病気にならず、いつも健康な体を維持したいと思うのは、すべての人が願っていることです。そのカギを握っているのが、皆さんもよく知っている「腸」なのです。腸に棲んでいる「善玉菌」は、とても重要な働きをします。

そこで、今回は、善玉菌の中でも重要な「乳酸菌」が減少したときに、腸にどのような影響があるのかをお話します。

乳酸菌

腸内細菌がどれだけ重要か

乳酸菌という名前自体は、よく聞くと思います。しかし、実は「乳酸菌」という固有の菌は存在しないのです。乳酸菌とは、体内に取り入れられた糖質から、多量の乳酸を作り出している細菌のことを指します。

現在、乳酸菌と呼ばれている菌は、数千種あります。これらたくさんの乳酸菌には、種類ごとに体内で活動する能力に差があります。それは、大きく分けて2種類に分けられます。

  • 1つは、生きたまま腸に到達するもの
  • 1つは、腸の手前で死滅してしまうもの
です。生きて腸まで到達するものは、腸内に棲む善玉菌を増やすだけでなく、悪玉菌を退治するために力を発揮してくれます。
しかし、皆さんが飲食し、口から体内に摂取した乳酸菌の99%が、腸にたどり着けずに死滅してしまいます。腸に到達した乳酸菌も、到達できたからと言って安心はできません。

それは、腸に棲みつくとは限らないからです。

腸の中の乳酸菌には、相性があり、個々の体に適した菌しか棲むことができないのです。このため、体と相性が合わない菌を便と一緒に排出してしまいます。

このことから、腸内に残った乳酸菌が貴重な存在だということが分かるはずです。

乳酸菌の減少が与える影響

乳酸菌などの善玉菌が減少すると、悪玉菌が活躍する状態を作ってしまいます。
タバコ、お酒、便秘、ストレス、偏った食事.. こうした習慣を続けていると、以下のような問題が発生します。

  • 消化や吸収の低下
  • 免疫力の低下
  • ビタミン不足
  • 腸内腐敗
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 腸のぜんどう運動の鈍化
  • 病原菌に感染しやすくなる
その結果、老化を早めてしまい、肝機能障害、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、癌など、最悪の状況に陥ってしまいます。

乳酸菌を増やして健康的な生活を

乳酸菌の減少が、体に悪影響を及ぼすということは理解していただけたかと思います。
乳酸菌の減少を抑え、病気になりにくい体にするために、生活環境の見直しは欠かせません。少しずつでも腸内の環境を整え、善玉菌に力を発揮させ、健康な体を維持していきましょう。

腸内環境を整える乳酸菌


乳酸菌サプリメント