ずっと眠く、集中できない上に疲れやすくなります。

原因

  • 環境の変化
  • 年齢
  • 頻尿
  • 痛みやかゆみ
  • 悩みやイライラ
  • 精神的ストレス
  • 運動不足
  • アルコール・ニコチン・カフェインの摂取
  • 薬の副作用 など

過眠症

夜ちゃんと寝ているのに、日中すごく眠くなって、起きていられなくなります。

原因:覚醒(かくせい:目が覚めること)を維持する機能が異常を来たすことで起こります。

概日リズム睡眠障害

昼と夜のサイクルが、体内時計のリズムと合わないことで起こります。眠りたい時間に眠れないので、日常生活自体が難しくなります。

原因:仕事の都合などによる生活パターンの乱れ、年齢や病気などによって起こります。

睡眠時無呼吸症候群

夜寝ている間に何回も呼吸が止まります。大きなイビキや、窒息感、あえぎ呼吸、夜間頻尿などが見られ、日中の眠気、体のだるさ、頭痛があります。

原因:肥満、脂肪が多く短い首、アゴが小さい、舌が大きいなどの理由で、上気道(鼻からノドまで)が閉塞することにより起こります。

 

他にも、むずむず脚症候群や周期性四肢運動障害、さまざまな病気に合併して起こる睡眠障害などがあります。

もし、症状がひどいようなら、早めに病院に行きましょう。

 

さて、話を戻しますが、近年、ここで挙げた睡眠障害の中でも、ストレスによる不眠に対して、乳酸菌の効果が分かってきたんです。

乳酸菌がストレス性の不眠を改善する?!

まず、サッポロビール株式会社と産業技術総合研究所が行った研究をご紹介しますね。

はじめに、サッポロビールが保有する「SBL88乳酸菌」をマウスに4週間摂取させました。その後、マウスに通常食を与える場合、2週間のストレスをかけて睡眠障害になったマウスに通用食を与える場合、同じく睡眠障害になったマウスにSBL88乳酸菌を与える場合について、それぞれのマウスが、回転輪でどのくらい活動するかを見ました。

乳酸菌の睡眠障害改善効果

出典:サッポロビール株式会社 乳酸菌の睡眠障害改善効果

マウスは夜行性ですから、昼に寝て、夜に活動します(グラフの濃い青色)。ストレス性の睡眠障害を持ったマウスは夜あまり活動しません(グラフの灰色)が、同じストレス性の睡眠障害を持ったマウスでも、乳酸菌を摂取していると夜の活動がそれほど減らなかったのです(グラフの赤色)。

乳酸菌が、ストレス性の睡眠障害を改善したと言っても良いでしょう。

 

もう一つ、カルピス株式会社で行われた研究もご紹介しましょう。

医学科の学生は、3ヶ月間に及ぶ解剖実習期間中ずっと不安感やストレスにさらされています。そこで、医学科の24名の学生を、L.gasseri CP2305株発酵乳を摂取するグループと、L.gasseri CP2305株を含まない発酵乳を摂取するグループに分け、それぞれ発酵乳を4週間摂取してもらいました。

乳酸菌のストレス改善効果

出典:カルピス株式会社 乳酸菌の安眠効果

結果は一目瞭然ですね。乳酸菌によって、不安感からくる体の不調が見られ、睡眠の質も改善されました。

 

現時点では、どのような仕組みで乳酸菌が不眠を改善するのかは、まだ解明されていません。

ですが、乳酸菌に不眠の効果があることはこれらの研究で明らかですね。

おそらく、乳酸菌の摂取によって、腸内の有益菌が活性化してストレスが緩和されたことで、睡眠障害の改善が見られたのでしょう。

もし、病院に行くまででもないけど、なんか睡眠の質が良くないと感じる人は、乳酸菌を試してみるのも良いかもしれませんね。


乳酸菌サプリメント