細菌と聞くと、いわゆるバイ菌のような感じがして抵抗感のある人もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、私たちは常に細菌と共に生きています。細菌は私たちの体を栄養にして存在し、私たちは細菌から色々なメリットを受け取るのです。
良い菌と悪い菌

細菌が私たちにメリットを与えてくれるの?!

私たちの体に共生している細菌について、もう少し触れましょう。

例えば、皮膚の表面にもたくさんの細菌が住んでいます。皮膚には、200種類以上の細菌が100万個以上いると言われているんです。
有名なのは、ニキビの原因アクネ菌や水虫の原因白癬(はくせん)菌ですが、私たちにとって有益な働きをする菌もいます。

表皮ブドウ球菌は、脂腺に棲息するアクネ桿(かん)菌から排出される脂肪酸と合わせて皮脂膜を作り、皮膚表面を弱酸性に保っています。皮膚を弱酸性に保つことは、弱アルカリ性を好む黄色ブドウ球菌やカビなどの増殖を抑制します。

アクネ桿菌は、皮脂を分解してプロピオン酸と呼ばれる脂肪酸とグリセリンを作ります。この脂肪酸は皮脂膜を形成して、病原菌などの侵入や紫外線から皮膚を保護しています。

出典:株式会社医学生物学研究所 皮膚常在菌

このように、私たちにとってメリットもあるのです。(ただし、増え過ぎると害を及ぼすので注意が必要です。)

腸内細菌のメリットは免疫力アップ!

免疫力

腸内には、皮膚の表面よりももっとたくさんの細菌が共生しています。
腸内には、400種類以上の細菌が100兆個以上いると言われていて、60kgの人の腸内には、およそ1kgの細菌が住んでいるというデータもあるんですよ。

腸内細菌も皮膚にいる細菌と同様、私たちにとってメリットがあります。その一つが免疫力のアップ。

腸内の有益菌がもたらすメリット

  1. 免疫系の賦活(ふかつ)
  2. 病原菌・有害菌の感染防御
  3. 有害物質・発がん物質の分解と排泄補助
  4. 脂質代謝と排泄補助
  5. ビタミン産生

1.免疫系を賦活

賦活(ふかつ)というのは、活発にするというような意味です。有益菌からの刺激が起点となって、免疫細胞が活発になるんです。
この免疫細胞達が活発でないと、病原菌等と戦えません。

2.病原菌・有害菌の感染防御

病原菌や有害菌は「酸」が苦手です。有益菌は、酸を放出して有害菌を減らし、腸を守ってくれます。
善玉菌と悪玉菌

3.有害物質・発がん物質の分解と排泄補助

例えば、残留農薬や食品添加物。私たちが普段口にする食品にも、このような有害物質が含まれています。有益菌は、これらを分解して排泄しやすくするのです。
また、腸内には有害菌も少なからずいます。有益菌は、有害菌が作る発がん性物質も分解してくれるのです。

4.脂質代謝と排泄補助

私たちは、胃や腸でコレステロールや中性脂肪を分解するのが苦手です。これらの消化を助け、吸収しやすくするのも腸内細菌なのです。また、余分なコレステロールは吸着して体外に排出します。

5.ビタミン産生

健康的な体を作るには、ビタミンは欠かせません。有益菌は、たくさんのビタミンを産生してくれるのです。

  • ビタミンB群(B1・B2・B6・B12)
  • ビタミンK
  • ニコチン酸
  • 葉酸

特に、ビタミンB1とB6は免疫系にも働いて、免疫力をアップします。

腸内細菌と良い関係を作りたい!

健康な人の腸内細菌の割合は、

有益菌・・・・・・・・・・20%
有害菌・・・・・・・・・・10%
日和見(ひよりみ)菌・・・70%

※日和見(ひよりみ)菌とは...
有益菌が優勢の時は有益菌として、有害菌が優勢の時は有害菌として働く菌。「日和見」には、有利な方に付こうとして形勢をうかがうという意味があります。日和見菌は、その時々で優勢な方に付くのでこの名前がついたんです。

腸内には日和見菌が一番多いので、もし有害菌が優勢になると日和見菌も有害菌のように働いて、体にさまざまな悪影響があります。ですから、いつでも有益菌を優勢にしておく必要がありますね。

つまり、有益な菌を増やしましょう

有益菌を増やすのにいいこと

  • 野菜中心の食事
  • リズムの良い規則正しい生活
  • 軽い運動
  • ストレス解消
野菜
反対に、次のようなことは有害菌を増やします。もし思い当たるものがあれば、改善するようにしましょう。
有害菌を増やしてしまうこと

  • タンパク質・脂質中心の食事
  • リズムの悪い不規則な生活
  • 運動不足
  • ストレス
腸内細菌は、特に食事の影響を受けやすいのですが、年齢によっても変化するんです。高齢になると、有益菌が減って、有害菌が増えてしまいます。

腸内細菌は年齢で変わる?

腸内フローラと年齢

出典:大塚製薬株式会社 腸内フローラと年齢

グラフの赤色が有益菌であるビフィズス菌。高齢になるほど減って、有害菌である大腸菌・腸球菌(青色)やウェルシュ菌(緑色)が増えています。このような状態では、日和見菌(黄色)は有害菌の味方をしてしまうので大変です。

ですから、高齢になるほど、有益菌を増やす食事や生活習慣を心がける必要があるのです。でも、食事や生活習慣の改善だけでは、極端に変わる腸内細菌のバランスを整えるのは大変かもしれません。

そこで、プロバイオティクスを積極的に摂取すると良いでしょう。

「プロバイオティクス(Probiotics)」とは1989年にイギリスの微生物学者フラー博士によって定義され、広く認知されるようになった考え方です。その後定義の細かな変更があり、現在では「適正な量を摂取したときに有用な効果をもたらす生きた微生物」のことをいいます。その代表的なものが乳酸菌です。

出典:雪印メグミルク株式会社 プロバイオティクス

プロバイオティクスは、免疫力のアップの他にも、私たちにとって様々なメリットがあります。

プロバイオティクスの働き

出典:北海道大学 遺伝子病制御研究所  プロバイオティクスの働き

プロバイオティクスの摂取で、直接有益な菌を増やしましょう。

プロバイオティクスのおすすめ摂取法

ヨーグルトも良いですが、脂肪分の摂り過ぎが心配です。ヨーグルトには意外と動物性脂肪が多いのです。キムチや漬物、味噌などにも含まれますが、塩分が心配ですね。

そこで、サプリをおすすめします。

サプリのメリット

  • たくさんの種類の菌が含まれているので、腸に住み着きやすい菌に出会う確率が高い!
  • カプセルなどで守られているので、生きたまま腸まで届きやすい!
  • 手軽で、毎日続けやすい!
おすすめのサプリ


乳酸菌サプリメント