乳酸菌サプリ

早く病気を治したいからと言って、薬を決められた量より多く飲んでしまったことはありませんか?

薬は用法・用量をきちんと守って飲まなければ、効果がありません。逆に副作用の原因になることもあり、余計に病気を悪化させる危険性もあります。

乳酸菌も同じです。

体に良い働きをする乳酸菌ですが、摂り過ぎると腸の活動が活発になり過ぎてしまいます。胃腸の弱い人などは、下痢を起こしてしまうかもしれません。

乳酸菌サプリには、製品ごとに1日の目安量が決まっています。この、1日の摂取量を守るようにしましょう。

また、乳酸菌は続けていく事で効果を発揮しますので、毎日継続することが大切です。

人気の乳酸菌サプリ – 1日の目安量は?

善玉菌のチカラ

善玉菌のチカラ(フジッコ)の1日の目安量は、カプセル1粒〜2粒程度です。
1粒に乳酸菌が20億個入っていますから、2粒飲むと40億個ですね。

乳酸菌革命

乳酸菌革命(サンミリオン)の1日の目安量はカプセル2粒〜6粒です。
その日のお腹の調子に合わせ、多めに飲むか、少なめに飲むかを決めると良いと思います。

乳酸菌とケフィアの力

乳酸菌とケフィアの力(やずや)の1日の目安量は、顆粒のスティック1本〜2本

乳酸菌サプリメントの選び方は、以下のページを参考にしてみてください。

乳酸菌が含まれる食品(飲料)の目安量

ヤクルト400

画像:Yakult

お馴染みのヤクルト。
1日1本が目安です。飲み過ぎた場合、糖分の摂り過ぎが気になりますね。

明治ブルガリアヨーグルトLB81 プレーン450g画像:meiji

たくさんの種類が市販されているヨーグルト。
例えば、明治ブルガリアヨーグルトの目安量は1日に100g

多くのヨーグルトが100g〜200gとされています。食べ過ぎると下痢を起こすこともあります。それに、ヨーグルトには動物性脂肪が含まれています。食べ過ぎには充分に注意しましょう。

また、漬物などにも乳酸菌は含まれています。目安量はありませんが、塩分の多い食品ですから、これらも食べ過ぎない程度にしましょう。

乳酸菌サプリには「生菌」と「死菌」がある?

ヨーグルト
乳酸菌は細菌です。生きている菌ですから、これらにも生・死があります。そこで、乳酸菌サプリとひと口に言っても生菌タイプ死菌タイプがあるんです。

それぞれの作用を見てみましょう。

生菌の持つ作用

  • 整腸作用
  • 免役活性・病気予防
また、一部の生菌にはストレス緩和作用アレルギー改善コレステロール値低下ダイエット効果なども期待できます。

死菌の持つ作用

  • 整腸作用
  • 免役活性・病気予防
死菌は、腸内の善玉菌のエサとなって、善玉菌の数を増やします。すでに腸の中で活動している善玉菌の繁殖を助けるということですね。

また、免疫細胞(体を守るためにウイルス等と戦う細胞)の活性作用は、実は生菌よりも高いという研究報告もあります。ただし、死菌が効果的に働くための必要摂取量は、約1兆個とも言われています。

どちらも、腸にとっては良さそうな気がしますよね?

腸内環境が悪く、善玉菌自体がまだあまりいないという方は、生菌をしっかり摂取する方が良いです。腸内に善玉菌が繁殖すれば、死菌の摂取で効果的に菌を増やすことができます。

生菌を選ぶなら、生きたまま腸に到達するものを!

生菌も、弱い菌は胃酸にやられてしまいます。それでは、死菌を摂るのと同じですよね?なるべく強い菌を選びたいものです。

生きたまま腸に到達する菌

  • ラブレ菌
  • シロタ株
  • ビフィズス菌SP
  • ガゼリ菌SP
  • 有胞子性乳酸菌
  • BB536
  • L-55
  • クレモリス菌FC株
これらの菌が含まれる乳酸菌製品の摂取が効果的です。

オススメは、乳酸菌のサプリメントです。サプリメントなら、生きたまま腸に有効な乳酸菌を運ぶための工夫がされているので、とてもオススメです。

腸を健康的にしたい。便秘やお腹の不調で悩んでいる、という方は、乳酸菌サプリを毎日摂取して経過を見てみると良いでしょう。


乳酸菌サプリメント