ヨーグルト

乳酸菌には、アレルギーを改善する作用が認められています。

通常、免疫細胞は体を守るために働きます。しかし、アレルギーになると一部の免疫細胞が増え過ぎてしまい、結果としてアレルギーの症状(炎症や鼻水、くしゃみなど)を招いてしまいます。

乳酸菌は、その増え過ぎた一部の免疫細胞を抑制し、バランスをとることでアレルギーの症状を改善してくれるのです。

ヤクルト「ノアレ」がアレルギーに効く!?口コミは

アレルギー症状が軽減する乳酸菌として有名なのは、ヤクルトの「ノアレ」です。

ノアレ(タブレット)

画像:ヤクルトヘルスフーズ株式会社

アレルギーに効果の高いとされる「KW乳酸菌」が含まれています。実際に、使ったことがあるという方の声を調べてみました。

ちなみに、OPPというのは、「お腹=O ピー=P ピー=P」の略です。つまり、下痢ですね。

乳酸菌に種類があるように、人それぞれ腸の状態が違います。腸内にも乳酸菌が住んでいますが、その他の菌も住んでいます。それらとの兼ね合いもあるのです。
そのため、人によって、その乳酸菌が合う・合わないか、があります。

さまざまな乳酸菌がありますが、あなたの腸に合う・合わないは、飲んでみないと分からないのです。

花粉症

いろんな乳酸菌が存在するが、結局のところ、その乳酸菌が合うか合わないかは飲んでみるまで分からない。

 

ところで、善玉菌という言葉を聞いたことがありませんか?
善玉菌は、乳酸菌のような良い働きをする菌の事を呼びます。腸内には、良い働きも悪い働きもする日和見菌と、悪い働きをする悪玉菌も住んでいます。

このバランスが崩れると、下痢になる事があります。

乳酸菌が、増え過ぎた「免疫細胞」を減らしてくれる

増え過ぎた免疫細胞は、Th2と呼ばれます。Th2の数が増え過ぎないように、バランスを取る役目を持っているのは制御性T細胞と呼ばれる細胞です。

アレルギーの人は、制御性T細胞が減少している事が判っています。

乳酸菌が発生させる有機酸は、この制御性T細胞の産生を促し、Th2の数を減らすのです。実は、この制御性T細胞の産生を促す働きは、日和見菌も持っています。
ところが、この日和見菌は腸内が善玉菌優勢なら、善玉菌の味方に。悪玉菌優勢なら悪玉菌の味方をするという変わった特徴があります。

ですから、腸内はいつも善玉菌が優勢な状態にしておくべきです。善玉菌を優勢にするには、乳酸菌の摂取が有効です。

「乳酸菌サプリ」は乳製品アレルギーでも大丈夫?

ヨーグルト

「乳製品」と「乳酸菌」は、異なるもの。

 

乳製品アレルギーを、乳酸菌アレルギーと誤解している人が多いようです。

乳酸菌は細菌ですから、牛乳とは何の関係もありません

問題なのは、乳酸菌を育てる時に何を使っているのか?なのです。
この時、脱脂粉乳を使っていれば、牛乳由来のカゼインが含まれています。その乳酸菌は乳製品アレルギーの人は控えるべきです。

乳酸菌サプリを飲む時にも、アレルギー表示や成分表示をしっかり見ておくようにしましょう。

まとめ

乳酸菌の活躍

  1. アレルギーを誘発するTh2を抑える制御性T細胞の産生を促す
  2. 腸内に善玉菌を増やす→日和見菌が良い働き(1)を始める
乳酸菌を選ぶ際の注意点

  1. アレルギー表示や成分表示を確認
  2. いくつか試して判断する

乳酸菌サプリメント