乳酸菌の効果とは

乳酸菌は、腸内環境を良くして悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす効果があります。さらに、リンパ球を活性化して、免疫機能を高めます。
そのため、便秘やいろいろな病気の予防になるのです。そんな乳酸菌を毎日摂取したいとは思いませんか?

ヨーグルト

乳酸菌を多く含む食品

乳酸菌といえば、乳酸菌飲料やヨーグルトを思い浮かべる方が多いですよね。でも、実際には他にもいろいろな食品に含まれているのです。
乳酸菌を多く含む食品には、以下のようなものが挙げられます。

  • ヨーグルト
  • チーズ
  • 漬け物
  • キムチ
  • 味噌
  • 醤油
  • 日本酒
  • 甘酒

食品に含まれる乳酸菌の含有量

あなたも、「乳酸菌が100億個」などと、ヨーグルトのパッケージに書かれているものを見たことがありませんか?
一般的に、ヨーグルトにはたくさんの乳酸菌が含まれています。他にも例を挙げますと、たくあんは20万個、キムチは8億個と言われています。
しかし、乳酸菌には多くの種類があり、その効果も違うのです。そのため、食品に含まれている量よりも、効果や摂取の仕方がより重要となるのです。

ヨーグルトの弱点とは?

乳酸菌は、動物性乳酸菌植物性乳酸菌に分けられます。
ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれるのは動物性乳酸菌です。漬け物やキムチ等に含まれるのが植物性乳酸菌です。動物性乳酸菌の含有量は確かに多いですね。

しかし、これらは、毎日食べないと効果が出にくいのです。ヨーグルトや乳酸菌飲料には以下のような弱点があります。

  • 無酸素状態の腸内では、酸素に触れて育った乳酸菌は、腸内で生き延びられない。
  • 胃酸、胆汁酸に殺されてしまう。
  • 腸内に棲む乳酸菌には相性があり、個々の体に適した菌しか棲み着くことが出来ない。
最近のヨーグルトは、生きたまま腸に届くように作られているので、しっかりと腸まで届けることができます。しかし、そうした乳酸菌は、時期が来ると腸からいなくなってしまうのです。

乳酸菌の効果的な摂取方法は!?

ヨーグルトや乳酸菌飲料が苦手な方や、「毎日は嫌だな」と思われる方もいらっしゃるかと思います。また、漬け物やキムチ等の植物性乳酸菌は、確かに生きて腸までたどり着きます。しかし、含まれている乳酸菌の絶対数が少ないのも事実です。

さらに、漬け物等は、毎日多めに食べるとなると塩分も気になりますよね。
そこで、最近注目を浴びているのが、乳酸菌のサプリメントです。動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の弱点を無くし、1つのサプリメントの中に数種類の乳酸菌が含まれているものが開発されています。

注目の乳酸菌サプリ


乳酸菌サプリメント